予定はないけど、次の旅行は今までで一番濃いものに。旅にまつわるお洒落な雑誌6選

旅にまつわるお洒落な雑誌を読んで、いつかのために旅行の計画を立てよう!こちらの記事では、旅行の計画を立てる際に活躍しそうな旅雑誌をピックアップしました。国内旅行の際に読みたい雑誌から、海外の魅力について知ることのできる雑誌まで6冊ご紹介。併せて、ちょっぴり旅行に行きたくなるような“行きたい場所メモ”も見てくださいね。

いつか旅行できる日を、心待ちに

いつか旅行できる日を、心待ちに

出典: unsplash.com

昨年の今頃は、○○に行っていたんだな~。
ふとカメラロールを振り返ると、楽しかった記憶が沢山よみがえる。

今はまだ行くことができないけど、趣味が旅行の私にとって、旅行のことを考えないなんてできないんだ。

お洒落な雑誌でLet's 旅行計画!

お洒落な雑誌でLet's 旅行計画!

次の旅行の予定は何も決まってないけど、いつかのために、旅にまつわるお洒落な雑誌を読んで、Let's 旅行計画!

雑誌を読んで、こんな風にノートにメモをとったり、行ってみたいSPOTをピックアップ。
次の旅行は今までの旅史上、一番内容の濃いものになりそうだな~!

国内編:お洒落な旅行雑誌

OZmagazine TRIP|ex.鹿児島

OZmagazine TRIP|ex.鹿児島

最初にご紹介するのは、『OZmagazine TRIP』。
3・6・9・12月に発行されている、旅する女性に向けた情報誌。

国内のツウでお洒落な観光地やカフェが取り上げられています。

2020年春号の表紙は、鹿児島県にある『鹿児島県霧島アートの森』。
日本を代表するアーティストの草間彌生さんの作品です。

・鹿児島県でアートな旅
早速メモ帳に書かないとっ。

web site

Hanako CITYGUIDE|ex.吉祥寺

Hanako CITYGUIDE|ex.吉祥寺

お次にご紹介するのは、『Hanako CITYGUIDE(ハナコ シティガイド)』。
不定期で発行されている、カルチャーガールなら熟読したい、素敵なご飯屋さんやカフェ、おでかけスポットなどが詰まったトラベル情報誌。

国内各地にフォーカスした特集が組まれていて、「こんなところあったの~?」とよく知っているはずの地にも、新しい発見ができるはず。

出典: snapmart.jp

最新号は、吉祥寺特集。
東京の新しさとローカルな部分が絶妙に交差したこの町には、色んな表情がある。
東京観光をするなら訪れたい場所ですね。

・東京観光では、吉祥寺も行く
また行く場所リストが増えちゃった。

web site

旅と鉄道|ex.和歌山

旅と鉄道|ex.和歌山

出典: prtimes.jp

お次にご紹介するのは、『旅と鉄道』。
その名の通り、鉄道で旅する良さが詰まった鉄道旅行雑誌。
タイトルロゴがとっても可愛いですよね。

鉄道好きではなくても、思わずきゅんとしそうなレトロで可愛い鉄道や駅などが紹介されています。
一味違ったのんびりとした旅行になりそう。

出典: snapmart.jp

こちらの2020年5月号に登場しているのは、和歌山県を走る小さな鉄道。
メディアでも度々取り上げられている「猫の駅長」や「たま電車」を走らせる和歌山電鐵でめぐる旅。

・電車でめぐる和歌山旅行
も捨てがたいな~!とメモにチェック。

web site

海外編:お洒落な旅行雑誌

CREA Traveller|ex.台湾

CREA Traveller|ex.台湾

ここからは、海外の目的地を扱う旅雑誌をご紹介。

最初にご紹介するのは、『CREA Traveller(クレア・トラベラー)』。
ヨーロッパやアジアなど、世界各国の見どころを特集したちょっぴり大人な旅雑誌。
3・6・9・12月の年4回発行されています。

出典: snapmart.jp

上の写真・左の台湾特集は、2016年春のバックナンバー。
台湾の魅力が全120ページに詰め込まれています。

神秘的な美しさを感じることのできる観光名所が沢山あるのだそう。

・2度目で巡りたい台湾の観光スポットたち
どんどん台湾にハマりそうな予感がする。

web site

GENIC TRAVEL|ex.オーストラリア

GENIC TRAVEL|ex.オーストラリア

出典: prtimes.jp

お次にご紹介するのは、『GENIC TRAVEL(ジェニック トラベル)』。
フォトジェニックな観光スポットや現地の食べ物などをピックしている、カメラと旅行のライフスタイルマガジン。

お洒落なお店など、今ドキな旅情報をgetすることができそう♡

出典: www.pexels.com

「GENIC TRAVEL vol.01 AUSTRALIA」は、プロトラベラーのmanashikaさんが、オーストラリアのバイロンベイ・ゴールドコースト・シドニー・ウルルを巡り、一冊にまとめたフォトブック。

画像とMAPが連動しているので、旅当日にも持って行きたい一冊です。

・オーストラリアでフォトジェニックな女子旅
これもとっても楽しそう。行きたい場所が沢山増えてきた。

web site

TRANSIT|ex.エストニア

TRANSIT|ex.エストニア

最後にご紹介するのは、『TRANSIT(トランジット)』。
その土地そのままの雰囲気が伝わってくるトラベルカルチャー誌。

一枚一枚の写真がとっても美しく、見ているだけでも土地の魅力を堪能できそう。
3・6・9・12月の年4回発行されています。

出典: snapmart.jp

最新号は、エストニア・ラトビア・リトアニア特集。

バルト海に並ぶ小さな国は、独立前のロシアとも、ヨーロッパ諸国ともちょっと違う独特の雰囲気や文化があるのだそう。

・もう少し大人になったら、リトアニアに行く
ちょっと先の予定になりそうだけど、とっても素敵な旅行になりそうだな~。

web site

お家にいるのに旅行マスター。面白いね

お家にいるのに旅行マスター。面白いね

・鹿児島県でアートな旅
・東京観光では、吉祥寺も行く
・電車でめぐる和歌山旅行
・2度目で巡りたい台湾の観光スポットたち
・オーストラリアでフォトジェニックな女子旅
・もう少し大人になったら、リトアニアに行く

気付いたら行きたいところがメモに沢山たまってた。
お家で旅雑誌を見ているだけなのに、旅行マスターになれちゃう。なんか面白いね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。