生意気な‘膝小僧メタボ’をやっつけろ!見落としがちな「膝痩せ」を叶えるポイント

脚痩せでついつい見落としがちなのは「膝痩せ」ではないでしょうか。膝周りにお肉がついてしまう原因として、歩き方が良くないから・運動不足だから・むくみを解消できていないからなどが挙げられます。それぞれの原因を解消できるような方法やトレーニング法などをご紹介します。夏がやって来る前にダイエットで理想の体形を手に入れて。

どれだけ脚痩せに力を入れても

どれだけ脚痩せに力を入れても

出典: unsplash.com

脚痩せといえば、ふくらはぎ痩せや太もも痩せ。
この2つが大々的に注目を浴びますが、脚痩せを語る上で欠かせないのは「膝」ではないでしょうか。

ふくらはぎと太ももの間にある膝がシュッとしてこそ、無駄なお肉がない美脚と言えるのでは。

出典: snapmart.jp

しかし、膝周りはどんな風にダイエットをしたら良いのかイマイチあまり想像がつかないのも事実。
今までダイエットをしたことがあっても、膝はノーマークだったという人も多いかもしれません。

この記事では、膝周りにお肉がついてしまう原因と共に解消法を併せてご紹介。

ショートズボンやミニスカートを穿きたくなる季節がやってくる前に、キレイな膝を手に入れませんか?

原因1:歩き方が良くないから

原因1:歩き方が良くないから

出典: snapmart.jp

膝周りにお肉がついてしまう原因は様々ですが、まず「歩き方が正しくないから」という理由があげられます。

スマホなどを見ながら猫背で歩いていたり、常に膝を曲げながら歩いていたり(特にヒールを穿く人に多い)すると、太ももの筋肉が衰えてその影響が膝周りに。

まずは鏡を見て歩き方チェック

まずは鏡を見て歩き方チェック

出典: lipscosme.com

まずは「現状の自分の歩き方」と「理想の正しい歩き方」を把握することから。この2つを把握して、違うところがあれば理想に寄せていきましょう。

頭や目線はまっすぐ正面を。背筋をのばした状態で、脚を伸ばしながら歩くことを意識。

街中のショーウィンドウに映る姿などで、こまめにチェックすると◎。

正しい足の運び方も意識してみる

正しい足の運び方も意識してみる

出典: 17kg.shop

次に、足の重心の運び方もチェック。
かかと→小指の付け根→親指の付け根→親指で踏み込んで歩く、という順番が理想的なのだとか。

なかなか足にかかる重心まで意識したことはありませんよね。余計なところに余計な力が入らないようにするのがポイントです。

少し大股で歩くと、トレーニングにも。
自分の身長の半分ぐらいの大きさをあけて歩くと◎。

出典: snapmart.jp

階段では、上りも下りも足の裏全体を使って歩くのが基本です。

ダイエット中は脚痩せ強化のために、エレベーターやエスカレーターを使わず階段を使うようにするという方も多いと思いますが、無理をしないように気を付けましょう。

膝に思わぬ負荷がかかってしまいます。

階段は上りも下りも足裏全体で着地することが基本です。特に下りは十分な着地面を確保し、安全に歩きましょう。

出典:www.hiroshima-kokuhoren.or.jp

原因2:単なる運動不足だから

原因2:単なる運動不足だから

出典: 17kg.shop

他に挙げられるのは、単純に「運動不足&筋肉不足だから」という理由。

中高生の頃などは体育の授業で定期的に体を動かす機会があったものの、大学生や社会人になるとそのような機会はなかなか多くないはず。

特にインドア派の人は、めっきり運動をしなくなったという方も多いのではないでしょうか。

寝転びながら脚で「4の字」を

寝転びながら脚で「4の字」を

出典: unsplash.com

集中的に膝周りにアプローチできるようなトレーニング方法をご紹介します。

①仰向けになって、右足を左膝にのせる
②左脚を天井に向かって伸ばす(この時、脚が数字の4になっているようなイメージで)
③左脚を床スレスレまでおろす

左右の脚を、お互い押し合うようなイメージで行うのがポイントです。

出典: 17kg.shop

8回程度が目安。反対側の脚もお忘れなく。

正しく行えば膝周りのお肉だけでなく、太ももやお腹にもきいてくる万能なトレーニング。終始「お腹から足を動かす」という意識を欠かさずに、体幹に気をつけるのがコツかも。

意識するのは、「お腹から足を動かす」という意識です。ドローイング状態で大腰筋(腰から太ももに繋がる大きなインナーマッスル)から脚を上げ下げするのが重要です。

出典:allabout.co.jp

道具なしでできる、空気イスとか

道具なしでできる、空気イスとか

出典: snapmart.jp

どこでもすぐにできるトレーニングは、空気イス。道具要らずで簡単にできます。

①脚をかるく開いて、背中は壁につける
②膝が90度になるまで腰をゆっくりおろす
③1分間キープする

慣れるまでが大変ですが、慣れると難なく1分間保っていられるようになるはず。

原因3:むくみを解消しきれていないから

原因3:むくみを解消しきれていないから

出典: unsplash.com

ふくらはぎなどだけではなく、膝周りもむくむ時はむくむのだとか。

主にデスクワークが多い人やしょっぱい食べ物が好きな人、水分をたくさん摂る人は膝がむくみやすい傾向に。毎日の生活習慣だからこそ、なかなかむくみがとれにくくなっているかもしれません。

やっぱりお風呂で温めるのが重要

やっぱりお風呂で温めるのが重要

出典: snapmart.jp

むくみやセルライトは、一日二日じゃなかなか消えません。長期戦で少しずつなくしていくのを目標に。

浴槽に浸かって、お湯の中で膝周りを優しくマッサージ。膝だけでなく足首から始めて足全体のマッサージを行えば、脚痩せにもつながるかも。

お風呂の前後は水分補給を忘れずに。

ボディクリームを塗ってマッサージ

ボディクリームを塗ってマッサージ

出典: 17kg.shop

お風呂から上がった後もマッサージ。

次は、膝の裏のマッサージをしてみましょう。膝の裏を‘痛気持ちいい’ぐらいまで、親指でグッと押し込んで。

あるいは右脚の膝裏を左足の膝にのせて、膝でグリグリマッサージする方法もオススメですよ。脚の重さで自然に押されて、気持ちいいです。

出典: lipscosme.com

肌への摩擦を抑えるために、ボディミルクやボディクリームは欠かさずに。

せっかく膝痩せが叶っても、膝が乾燥でガサガサしていたら台無し。保湿は一年中意識しましょう。

スッキリした膝を華麗に手に入れて

スッキリした膝を華麗に手に入れて

スッキリした膝小僧が理想。

キレイな膝を手に入れて、満足のいく脚を手に入れよう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。