オンラインde思い出を残そう。「#ZOOMグラフィー」で始めるお家シューティング
亀

オンラインde思い出を残そう。「#ZOOMグラフィー」で始めるお家シューティング

オンラインミーティングアプリ『ZOOM(ズーム)』を使用して、遠隔でも写真撮影を楽しむことができる「#ZOOMグラフィー」をご紹介しています。実際に撮影された画像を紹介しながら、「#ZOOMグラフィー」のやり方や、あると便利な撮影グッズなどをピックアップしてみました。あなたもお家シューティングを楽しんでみては。

更新 2020.08.05 公開日 2020.07.11

青空の下、シャッターを切っていた君の

横顔と、優しい眼差しが恋しい。
目まぐるしく変化する世界。

当たり前の日々の中に、もうあの頃の私たちの姿を見つけることはできないのだろうか。

写真を撮ることが好き。
写真を撮られることが好き。

本当はカメラロールの中に、食べ物やゲーム実況以外の思い出だって残したい。

「#ZOOMグラフィー」って知ってる?

被写体とカメラマンが対面することなく、遠隔で撮影を行うリモート撮影が最近話題なんです。

インスタグラムなどのSNSで「#ZOOMグラフィー」と検索してみてください。
まるで対面で撮影されたかのような素敵な写真を見ることができますよ。

「#ZOOMグラフィー」でお家シューティング

美味しそうなパンを手に、写真に収めて。

窓からの柔かな光がなんともエモいです。

ベランダに出て、ガラス越しに撮影をしたのでしょうか。

水滴がなんともドラマティックな一枚です。

水の入ったコップ越しに撮影したというこちらの写真。

幻想的な瞬間を見事に切り取っていますよね。
美しいですね。

人物の撮影だけ出なく、小物の写真も素敵。

光を使って、雰囲気たっぷりの作品に仕上がっていますね。

バックのお花が色彩豊か。

スマートフォンを固定できるものがあれば、こんな風に上からの撮影だってできそう。

お洋服を敷き詰めて、幻想的な一枚に。

自然な陰影が、なんとも言えない美しさですね。

「#ZOOMグラフィー」のはじめ方

必要なのは「スマホ×2」「ビデオ通話機能」

こんな素敵な写真、特別な機材がなければ撮れないのでは?

そんなことありません。
必要なものは、ビデオ通話機能が使えるスマートフォン2台。

モデルさん(被写体)側に1台、カメラマン(撮影者)側に1台あれば、撮影を行うことができます。

PCでもスクリーンショット機能があれば撮影は可能ですが、被写体側はスマホのほうが撮る角度を自由に動かせていいみたいですよ。

オンラインミーティングアプリ「ZOOM」を使用します

アプリを起動し、被写体側とカメラマン側をオンラインミーティングで繋ぎます。

画面を通して、場所や画角、ポージングなどを伝え合って。撮影は「スクリーンショット」で行います。

びっくりするほど簡単ですよね!

+α|あると便利なアイテム&加工アプリ

最高2.1mの高さまで伸びるスマホ三脚

三脚スマホスタンド

¥3,990

kuros

上からの撮影にも柔軟に対応できそうな、最高2.1mまで伸びる三脚。
ZOOMグラフィーの楽しみ方の幅も広がりそうです。

彩と個性をプラスする小物を選んで

造花 ラベンダーバンチ

¥1,100

Asca

お花やお洋服など、カラフルな小物を使えば、撮影がもっと楽しくなりそう。
あなたもオリジナリティを出してみては?

「Dazzカメラ」でフィルム風に仕上げてみましょ

スクリーンショットした画像をフィルム風に加工したい。そんな時におすすめの画像編集・加工アプリが『Dazzカメラ』です。

簡単にフィルム風の画像に加工してくれますよ。

きっとこの一瞬も、思い出にしてみせる

眺めているだけでも心が弾む「#ZOOMグラフィー」。
お家の中にいたって、大好きな写真を楽しみたい。

大丈夫。
私たちの遊び心は、きっと誰にも奪うことはできないよ。

spacer

RELATED