眉が顔の印象の80%を決める。メイク初心者さんのための基本のアイブロウコスメ

眉は顔の印象の80%を決める大切なパーツ。メイク初心者に向けて、自眉に合うおすすめのアイブロウコスメと眉の描き方をご紹介します。①自眉が濃い人→パウダーでふんわり眉を。②自眉がナチュラルな人→ペンシル+パウダーで、足りないところを描き足して。③自眉が薄い人→パウダー+リキッドで、1本1本生えているかのように描き足して。

顔の印象の80%が決まるらしい

顔の印象の80%が決まるらしい

メイクと言えばアイメイクやリップメイクを思い浮かべる方も多いはず。
でも、顔の印象の80%が決まるとも言われているほど「眉」は大切なパーツ。
メイクをしてより垢抜けるためにも、眉を上手に描けるようになっておくといいのです。

この記事では、メイク初心者さんに向けておすすめのアイブロウコスメと眉の描き方をご紹介します。

▷おすすめアイブロウコスメ

自眉がしっかりしている人→パウダー

自眉がしっかりしている人→パウダー

出典: lipscosme.com

自眉が濃くしっかりしている人はパウダータイプのアイブロウコスメがおすすめ。
自眉を生かしつつふんわりとした眉に仕上げてみて。

『KATE(ケイト)』の「デザイニングアイブロウ3D」は、3色のパウダーがセットになっているコスパ良しなアイブロウパレット。
細い平筆のアイブロウブラシは、眉尻まで描きやすく、大きい方の丸筆はノーズシャドウを入れるのに便利。

出典: lipscosme.com

こちらは「EX-5 ブラウン系」のカラーのスウォッチ。
どの色もふんわりと発色します。
髪色や自眉に合わせて1番上・真ん中の色を平筆で混ぜて色を作り、手やティッシュで一度軽くパウダーの量を調節してから、平筆で眉山から眉尻にむかって描いていくのがおすすめです。

自眉がナチュラルな人→ペンシル+パウダー

自眉がナチュラルな人→ペンシル+パウダー

出典: lipscosme.com

自眉が濃くも薄くもない、ナチュラルな方はペンシルタイプとパウダータイプのアイブロウコスメを使うのがおすすめ。

『excel(エクセル)』の「パウダー&ペンシル アイブロウ EX」は、アイブロウパウダー・ペンシル・スクリューブラシが1本になった便利なアイテム。
楕円形のペンシルが細い線まで描きやすいと定評があるんです。

出典: lipscosme.com

スウォッチはこのような感じ。
ペンシルで眉尻などの薄い部分を描き足し、眉頭からふんわりとぼかすようなイメージで描くと良さそうです。
ペンシルも優しいぼかした質感になるので、テクニックがなくても自然で美しい眉毛メイクができちゃいます。

自眉が薄い人→パウダー+リキッド

自眉が薄い人→パウダー+リキッド

出典: lipscosme.com

眉が薄めの方・短い方は、パウダーに加えてリキッドタイプのアイブロウコスメを使うのがおすすめ。
薄く細い線を1本1本描き足すことで、まるで自眉のように自然な眉メイクができます。

『media(メディア)』の「リキッドアイブロウAA」は、こすれに強く消えにくいのが魅力的なアイテム。

出典: lipscosme.com

こちらは「ダークブラウン」を使ってメイクした画像。
眉尻があまり生えていない投稿者さんらしいのですが、以下のような手順で自然な眉尻を演出しているのだとか。

①眉を縁取る。
②眉尻を小鼻と目尻の延長線上まで描き、眉頭にも少し足すように描く。
③眉毛が生えていない部分に、リキッドで一本一本毛を生やすように描く。
④隙間をパウダー(別商品)で埋める。

▷眉の描き方もcheckして

愛されふんわり眉

愛されふんわり眉

出典: lipscosme.com

こちらは、ふんわりとした眉の描き方を紹介してくれている「s a c c o」さんの画像。
パウダーをメインに使って眉を描くことで、眉を強調しつつも優しげな雰囲気に仕上がっています。

キリっと美人眉

キリっと美人眉

出典: lipscosme.com

同じく「s a c c o」さんのキリっとした美人眉の描き方を紹介してくれている画像。
ペンシルをメインに使って、印象的でシャープな眉に仕上がっています。
目元が引き締まって見えるので、かっちりしたい就活の時のメイクにも良さそうですね◎

コスメを揃えたら、眉メイクに挑戦だ!

コスメを揃えたら、眉メイクに挑戦だ!

この記事では、メイク初心者に向けておすすめのアイブロウコスメと眉の描き方をご紹介しました。
顔の印象の大半を決める重要なパーツだからこそ、自分の眉毛に合わせたメイクをしてみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。