触らぬ神に祟りなし!脱・泥沼トークのシンデレラガールへの陰口大会脱出マニュアル

今回は、泥沼トークを回避して皆から好かれるシンデレラガールになる方法をご紹介。気分が良くないだけでなく、自分の株を下げてしまう可能性もある陰口。普段気をつけたいことや、もし巻き込まれてしまいそうなときの対処法をご提案していきます。面倒なことに巻き込まれてしまう前に回避するということも大切なことなのかもしれませんよね。

自分をも駄目にする陰口

自分をも駄目にする陰口

出典: unsplash.com

友人Aから聞く友人Bの陰口。
友人Aにとっては何でもない会話のつもりで、ただ同意を求めている、いわゆる「陰口のパス」なのかもしれないけれど。人のことを悪く言うのは気が引ける…という経験、皆さんにはありませんか?
人の悪口って、言うのも聞くのも、あまり気分が良いものではありませんよね。

また、男性に対する「イメージダウンした女子のひと言ってありますか?」という質問に対してのある(49.5%)という回答の理由の多くが悪口という結果も。
(マイナビウーマンより)

「ある」と答えた人の多くが「悪口を言っているのを見て幻滅した」「汚い言葉遣いにがっかりした」と答えていました。下ネタに積極的な姿、人によって態度ががらりと変わる姿もイメージダウンに直結しているよう。

出典:woman.mynavi.jp

脱・泥沼トークのシンデレラガール

脱・泥沼トークのシンデレラガール

気分が良くないだけでなく、自分の株を下げてしまう可能性もある陰口。
そこで今回は、泥沼トークを回避して皆から好かれるシンデレラガールになる方法をご紹介していきます!

「触らぬ神に祟りなし」ということわざもありますが、面倒なことに巻き込まれてしまう前に回避するということも大切なことなのかもしれません。

①|自他ともに傷つけないための心得

①|自他ともに傷つけないための心得

出典: unsplash.com

まずは、泥沼トークに巻き込まれないために日々意識したいことを提案していきたいと思います。
普段から泥沼トークと無縁な雰囲気を出していくことで、そういった話を振られてしまうことを事前回避していきましょう。

◎自分がされて嫌なことは他人にしない

◎自分がされて嫌なことは他人にしない

出典: snapmart.jp

まず意識したいことは、自分がされて嫌なことは他人にしないということです。
陰口を言うと周り巡って、自分に返ってくる…と感じたことがある人はいませんか?

自分がされて嫌なことは、きっと他人もされたら嫌なはず。
自分に周り巡ってこないためにも、自分がされたくないことは、他人にもしないようにしましょう!

◎否定しない

◎否定しない

出典: www.pexels.com

次に意識したいのは、決して否定をしないということです。
「違う」と思うことがあると否定をしたくなるとは思いますが、それは自分の物差しで測ったときの「違う」なのかもしれません。

他人と上手くやっていくためにも、端から否定してしまうのではなく、「そういう人もいるのか~」程度に思うことも大切ですよね!

◎ひとりひとりの良いところを見る

◎ひとりひとりの良いところを見る

出典: unsplash.com

否定をしないというためにも、ひとりひとりの良いところを見ることも大切です。
自分に長所と短所があるのと同じで、人には人それぞれ良いところと悪いところがあるはずです。
他人と関わるときは、その人の良いところをしっかりと評価することが大切です。

また、ひとりひとりの良いところを見ることができたのなら、相手へのリスペクトを大切にすることも大切です。
人間関係は、ひとりひとりが相手を尊重し合うことで成り立ちますよね♡

◎皆に平等に接する

◎皆に平等に接する

出典: shutterstock

また、皆と平等に接するということも大切です。
つい人によって態度を変えてしまったりすることもあるかもしれません。
しかし、もし自分が相手に態度を変えられたら嫌だと思うのと同じで、きっと相手も態度が違うのは嫌なはず!

「ひとりひとりとしっかりと向き合う」という意味で、相手によって態度を変えるのではなく、皆に平等に接することを意識してみてはいかがでしょうか?♡

②|もし泥沼トークに歓迎されたら

②|もし泥沼トークに歓迎されたら

出典: unsplash.com

では、次に本題です。
陰口のパスを出されてしまったときの対処法をご提案していきます。

泥沼トークは勿論、振られないのが一番ですが、もしパスを出されてしまったときは、その対応の仕方が大切ですよね!

1.同意しようとする自分に待て

1.同意しようとする自分に待て

出典: unsplash.com

まずはじめに、陰口のパスを出されたとき。
きっと、相手は同意がしてほしくてこの話をしているのだろうな…と思うとつい同意をしたくなってしまいますよね。
しかし、ここで同意をしてしまうと自分も陰口を言ってしまった、同罪になったような気がして落ち込みますよね。

▶「そうなんだ~。大変なんだね。」

▶「そうなんだ~。大変なんだね。」

出典: snapmart.jp

そこで登場させたいのが、何かと便利な言葉「そうなんだ~。大変なんだね。」です。
決して、相手のことを否定しているわけでもなく、相手の批評に同意をしているわけではありませんが、きっと言われて悪い気はしないはずですよね。

どちらの味方につくかということではなく、陰口を言ってしまいたくなるほどストレスが溜まっているということを配慮するということが大切なのかもしれません。

2.上手く話を丸める

2.上手く話を丸める

出典: unsplash.com

1.のようにして相手の熱を少し抑えることができたら、早めのうちに話を上手く言いくるめてしまうことがポイント。
次から次へと陰口に発展してしまうことのないように、できるだけポジティブな結論を自然と導き出しましょう!

▶「そういうときもあるよね!」

▶「そういうときもあるよね!」

出典: snapmart.jp

そこで登場させたいのが「そういうときもあるよね!」という言葉。
誰かが悪いのではなく、タイミングや運が悪かった、そういうこともあるという結論に誘導することで、誰も傷つけないことが大切。

きっと陰口を言っている子も、心のどこかで後ろめたさを感じているはずです。
できるだけ、相手を傷つけないように、陰口を悪と感じさせないことも配慮のひとつですよね!

3.話の議題を変える

3.話の議題を変える

出典: www.pexels.com

結論まで誘導することができたら、場の空気を一転、新しい話へと移行させてしまいましょう。
あまり間が空いてしまうと気まずくなってしまうので、流れに乗ってサラっと話題を変えることができるといいですよね。

▶質問してみよう

▶質問してみよう

出典: unsplash.com

そこでおすすめしたい会話の切り替え方は質問です。
自分の話に切り替えてしまうと相手は「私の話、全然聞いてくれなかった」と不快に思ってしまったり、さっきまでヒートアップして喋っていたのに突然聞き手に回って手持無沙汰を感じてしまうかもしれません。

しかし、質問を投げかけてみることで相手は、「この人は私に興味を持ってくれている」とポジティブな印象を持ってくれるはず◎

触らぬ神に祟りなし!

触らぬ神に祟りなし!

できるだけ巻き込まれたくない、泥沼トークですが、ときには立ち向かわざるを得ないこともありますよね。
そんなときは、一緒になって泥沼に参戦するわけでも、否定をするわけでもなく、上手くかわすことが大切なのかもしれません。

脱・泥沼トークで、シンデレラガールを目指してみてください♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。