自分のパレットをチェック!底見えコスメをヒントに、好き色を極める4つのアイメイク

今回は「オレンジ・ブラウン・ピンク・ラメ」の4つのカラーメイクをご提案します。好きな色(好きなメイク)を見つけるためのヒントは、自分のアイシャドウパレットをチェックすること!底見えコスメを手がかりに、それぞれの色に特化したメイク方法を確認してみて。日常で使える、素敵なメイクばかりなので参考にしてみてください!

‘好き色’を極めよう

‘好き色’を極めよう

漠然とメイク方法が知りたいんじゃなくて、
好きな色、好みの系統、理想の‘可愛い’に近いメイクが知りたいの。

今回は、4つの好きな色に特化したアイメイクをご提案します。

手がかりは、“自分のパレット”

手がかりは、“自分のパレット”

出典: lipscosme.com

まずは自分のアイシャドウパレットをチェックしてみて。きっと色によって減り具合が違うはず。

あなたがよく使っているシャドウの色は何色でしたか??
好きな色、よく使う色がわかったら、これから紹介するカラーメイクを参考にしてみてください♡

オレンジ系が減る人|

オレンジ系が減る人|

オレンジシャドウはヘルシーな印象の目元を演出。チークやリップもオレンジベースのITEMを使うことで、統一感のあるこなれた、旬顔になりそうです。

眉はキメすぎず、ナチュラルがおすすめ◎

透明感のある、儚げメイク

透明感のある、儚げメイク

出典: lipscosme.com

オレンジで儚い目元を作るなら、こちらの画像を参考に全体をオレンジ系で統一するのがおすすめです。締めカラーもオレンジにすることで、濃すぎずこなれ感のあるアイメイクに。

韓国風、オレンジメイク

韓国風、オレンジメイク

出典: lipscosme.com

韓国っぽい可愛いアイメイクにするときも、オレンジシャドウがおすすめです。オレンジシャドウをベースに、ブラウンで影をつけます。涙袋もしっかり描くことを忘れずに!

またこちらの画像のように、アイラインを少し跳ね上げることで、切れ長でクールな印象に。

ブラウン系が減る人|

ブラウン系が減る人|

ブラウンシャドウは大人びた、落ち着きのある印象に。ブラウン系のグラデーションを作ることで、程よく抜け感を演出してくれそうです。

合わせるリップは、パキッとした色よりも大人っぽいカラーがおすすめ◎

大人顔になる、ブラウンメイク

大人顔になる、ブラウンメイク

出典: lipscosme.com

細かいラメ入りのブラウンシャドウをラインに使うことで、上品な大人顔に。ベースに明るめのベージュをのせ、締めカラーの濃いブラウンを二重幅と下まぶたの目尻にのせます。

こちらの画像のように、ブラウン系カラーでグラデーションを作ることで抜け感のある印象に。

深みのある、テラコッタメイク

深みのある、テラコッタメイク

出典: lipscosme.com

こなれ感のあるテラコッタメイクには、マット系のブラウンシャドウが大活躍。全体をマットブラウンで囲み、赤みのあるブラウンを重ねてグラデーションを作ります。

こちらの画像のように、バーガンディーのマスカラをプラスすることで深みを出しても素敵です。

ピンク系が減る人|

ピンク系が減る人|

ピンクシャドウは、キュートで守りたくなるような女性らしさを演出。ピンクに合わせる締めカラーを変えるだけで、ガーリーにも大人っぽピンクにもなれそうです。

チークは湯上がり感をイメージして、普段よりしっかり入れるのがおすすめ◎

甘〜い、美少女メイク

甘〜い、美少女メイク

出典: lipscosme.com

儚くて透明感のある、美少女風メイクは柔らかいピンクシャドウで叶います。こちらの画像のように二色を使うことで濃淡ができて、ナチュラルなメリハリが作れます。

濃くしたい部分にはチップを使い、ふわっとのせたい部分には指を使うとキレイにグラデーションができそうです。

甘くない、大人ピンクメイク

甘くない、大人ピンクメイク

出典: lipscosme.com

甘すぎず大人っぽいピンクメイクを作るなら、ブラウンがかった落ち着きのあるマットシャドウがおすすめです。

こちらの画像を参考に、ベージュ系ピンクをベースに、マットなピンクを重ねて、締めカラーにはピンクとブラウンをMIXして使うと全体的に統一感が出せそうです。

ラメ系が減る人|

ラメ系が減る人|

ラメシャドウはツヤ感のある色っぽい目元を演出。まばたきするたびにキラキラと輝き、メイクで周りと差をつけられそうです。

メイクのバランスが整うように、チークやリップもツヤ感を出すのがおすすめ◎

上品に輝く、ラメメイク

上品に輝く、ラメメイク

出典: lipscosme.com

ザクザクのラメシャドウで、濃すぎないけど存在感のあるメイクが作れます。淡いラメシャドウをベースに、ピンクのラメシャドウを下まぶたにのせることで、フォーマルなシーンでも活躍しそうなシンプルメイクに。

こちらの画像のように、二色でも華やかで上品なメイクになりそうです。

色っぽく光る、艶メイク

色っぽく光る、艶メイク

出典: lipscosme.com

広範囲にラメシャドウをのせることで、ツヤ感のあるうるうるな目元が叶います。ベースはザクザクのラメシャドウ、締めカラーは色の濃い細かなラメシャドウをのせると、まとまりのあるグラデーションに。

こちらの画像のように、黒目の上と下まぶたの目頭は追加でラメを加えることで、立体感が出てツヤ感がプラスされます。

何色メイクを極めよう?

何色メイクを極めよう?

出典: lipscosme.com

あなたは何色メイクを極めますか??
好きな色に特化したメイク方法を知ることで、最短で可愛いをGET♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。