スマホの機能がさらに進化。1年以内に始まった暮らしが便利になる4サービス

今じゃスマホ一台があればなんでもできてしまう時代。とっても便利になりましたよね。今回は2019年から2020年の一年間で新たにスタートしたスマホでできる4サービス<スターバックスのモバイルオーダー・東急電鉄のキャッシュアウト・JR東日本の新幹線eチケット・モバイルPASMO>をご紹介。いろいろと使いこなしてみよう♩

今じゃスマホがあればほぼなんでもできる説

今じゃスマホがあればほぼなんでもできる説

私たちの生活になくてはならない存在となっているスマホ。
そんなスマホは、電話をしたりゲームをしたり、SNSをする以外の用途でも役立ってくれることは皆さんも実感しているでしょう。

去年〜開始の便利な4サービスをご紹介

出かける時に大活躍の予感

出かける時に大活躍の予感

出典: jp.stylenanda.com

今回は出かける時に使いたい、2019年〜2020年に登場したモバイルサービスを4つご紹介いたします。
色々なサービスを使うことでさらにスマホを日常生活に役立てることができるかも。
早速見ていきましょう〜!

1.スタバからモバイルオーダー機能が登場

1.スタバからモバイルオーダー機能が登場

出典: prtimes.jp

まず最初にご紹介するのはコーヒーチェーン店の「Starbucks Coffee(スターバックスコーヒー)」に2019年に登場したサービス、「モバイルオーダー&ペイ」について。
たったの3ステップで並ばずにドリンクを受け取れるシステムなのです。

全て注文はアプリで完結→店舗で受け取り

全て注文はアプリで完結→店舗で受け取り

3ステップは以下の通り。
①公式のアプリをダウンロードをしてStarbucks Rewards(スターバックスリワーズ)の登録を済ませたあと、アプリ内のオーダーをタップして取りに行く店舗を選択。
②店舗で飲むか持ち帰るかを決めたあと注文するメニューを選ぶ。(カスタマイズも可能)
③クレジットカードかスターバックスカードで決済。
決済後、受取番号が表示されたら完了です。

購入はこちら
購入はこちら

出典: unsplash.com

注文したものが用意でき次第通知が届きます。
店舗に行き、受取番号を確認し商品をゲットすることができます。
並ばずに専用のカウンターで受け取ることができるので待ち時間も少なくてすみます。
東京都内の一部店舗からスタートしていて、HPからどの店舗で利用可能かチェックできます。
コーヒータイムがさらに便利になりそうですよね。

詳しくはこちら

2.東急電鉄で券売機でお金の引き出しが可能

2.東急電鉄で券売機でお金の引き出しが可能

出典: snapmart.jp

2つ目にご紹介するのは東急電鉄で2019年に始まった、「キャッシュアウト」というサービス。
駅にある券売機で現金を引き出すことができます。
現在利用できる銀行はゆうちょ銀行と横浜銀行のみになりますが、ATMに並ばなくてよく、しかもキャッシュカードも不要で引き出せるというのは、画期的なサービスなのではないのでしょうか。

QRコードを発行すれば簡単に引き出せる

QRコードを発行すれば簡単に引き出せる

出典: prtimes.jp

ゆうちょ銀行か横浜銀行で利用しているどちらかのアプリを立ち上げて、QRコードを発行します。
駅に行き、券売機でQRコードとバーコードを使う部分にタッチしQRコードを画像のようにかざします。

出典: prtimes.jp

かざしたあとは引き出す金額と利用手数料が表示されて、合っていれば確認を押して終了です。
明細書を発行することもできます。
ATMって割と並びがちなうえ、急いでると焦ると思いますが新たな引き出し方法でストレスも軽減されるかも。
この2つの銀行の口座を持っている方はぜひ利用してみてくださいね。
(※世田谷線とこどもの国線は利用対象外です)

詳しくはこちら

3.新幹線がeチケットで乗れるサービス

3.新幹線がeチケットで乗れるサービス

出典: unsplash.com

3つ目にご紹介するのは「新幹線eチケットサービス」。
2020年の2月14日にJR東日本で始まったサービスで、東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田新幹線で利用することができます。
日本国内を旅行する移動手段としてぴったりな新幹線。
これからは紙の乗車券がなくても大丈夫なのです!

スマホから予約で10種類のICカードが使える

スマホから予約で10種類のICカードが使える

出典: prtimes.jp

手順をまとめると、まず「えきねっと」というサイトで会員登録と交通系ICカードの情報の登録を済ませます。
その後、乗る新幹線の予約の決済まで完了させれば当日手元にあるICカードで新幹線に乗ることができます。
使えるカードはSuicaやPASMO、ICOCAなどの交通系ICカードとモバイルSuicaの10種類です。

えきねっと

出典: snapmart.jp

席の種類を選べるのも魅力の一つで、指定席は所定の合計額から200円引きで購入できます。
また早めに買うことで適用される割引も受けられるのだとか。
チケットは一度に6枚まで購入することができます。
国内旅行をもっとお得に楽しむチャンスです♩

詳しくはこちら

4.モバイルPasmoでスマホをタッチ!

4.モバイルPasmoでスマホをタッチ!

出典: snapmart.jp

最後4つ目にご紹介するのは「モバイルPASMO」。
現在はAndroidのみの使用に限られていますが、アプリをインストールすれば、スマホをタッチするだけで交通系ICカードのPASMO(パスモ)と同じように使えるサービスです。

チャージや定期券の購入もスマホから

チャージや定期券の購入もスマホから

出典: unsplash.com

まずは専用アプリをインストールします。
アプリを開いたら、新規PASMOを発行するをタップ。
無記名か記名ありのものを選択し、記名ありの場合は会員登録を済ませます。
現金でチャージするか、クレジットカードの登録を済ませれば、スマホ上でチャージと定期券の購入ができます。

出典: prtimes.jp

もちろん電車やバスだけでなく対応しているお店であれば普段の買い物でも使うことができます。
万が一なくしても、会員登録を済ませておけば再発行も可能なので安心ですね。
すでにSuicaではモバイルSuicaのサービスがスタートしていますが、ICカードをスマホにインストールできるとかなり利便性が上がると思います!

詳しくはこちら

スマホでどんどん便利になるって、すごい

スマホでどんどん便利になるって、すごい

今回は2019年〜2020年に始まったスマホがあれば使える4つの便利サービスについてご紹介いたしました。
どれも日々の暮らしが便利になりそうな予感ですよね。
いろいろと使いこなしてみましょう♩

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。