にじむ汗と湿った風に初夏の片鱗を感じた。夏を予習するにふさわしい本と映画セレクト

じわりじわりと暑くなってきた初夏。もうすぐそこに夏が待ち構えているような天気が。そこで夏の前に予習ができる、夏に読みたい本/夏に見たい映画を3作品ずつご紹介します。例えば『夏の庭』や『階段途中のビッグ・ノイズ』、『時をかける少女』や『サマーウォーズ』など不朽の作品をチェックして。

夏を垣間見る瞬間が増えてきて

夏を垣間見る瞬間が増えてきて

出典: snapmart.jp

今年も夏がやってくる。
それが「もう」なのか「やっと」なのか、夏の到来を迎える気持ちは人それぞれだろう。

眩しい日差しに、じわりとにじむ汗。
肌にまとわりつくような、ぬるくて湿った風。

なんにせよ、季節は巡る。
もうすぐそこにまで夏がやってきている。

でも多分、いきなり夏と対面したらきっと驚いてしまいそう。
だから、本と映画で夏を予習しよう。

夏のあの独特な季節感を彷彿とさせて、どこか懐かしさすら覚えてしまうような作品をご紹介。

[Book]不朽のバイブルを

何度も読み直したい『夏の庭』

何度も読み直したい『夏の庭』

著者:湯本 香樹実(ゆもとかずみ)
出版社: 新潮社

『夏の庭』は児童向け小説ですが、大人になっても何度も読み返したくなる作品。
まだ身近に感じたことのなかった「死」について少年たちが直面する部分は、きっと感じてしまうことが多いはず。じっくり読みたくなる作品です。

喪われ逝くものと、決して失われぬものとに触れた少年たちを描く清新な物語。

出典:books.rakuten.co.jp

夏の庭

商品

夏の庭

¥473

「死んだ人を見てみたい」という動機から、町外れに暮らす一人の老人を「観察」し始めた少年たち。夏を通して少年たちは、その老人と交流を重ねていくことに。

『向日葵の咲かない夏』でヒヤッと

『向日葵の咲かない夏』でヒヤッと

著者:道尾秀介(みちおしゅうすけ)
出版社: 新潮社

そして『向日葵の咲かない夏』も夏を前に読むのにぴったり。
ホラーやミステリー、サスペンスなど様々な要素が合わさった、ちょっぴりひやっとするような描写も。つい引き込まれてしまう世界観に魅了されたい方はぜひ。

僕は妹のミカと、彼の無念を晴らすため、事件を追いはじめた。あなたの目の前に広がる、もう一つの夏休み。

出典:books.rakuten.co.jp

向日葵の咲かない夏

楽天ブックス

商品

向日葵の咲かない夏

¥781

夏休みを迎える終業式の日。クラスの友人が首をつって死んでいたことに驚いたのもつかの間、その友人の死体が忽然と消えた。事件の真相を追い始める、ホラーミステリー。

『階段途中のビッグ・ノイズ』で眩しい青春

『階段途中のビッグ・ノイズ』で眩しい青春

著者:越谷オサム(こしがやおさむ)
出版社:幻冬舎

スカッとした爽やかな青春生活を読みたい方は『階段途中のビッグ・ノイズ』がオススメ。息をするのも苦しいほど蒸し暑い、階段途中での練習シーンは、こちらにまで暑さが伝わってくるほど。高校生特有のあの疾走感を思い出したい方はぜひ。

軽音楽部の廃部を取り消せ!(中略)啓人達は見事にロックンロールできるのか。

出典:hb.afl.rakuten.co.jp

階段途中のビッグ・ノイズ

楽天ブックス

商品

階段途中のビッグ・ノイズ

¥660

先輩の不祥事のために軽音部が廃部の危機に。それを食い止めるには、文化祭「田高マニア」で一発ドカン!と結果を残さなければならず……。不協和音ばかりの仲間達と繰り広げる青春ストーリー。

[Movie]夏のシーンを思い出して

原点にして頂点な『時をかける少女』

原点にして頂点な『時をかける少女』

出典: snapmart.jp

『時をかける少』は、数々のヒット作を生み出した細田守監督の原点とも言える作品。

見終えた時には、戻ることのできないかけがえのない瞬間である「今」を大事にしようと思えるかも。
映画中の“Time waits for no one(時は誰も待ってくれない)”というセリフが印象的。

時をかける少女

楽天市場

商品

時をかける少女

¥2,016

時間を飛び越えて過去に戻る力「タイムリープ」を手に入れた主人公。その能力を思う存分使って、今を満喫する生活がずっと続くと思っていた。いつも一緒にいた友人の秘密を知るまでは──。

『サマーウォーズ』に勇気づけられて

『サマーウォーズ』に勇気づけられて

出典: snapmart.jp

“よろしくお願いしまああああす!”というセリフがキャッチ-な『サマーウォーズ』。やはり夏を語るにはこの映画は欠かせません。

当初は自分に自信がなかった主人公が物語を通して成長していく様子に心が打たれます。
家族の団結や家族愛まで描かれた作品。

サマーウォーズ

商品

サマーウォーズ

¥3,787

現実と密接に関連しているインターネット上の仮想世界「OZ」が乗っ取られ、主人公はその解決策を探し出す。それがネットの世界のみならず、現実世界に対しても多大な混乱を巻き起こすことに。

名作の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

名作の『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』

出典: snapmart.jp

“DAOKO×米津玄師"による主題歌「打上花火」も話題になった『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』。

繰り返される夏の一日に起きた奇跡。
この夏は、瑞々しい恋が描かれた恋愛青春映画を観てみるのはいかが?

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

商品

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

¥3,000

夏休みを迎えた、とある海辺の町。好きだった女の子を救えなかった後悔にさいなまれていたところ、海で拾った不思議な玉を投げつけると時間が戻っていて──。

夏を迎える準備はもうできた?

夏を迎える準備はもうできた?

──あぁそうだ、夏ってこんな空気感だった。

夏に読みたい本/夏に観たい映画で、もう夏の予習はばっちり。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。