その意味わかって使ってる?フランス語をマスターしてフレンチgirlに近づこう
frannyfranny

その意味わかって使ってる?フランス語をマスターしてフレンチgirlに近づこう

よく耳にするけれど意味は分かっていなかった、そんなフランス語を紹介します。フランス発のリップや香水、美味しいスイーツなどと一緒に楽しくフランス語を学べます。また、シーン別に使いたいフランス語のフレーズと、そのシーンにあったお店や花束もご紹介。素敵なフレンチgirlに近づくヒントが詰まっています。

更新 2021.05.22 公開日 2020.04.16

フランス語ってよく聞くけれど…

フランス語のワードやフレーズって、日常の中で意外とよく耳にしますよね。
でもその意味を分からず、聞き流していることも多いと思います。
そこで今回は、素敵なフレンチgirlに近づくためのフランス語をご紹介します。
フランスにまつわる様々なものも取り上げています。

いろんな名前からフランス語を知ろう!

まずは、日常の中に隠れているフランス語から学んでみましょう。
これもフランス語だったんだ!なんて発見もあるかもしれません。

コスメから

こちらは、『YVES SAINT LAURENT(イヴ・サンローラン)』「ルージュ ピュールクチュール ヴェルニ」です。
フランス語表記では「ROUGE PUR COUTURE VERNIS A LEVRES」となります“rouge”はフランス語では「赤」という意味。
「口紅」は“rouge à lèvres”(ルージュ ア レーヴル)と表現します。
“pur”は「純粋な」、“couture”は「仕立て、縫製」といった意味です。
“vernis”はネイルエナメルやマニキュアのことを指します。
このリップはまるでマニキュアのように光沢のある唇に仕上げてくれるそう。

こちらはフランス発の香水ブランド『diptyque(ディプティック)』です。
こちらの定番の香りは「EAU ROSE(オーローズ)」。
“eau”は「水」、“rose”は英語と同じで「バラ」という意味です。
体に溶け込むような自然なバラの香りです。

お菓子の名前から

こちらは洋菓子店「リビエール」のラングドゥシャ。
ラングドゥシャは“Langue de chat”とフランス語では表記します。
“langue”は「舌」、“de”は「〜の」、“chat”は「猫」という意味。
つまり、ラングドゥシャは「猫の舌」という意味なんです。
とっても可愛い名前ですよね。

こちらのラングドゥシャは缶に猫の絵が描かれていてとても可愛い。

次はクレームブリュレです。
フランス語表記は“crème brûlée”です。
“crème”は「クリーム」、“brûlée”は「焦がした、燃やした」という意味のフランス語。
つまり、「焦がしたクリーム」という意味です。

こちらのクレームブリュレは千葉にある「contes(コンテ)」というカフェのものです。

店舗情報
千葉市中央区本千葉町4-1 2F
京成千葉中央駅 東口 徒歩1分
JR千葉駅 東口 徒歩9分

月曜定休(祝日の場合は火曜)
11:00-18:00(17:30L.O.)
※混雑時や予約席は2時間制となります。
⚫︎12歳未満のお子様はご遠慮下さい。

他にもいろんなところにフランス語

▷rendez-vous
「ランデブー」って、デートなどロマンチックな意味で覚えている人も多いのではないのでしょうか。
でも実はフランス語では「会う約束」といった意味なんです。
単純にアポイントメントという感じですね。

▷café au lait
おなじみのカフェオレ。
“café”はコーヒー、“lait”は牛乳という意味で、日本でいうコーヒー牛乳ということになります。

こんな時に使いたいフレーズ

次に、様々なシーンに合わせて使いたいフランス語をご紹介します。
ぜひ覚えて使ってみてくださいね。

美味しいものを食べた時

▷Délicieux !(デリシウー)Déliceieuse !(デリシウーズ)
「美味しい!」という意味です。
男性名詞には前者、女性名詞には後者を使います。

美味しいフレンチを食べた時に使いたいフレーズですね。
こちらは品川にある「レストラン フェメゾン」というお店です。
料理だけでなく、アンティーク家具にこだわった内装も魅力です。

店舗情報
営業時間
【ランチ】
11:30~15:00 (L.O.13:30)
【ディナー】
17:30~22:30 (L.O.21:00)
※婚礼・貸切などにより変動致します※
定休日 月曜日・火曜日※祝日の場合、休みが変更になります

友達を励ましたい時

▷C'est la vie!
“C'est”は「これは〜です」“la vie”は「人生」という意味。
「仕方ないよ!」といった意味のフレーズです。
落ち込んでいる友達にかけてあげたい言葉ですよね。

落ち込んでいる子には花束を差し出して慰めてあげるのもいいかもしれません。
フランスではちょっとしたプレゼントに花束をあげる慣習が根付いているそうです。
何かあったら花束を贈る、そんな素敵なフレンチガールには憧れちゃいますね。

こちらは「青山フラワーマーケット」の花束。
こんな素敵な花束をもらったらどんな時でも元気が出そうです。

相手の話に共感した時

▷Moi aussi!
“moi”は「私」、“aussi”は「〜も」という意味。
つまり、「私も!」というフレーズ。
英語で言う“Me too!”ですね。
相手と打ち解けるのに役立ちそうです。

仲のいい人とたくさん喋りながら使いたいフレーズ。
そんな楽しい談笑にはお洒落で美味しいタルトケーキがぴったり。

こちらは銀座や青山などにある「qu'il fait bon(キルフェボン)」のもの。
お店の名前もフランス語で、「なんていい陽気なんだろう」という意味です。
店名まで可愛い、素敵なお店ですね。

今日から気分はフレンチgirl

いかがでしたか?
ぜひ楽しくフランス語をたくさんマスターして、素敵なフレンチgirlに近づいてみて。

spacer

RELATED