行けぬなら、染めてしまおうヘアカラー。セルフカラーを失敗しないための初心者講座

今回は、セルフカラーを失敗しないために、初心者さんに向けて準備する物から塗り方まで解説します。カラー剤、コーム、ワセリン、汚れてもいいタオル、サランラップ、ヘアクリップが最低限必要です。黒いジップアップパーカーを着ると洗い流す時に便利ですよ。染める時には、襟足→バック→サイド→前髪の順に根元から毛先にかけて塗ると◎

セルフカラーに初挑戦します

セルフカラーに初挑戦します

美容院に行けないけれど、どうしても髪を染めたくて。
とうとう人生初のセルフカラーに挑戦することにしたんです。

この記事ではセルフカラーを失敗しないために準備から塗り方まで解説していきます。
カラー剤を塗布するのが自分でも、誰かに手伝ってもらうにしても、コツを知っているだけで失敗がグッと少なくなるはずです♡

①準備するものは?

①準備するものは?

出典: lipscosme.com

まずは準備する物からチェックしていきましょう。
・カラー剤/コーム
・サランラップ
・ヘアクリップ
・汚れてもいいタオル
・イヤーキャップ
・ワセリン(生え際や耳に塗ると肌が染まりにくくなります)

染料を塗ってから置く時間を見るために、時計のあるお部屋でセルフカラーをするのがおすすめです。

4点セットが便利

毛染め4点セット

楽天市場

商品

毛染め4点セット

¥110

髪を染める時に必要なビニール手袋、イヤーキャップ、ブラシ&コーム、ケープがセットになった商品。
4点セットなのにこの価格というコスパの良さも魅力的。
※使い捨てのアイテムです。

黒いパーカーを着るのがおすすめ

黒いパーカーを着るのがおすすめ

出典: shutterstock

カラーリングする時の服装は、黒のジップアップパーカーを着るのがオススメ。
カラー剤がついても染まりにくく(目立ちにくく)、前に開くからお風呂場で髪を洗い流す時に脱ぎやすいです◎
カラー剤を塗る時には、フードや紐を中に入れると汚れづらいですよ。

②カラー剤を選ぼう

②カラー剤を選ぼう

出典: lipscosme.com

準備するものがわかったら、カラー剤を選びましょう。
塗りやすさや色もちを優先するなら泡で染めるタイプのカラー剤、発色やダメージレスを優先するならカラートリートメントがおすすめ。

泡で染めるカラー剤→ムラなく染めやすい

泡で染めるカラー剤→ムラなく染めやすい

出典: lipscosme.com

泡で染めるタイプのカラー剤は、液状のカラー剤を混ぜて専用のポンプなどで泡立てて使います。
シャンプーをするように髪全体に泡を広げるので、全体をムラなく染められるのが魅力です。
『Liese(リーゼ)』の「泡カラー」などが有名です。

出典: lipscosme.com

こちらは実際に「泡カラー」で染めた方のビフォーアフター。
ソフトグレージュの名前通り、柔らかなグレージュに染め上がっています。

リーゼ 泡カラー

楽天市場

商品

リーゼ 泡カラー

¥836

上の方と同じソフトグレージュのカラー。
濃密な泡が染まりにくい根本にもしっかり浸透してくれるヘアカラー。
髪を染めた後に使えるトリートメントもついています。

カラートリートメント→発色良しでダメージレス

カラートリートメント→発色良しでダメージレス

出典: lipscosme.com

カラートリートメントは、普通のカラー剤とは違い髪の色素を抜かずに、トリートメント成分でケアしながら表面を染めていく染料です。
発色が良くダメージレスなものが多いですが、黒髪などの暗い髪色の方などは染まりにくいものもあるみたいなので注意してくださいね。
こちらの「デビルズトリック」は1週間で元に戻るカラートリートメントで、短期間だけ髪色を変えたい方にぴったりのアイテム。

出典: lipscosme.com

こちらの方は、「デビルズトリック」のワイルドレッドとキャンディピンクを混ぜて染めたのだとか。
綺麗なレッド系カラーに染まっていますね♡
こんな風にある程度明るさがあれば、ブリーチをしなくても発色良くカラーリングすることができそうです。

出典: lipscosme.com

色落ちの経過はこんな感じ。
トーンが落ちるように綺麗に色が抜けていくので、色落ち過程まで楽しめちゃいますね。

クイスクイス デビルズトリック

楽天市場

商品

クイスクイス デビルズトリック

¥264

上の方が使ったワイルドレッドのカラー。
乾いた髪に塗布し、5分置いて洗い流します。
傷んでいる髪ほど良く染まるので、ダメージで普通のカラー剤を使いづらいという方も使いやすいかも。

③実際に染めてみよう

③実際に染めてみよう

出典: snapmart.jp

いよいよ本番です。実際に染めていきましょう。
以下の手順で染めるのがおすすめです。

①髪をブラシでとかし、クリップを使ってブロッキングしていく。
②生え際や耳にワセリンを塗る。
③首を囲うようにタオルをかける。髪が長い方は、輪ゴムなどでタオルをつなぐと◎
④イヤーキャップをつける。
⑤染まりづらい襟足→バック→サイド→前髪の順に、根元から毛先にかけてカラー剤を塗っていく。
⑥塗っていったところをサランラップで巻く。
⑦お使いのカラー剤に合わせて時間を置く。
⑧お湯で髪をもみ込んでから洗い流す。

染め終わったらアウトバストリートメントを使ってヘアケアをしてあげてくださいね。

動画で流れをおさらい!

YouTube

こちらは「泡カラー」を使ったセルフカラーのコツを紹介してくれている動画。
実際にカラーリングしている動画を見て流れをおさらいすることで、より綺麗にカラーリングすることができそうです。

セルフだって綺麗に染まるんです

セルフだって綺麗に染まるんです

出典: lipscosme.com

この記事では、初めてセルフカラーをする方のために準備から塗り方まで解説しました。
美容院に行けないからってヘアカラーを諦めるのはもったいないかも。
塗り方をおさえてセルフでも綺麗なカラーを楽しんでみて♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。