今ならではの過ごし方。オンライン上で思い出や趣味を形にできる6つのツール集
kahochikahochi

今ならではの過ごし方。オンライン上で思い出や趣味を形にできる6つのツール集

今日はたっぷり家の中で過ごす時間がある。ただだらだらしているだけではもったいないですよね。そんなときはオンライン上で思い出や趣味をまとめてみませんか?今回は<note・Adobe Premiere Pro・Filmarks・WEAR・LIPS・IGの#読書記録>の6つのツールをご紹介。時間を有効活用してまとめてみよう。

更新 2020.05.12 公開日 2020.05.12

たっぷり時間がある今日、お家で何をする?

今日1日はお家で過ごす時間がたっぷりある。
ただ家の中でだらだらするのも嫌だから、何かに取り組もうかな。

「オンライン」で記録を残す6つのツール

今回はお家でじっくり取り組むことができる、「オンライン」を活用した、思い出や趣味を形に残すことができる6つのツールをご紹介します。
時間を有意義に使うことができそうな予感がします。

▷note

まず最初にご紹介するのは「note(ノート)」。
ものづくりが好きな方にはぜひ知っていただきたいサイトの一つです。
文章・写真・イラスト・音楽・映像などを無料または有料設定をして投稿することができます。
作品を無料設定にすれば一般的なブログやSNSとしても使うことができるみたい。
自分の得意分野を気軽に記録したり発信したりできそう。

憧れのクリエイターとも交流できるかも

自らが作品を投稿して腕前を発揮するだけでなく、憧れのクリエイターの作品も購入することができるのでそこでも交流が生まれるかも。
自分の好きなジャンルや目的に合わせて使いこなしてみてくださいね。

▷Adobe Premiere Pro

2つ目は「Adobe Premiere Pro(アドビ プレミアプロ)」。
ソフトウェアメーカーのAdobe(アドビ)が開発した動画編集制作ソフトです。
単体で始めるには月額¥2728かかりますが(学割・教職員割あり)、色彩表現や音の調整をすることができるなど映像を作るにはありがたい機能が詰め込まれています。

作った自信作はSNSに投稿してみる?

作った作品はYouTubeやインスタグラムの中にあるIGTVなどのSNSに上げて公開するのもいいかも。
日常を撮ったVLOGだったり、旅行をしたときに撮った動画を繋げて思い出として編集したりと案外ネタは近くに転がっているかも。

▷Filmarks

3つ目に紹介するのは「Filmarks(フィルマークス)」。
フィルマークスは映画とドラマに関するレビューを投稿できます。
文章でレビューを書く以外にも鑑賞日やどうやって見たか、星でスコアをつけるなど細かく記録することができるシステムが特徴です。

次見る作品探しにもぴったり

現在サイト内には約8万タイトルの作品が登録されています。
フィルマークス内は上映中の映画や配信中のドラマはもちろん、公開予定のものやオススメのもの、さらには動画配信サービスサイトなど細かくカテゴライズされていて作品を探しやすいのも特徴。
気になっている作品は他の人のレビューを見てから鑑賞するのもアリですね。

▷WEAR

4つ目にご紹介するアプリは「WEAR(ウェア)」。
ファッションコーディネートサイトとして知られていて、ここから様々なトレンドをキャッチすることができそう。
自分のコーディネートを載せたり、さらに着用アイテムを種類別に分けて掲載することも可能です。

写真の撮り方も勉強になるかも

WEARにはWEARISTA(ウェアリスタ)と呼ばれる公認ユーザーやブランド公式のアカウントがあります。
そういった方々の写真の撮り方を真似てみて、お洒落に自分のコーディネートを記録していくと自分のページが雑誌のような雰囲気に仕上がりそう♡

▷LIPS

5つ目はコスメとメイクの口コミを投稿することができる「LIPS(リップス)」。
海外のブランドも含め、様々なコスメを使用したレビューを書いたり見たりすることができるので、コスメ好きにとってはたまらないサイトかも。

レビューを書く時はわかりやすくを心がけて

自分でレビューを書くときは使っているコスメとどのカラーをどこの部分に塗ったかや、どんな使用感かがわかる画像編集をしたものを載せると良さそう。
後から見返したときにどんなメイクをしていたかを思い出すことができるでしょう。

▷インスタで #読書記録

最後にご紹介するのはインスタグラムを使った記録方法。
「#読書記録」というハッシュタグを見てみましょう。
この中には投稿者さんが読んだ本がずらっと並んでいます。
その数2020年の4月時点で約110万件に上ります。

本の写真+読んだ感想を書けばOK

投稿の仕方は読んだ本の写真と感想を書けば◎。
他の人の読んだ感想を読むことももちろん可能だし、新たな1冊との出合いもあるかも。
本のことをもっと好きになることができそう。

思い出や趣味を、すっきりまとめよう

お家でできるオンラインで思い出や趣味をまとめられるツールをご紹介しました。
ついつい没頭しすぎて気づいたら日が暮れているかも。
ぜひ試してみてくださいね。

spacer

RELATED