夏はカラフルにいかなくっちゃ!色で遊ぶ、煌めく太陽みたいなビタミンカラーメイク
coffeejellycoffeejelly

夏はカラフルにいかなくっちゃ!色で遊ぶ、煌めく太陽みたいなビタミンカラーメイク

夏はカラフルなアイテムを身につけたくなりますよね。メイクにも明るい色合いを取り入れてみませんか?この記事では、イエロー、オレンジ、グリーンの色別に、ビタミンカラーメイクをご紹介します。イエローはアイシャドウで、オレンジはチークで、グリーンはアイラインで取り入れましょう。鮮やかなビタミンカラーで夏の暑さを吹き飛ばせ!

更新 2020.10.12 公開日 2020.08.02

季節は夏

季節はジリジリ太陽の暑さを感じるような夏へ。
じめっとした梅雨を乗り越えた後の夏は、キラキラ鮮やかなメイクを楽しみた~い!

メイクにビタミンカラーを取り入れよう

そんなあなたにおすすめしたいのがビタミンカラーメイク。
鮮やかなビタミンカラーをメイクに取り入れることで、気分も明るくなりますよ。

太陽みたいに煌めくメイクを楽しもう♡

そもそもビタミンカラーとは?

ビタミンカラーとは、明るいビビッドな色合いの総称で、具多的には明るい黄色やオレンジ色、緑色のこと。
明るい色合いは身につけるだけで元気を与えてくれそう。

ポイント使いがキテるらしい

そんなビタミンカラーをポイント使いするメイクが流行っているそうな。
実際、様々なブランドから人気のオレンジだけでなく、イエローやグリーンのコスメが登場しています。
自分のお肌の色やイメージに合う色を見つけて、ぜひ取り入れてみてくださいね。

イエローはアイシャドウで

まずご紹介するのがこちらのイエローメイク。
目元がとても爽やかで印象的ですね。

イエローはアイシャドウで取り入れましょ。
オレンジシャドウと組み合わせてグラデーションにしても、とても可愛いですよ。

グラデーションなら【to/one】

イエローシャドウでおすすめの商品が、『to/one(トーン)』の「ペタル アイシャドウ 03」。
2色入っているので簡単にグラデーションを作ることができますよ。

また、日中のお肌を労りながら、透明感のある発色に仕上がるそう。

マルチに使える【COFFRET D'OR 】

次にご紹介するのが、『COFFRET D'OR(コフレドール)』の「3Dトランスカラー アイ&フェイス YL-16」。
こちらの商品は、アイシャドウだけでなくチークにも使える万能アイテム。

3Dトランスパールが配合されていて、立体感をしっかりと出してくれるんだとか。
さらに、しっかりと密着してよれにくいそう。

化粧崩れしやすい夏には嬉しいアイテムです。

How to make up?

「イエローシャドウって使いにくそう…。」
というイメージがあるかもしれません。

しかし、イエローは肌の色とも近いので自然に馴染んでくれますよ。
こんな風に二重幅にカラーをのせるのがおすすめです。

オレンジのシャドウと合わせて使っても可愛いかも。

オレンジはチークで

人気のオレンジメイク。
夏は明るい鮮やかなオレンジのアイテムを使って仕上げましょう。

くすみカラーを使うと秋・冬っぽいメイクになってしまうので、なるべく透明感のあるアイテムを選ぶのがポイント。

今回は、オレンジメイクに使いたいチークを2種類ご紹介します。

パウダータイプの【CLINIQUE】

まず初めにご紹介するのが、『CLINIQUE(クリニーク)』の「チーク ポップ 08」。
「メロンポップ」という名前のこちらのアイテム。
名前の通りメロンのような優しいオレンジ色がとても可愛いですね。

ぜひ手に入れてみてくださいね。

クリームタイプの【N by ONLY MINERALS】

次にご紹介するのが、『N by ONLY MINERALS(エヌバイオンリーミネラル)』の「ミネラルソリッドチーク コンプリート 01」。
こちらの商品は鮮やかなアプリコットカラーが特徴。

少量でしっかりと発色するので、ファンデーションがよれにくいんだとか。
さらに、ミネラルと天然由来の成分のみでできているので肌馴染みが良いというのも嬉しいですね。

How to make up?

チークは入れる場所次第で印象がかなり変わるもの。
自分の顔の形に合った入れ方をすれば、チークの良さをさらに引き出せます。

面長さん:頬骨より下に横長に
エラ張りさん:頬の真ん中から斜め上に楕円形に
逆三角形さん:丸くやわらかく
丸顔さん:頬骨の上から斜めに

ぜひ試してみてください。

グリーンはアイラインで

グリーンは、アイラインで取り入れましょ。
コスメのカラーとしては馴染みの薄い印象もあるグリーンですが、アイラインは色のつく面積も狭いので取り入れやすいのでは?

明るい色合いのアイテムが増える夏こそ、グリーンなどの思い切ったカラーを取り入れたいですね。

太めラインなら【資生堂】

まずご紹介するのがこちらの、『資生堂』の「カジャルインクアーティスト 06」。
Birodo Greenというカラーです。

こちらのアイライナーは発色が鮮やかで、アイシャドウやアイブロウとしても使用できるそう。
ウォータープルーフなのも、夏のメイクには嬉しいポイントですね。

マルチユースの【Visee AVANT】

次にご紹介するのが、『Visee AVANT(ヴィセ アヴァン)』の「リップ&アイカラー ペンシル 002」。
グリッタータイプで、キラキラとした質感だそう。

するすると描くことができ、アイライナーだけでなく、アイカラーとしても使うことができるそう。
マルチに活躍するので、他の色と組み合わせて使っても可愛いですね。

How to make up?

グリーンライナーは目尻に使うのがおすすめ♡
色がしっかり見え、ポイントメイクとして、とてもお洒落ですね。

ホワイトライナーや、いつものアイライナーとダブル使いしても可愛いですね。
アイシャドウは色の主張が少ないものを使って、グリーンライナーを主役にしましょう。

こんなところにも取り入れて

夏はカラフルにいきたいもの。
靴もビタミンカラーで楽しみましょう♡

赤や黄色は靴の差し色として人気ですが、オレンジは斬新で可愛い!
人と被りにくいファッションをしたい方におすすめです。

フレグランス

こちらの商品は、『L'OCCITANE(ロクシタン)』の「シトラスヴァーべナ ボディ&ヘアミスト」。
暑い時に首筋に一吹きするとクールダウンできるそう。

香りも涼しげなシトラスで爽やかな気持ちになれそうです。
持ち物にもビタミンカラーを取り入れて元気をチャージしましょう!

ビタミンカラーで夏を楽しもう

カラフルなアイテムは身につけているだけでテンションが上がりそう。
太陽に負けないような、煌めくビタミンカラーメイクで夏を楽しもう♡

spacer

RELATED