同じ女の子でも聞きづらいこともあるの。生理の時のアレコレ事情の解決method

生理って女の子の共通のお悩みだけど、なかなか相談できないですよね。この記事では、①生理痛の主な原因、②生理痛を和らげる方法、③生理用品についてご紹介。他にもMERYでは、生理関連の記事がたくさんあるから、ぜひチェックしてお悩みを解決していきましょう♡

正直、女の子にも聞きづらい…。

正直、女の子にも聞きづらい…。

出典: shutterstock

女の子の毎月のお悩み、生理。
同じ女の子でも、なかなか話題にしづらかったり、相談するのも難しいですよね。

出典: shutterstock

この記事では、
①生理痛の主な原因
②生理痛を和らげる方法
③生理用品
についてご紹介。

デリケートなお悩みだけど、一緒に解決していきましょう♡

?|生理痛の原因とは

?|生理痛の原因とは

出典: unsplash.com

主な生理痛の原因は、プロスタグランジンというホルモンの分泌量が過剰なことや、子宮の出口がせまい、などさまざま。
気分がダウンしたり、体がだるくなったりなど、ストレスになることもありますよね。

また、生活環境の変化など、精神的なストレスが生理と重なると、それが原因となって痛みを強く感じることもあります。

出典:www.bufferin.net

出典: unsplash.com

生理痛があまりにもひどい場合は、自分だけでは解決できないことも。
生理痛が辛い時は、無理をせずに婦人科を受診しましょう。

?|生理痛を軽減するには

①軽い運動で血液循環をよくする

①軽い運動で血液循環をよくする

生理痛をすこしでも和らげる方法を3つご紹介。

体の冷えやストレスで血の巡りが悪くなることも、生理痛の原因のひとつとされています。
そんな時は、軽い運動や散歩で血行をよくすることで生理痛の緩和が期待できます。

もちろん生理痛がひどいときは無理は禁物。腰や下半身を温めるなどしてみて。
運動する場合も、ヨガやストレッチくらいの心地の良い運動で、ストレスが改善されるかも。

運動には、全身の血行を良くする効果があるため、生理中に適度な運動を行うことで滞っていた血行が良くなり、生理痛を緩和することができるのです。

出典:www.elleair.jp

②リラックスグッズで気分を楽に

②リラックスグッズで気分を楽に

生理の時は、イライラしたり、気分が落ち込むこともありますよね。
そんな時は、キャンドルやアロマで気持ちをリラックスさせるのも方法の一つ。

自分の好きな香りを感じることで、気持ちが安らぐのだとか。
グレープフルーツなどの柑橘系の香りは爽やかな気分になれそう◎

③鎮痛剤を飲む

③鎮痛剤を飲む

出典: shutterstock

生理痛を我慢するのってしんどいですよね。
そんな時は、鎮痛剤を飲むのも選択肢のひとつです。

ただ、痛くなってしばらくしてから飲むと効きづらくなってしまうことがあるみたい。

出典: shutterstock

痛みが来そうだなというタイミングで飲むと効果的なんだとか。
生理が始まったら、いざというときの鎮痛剤を持ち歩いておくのもよさそうですね。

痛み止めはどう効くのかというと、痛み伝達の張本人プロスタグランジンを直接やっつけるわけではありません。プロスタグランジンの形成過程に作用して、できないようにするのです。ですから、プロスタグランジンができあがったあとに痛み止めを飲んでもあまり効果が期待できないのです」

出典:news.livedoor.com

?|生理用品の違いは

?|生理用品の違いは

出典: shutterstock

ナプキンしか使ったことないという人に、ナプキンを含む4つの生理用品をご紹介。
生理とは長い付き合いになるからこそ、生理用品のこともちゃんと知っておこう。

ナプキン

ナプキン

出典: shutterstock

ナプキンには羽根つき・羽なしがありますよね。
羽根つきだとサニタリーショーツに固定がしやすいから、ヨレたりモレの心配も少なくなりそう。

また、多い昼用や夜用など、経血の量によってナプキンを使い分けるのもおすすめ◎

タンポン

タンポン

出典: shutterstock

タンポンはナプキンと違って、体の中で経血を吸収するもの。
リップスティックほどのコンパクトサイズだけど、しっかり経血を吸収してくれます。

月経カップ

月経カップ

出典: shutterstock

月経カップは欧米で広まっている、タンポンと同様に体の中に入れるもの。
カップで、直接経血をキャッチするんです。

一日の血液量を確認できる反面、中身を捨てる時に血が手についてしまうというデメリットもあります。

番外編|ピルって何?

番外編|ピルって何?

出典: shutterstock

最後に紹介するのは、ピル。
生理周期が安定したり、生理痛のために処方されることも多い薬なんです。

薬の相性が悪いと、吐き気や不正出血などの副作用に悩まされることもあります。
医師の処方が必要なお薬なので、生理痛がつらく医師が必要と思ったら処方されます。

MERYの記事でお悩み解決?

MERYの記事でお悩み解決?

出典: unsplash.com

この記事では、
①生理痛の主な原因
②生理痛を和らげる方法
③生理用品
についてご紹介しました。

MERYで、「生理」と検索するだけで生理関連の記事が他にも読めるから、ぜひチェックしてみて。

MERY「生理」
この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。