私を支えてくれる親友だからこそ。ぬいぐるみを綺麗に保つための洗濯how to

小さい頃から大人になっても、嬉しい時も悲しい時も、ぬいぐるみは私たちを優しく支えてくれますよね。そんなぬいぐるみですが、清潔にしていないと肌荒れやアレルギーの原因になることも。今回は、洗濯できるぬいぐるみの見分け方や、実際の洗濯方法をご紹介します。

心の支えです

心の支えです

出典: unsplash.com

あの日、あの時、キミに出会ってから。
キミはいつも私の心の支えだった。

私の嬉しかった笑顔も、私の悲しかった涙も、キミだけが知っている私の表情がたくさんある。

そんな大切なぬいぐるみ、清潔に保ってますか?
ぬいぐるみはお洋服などとは違って、なかなか洗濯したり干したりすることは難しいですよね。
いざ洗おうと思っても失敗が怖くて手を出せなかったり…。

ぬいぐるみが汚れていたら、顔をくっつけるのに抵抗を感じてしまいますよね。
肌荒れやアレルギーの原因になってしまうことも。
そこで、今回はぬいぐるみを清潔に保つための洗い方をご紹介します。

まず、洗えるか確認しよう

まず、洗えるか確認しよう

出典: up.myreco.me

ぬいぐるみを自分で洗うことができるかどうかは洗濯表示で確認しましょう。
洗濯機洗いや手洗い可の表示があれば自宅でも洗うことができます。

自分で洗うことができるか不安な場合は、ぬいぐるみ専門のクリーニングに出すようにしましょう。

洗えるか確認する

洗えないかも?と思ったら

洗えないかも?と思ったら

ぬいぐるみを洗うことができない場合は、どうしたらよいでしょうか?

布団乾燥機にかけたり、除菌消臭スプレーを使用するだけでも清潔に保つことができます。
洗えないからと諦めずにやってみてくださいね。

ぬいぐるみのクリーニングスプレー

商品

ぬいぐるみのクリーニングスプレー

¥1,080

ぬいぐるみにスプレーして拭き取るだけで簡単に洗浄することができます。
食品で使われている成分を使用していて、優しくお手入れできそう。

いざ、洗います!

色落ちしないかな?

色落ちしないかな?

お気に入りのぬいぐるみならば、色落ちは絶対避けたいもの。
そのために洗う前には色落ちの確認をしましょう。

やり方は簡単。
白い布におしゃれ着用洗剤を少しつけて、目立たない部分をポンポンと叩いてみてください。
色がうつらなければOKです!

色落ちチェックの仕方は、おしゃれ着用洗剤を溶かしたぬるま湯を用意し、タオルなどに少量付けてぬいぐるみの色の濃い部分をこするだけです。

出典:cleaning-kyubin.com

洗う

洗う

出典: stocksnap.io

洗面器に水をためて、おしゃれ着用中性洗剤を溶かします。
その中にぬいぐるみを入れて、優しく押しながら洗ってください。
汚れなどが付着している部分はていねいに洗ってあげましょう。

ぬいぐるみを洗濯液に浸して、毛並みを傷めないように軽く押し洗いをします。汚れのひどい部分は、洗剤を含ませたスポンジや洗濯ブラシなどで、ていねいにたたき洗いしましょう。

出典:acron.lion.co.jp

エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用

商品

エマール 洗濯洗剤 液体 おしゃれ着用

¥264

ぬいぐるみを最大限傷つけないためにおしゃれ着用の洗剤を使いましょう。
汚れやにおいも落とすことができます。

すすぐ

すすぐ

出典: unsplash.com

洗面器の中の水を取り替えて、ぬいぐるみの中に洗剤が残らないように押し出すイメージで洗います。
洗剤が残ることのないように、3回程度水を取り替えながらすすぐとよいでしょう。

水と洗剤だけだと、洗った後にごわごわしてしまうかもしれません。
ふわふわの仕上がりにするには柔軟剤を使いましょう。
すすぎの最後に柔軟剤を入れて、しばらくつけ置きします。

柔軟剤を使ってふんわりさせたい人はすすぎ洗いをした後、洗濯桶に水またはぬるま湯を入れて柔軟剤を混ぜその中で20〜30分ぬいぐるみを入れておきます。

出典:nuigurumi.tv

柔軟剤

商品

柔軟剤

¥699

柔軟剤につけておくと、洗い終わりの手触りが全く違います。
香りが苦手な人は無香料のものを選ぶようにしましょう。

脱水する

脱水する

洗ったぬいぐるみを洗面器から取り出し、タオルで水気を拭き取ります。
その後、タオルで包んで洗濯機で10秒ほど脱水します。

最後にぬいぐるみをバスタオルで包み、洗濯機に入れて10秒ほど脱水のみ行ってください。タオルを厚めに巻くことで、短い脱水時間でもしっかり水抜きすることができます。

出典:cleaning-kyubin.com

お外に干そう!

お外に干そう!

出典: shutterstock

濡れたぬいぐるみはなるべく陰干しするようにしましょう。
ハンガーや物干しハンガーなどを上手に使って、形が崩れないように干してくださいね。
型崩れを防ぐためには平置きが◎
ぬいぐるみは周りが乾いていても中が湿っていることがあるので注意しましょう。

ぬいぐるみを乾かす場合は吊るすのではなく寝かせるように平置きしましょう。バスタオルをハンモックのようにセットし、そこに並べると均一に水が抜けますし、型崩れも予防できます。

出典:cleaning-kyubin.com

物干しハンガー

商品

物干しハンガー

¥2,420

ひとつあるととっても便利な物干しハンガー。
カラフルな色合いなので洗濯物を干すのが楽しくなりそうですね。

きれいになったね

きれいになったね

いつも一緒だからこそ、きれいに保ちたいですよね。
ぬいぐるみを洗濯することで、心もスッキリするかもしれません。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。