人生を見つめるには休息も必要だから。家でじっくりと読みたい韓国作家さんの本たち

今回は、人生を見つめたいと思った時に読みたくなるような韓国作家さんの本をご紹介します。自己啓発になったり、心が疲れた時の癒やしのヒントになってくれそうな本。SNSでも話題になっている作品や、韓国でもベストセラーになっている本などを7冊紹介しているのでぜひチェックしてみてくださいね!

心にも休憩が必要です

心にも休憩が必要です

出典: snapmart.jp

人生には、少し立ち止まって、自分について考える時間も必要です。
そんな時は、お隣韓国からやってきた素敵な本たちをじっくりと読んでみませんか?

私は私のままで生きることにした

私は私のままで生きることにした

まず初めにご紹介するのは、キム・スヒョンさんの「私は私のままで生きることにした」。
イラストレーターであり、作家の彼女が綴った本は、韓国でもベストセラーなんです。

学歴や就職活動など、現代の競争社会に生きづらさを感じている韓国の若者たちへ向けた、ありのままに生きることを肯定してくれるメッセージが書かれています。

私は私のままで生きることにした

楽天ブックス

商品

私は私のままで生きることにした

¥1,430

キム・スヒョン (著)・ 吉川 南 (翻訳)・ワニブックス(出版)

人からどう見られるかを気にしていたり、誰かの期待に応えようとしたり…。
自分らしく生きるために、考えたいことが綴られた素敵な本です。

あやうく一生懸命生きるところだった

あやうく一生懸命生きるところだった

ハ・ワンさんの「あやうく一生懸命生きるところだった」。
40歳を目前にして、将来のプランもないまま会社を辞めたご本人が、一生懸命に生きないという大胆な決意を表明していることから話題になった本です。

著者は自身の経験から、日常を苦しく感じないような生き方を提唱しています。
目標を持たなきゃ、何かを成し遂げなくてはと躍起になって心も体も疲れた時に、ふと立ち止まって読みたくなるような作品です。

あやうく一生懸命生きるところだった

商品

あやうく一生懸命生きるところだった

¥1,000

ハ・ワン (著)・ 岡崎 暢子 (翻訳)・ダイヤモンド社(出版)

SNSでも共感や絶賛の声の上がる本です。
日々何かに追われ、張り詰めている心をほぐしてくれるような気持ちになれるのでオススメです。

+1cm

+1cm

キム・ウンジュさんの「+1cm(プラスイッセンチ)たった1cmの差があなたの世界をがらりと変える」は、日常生活に、たった1cm、ものの見方を変えるだけで、人生が少しだけ楽になったような気持ちになれる提案をしている本なんです。
男女による恋愛観の違いや、ストレスフルな日常生活を少しだけ軽い気持ちにさせてくれる本です。

+1cm(プラスイッセンチ)たった1cmの差があなたの世界をがらりと変える

商品

+1cm(プラスイッセンチ)たった1cmの差があなたの世界をがらりと変える

¥1,573

キム・ウンジュ (著)・ ヤン・ヒョンジョン (イラスト)・簗田順子 (翻訳)・文響社(出版)

可愛らしいイラストと、心温まるメッセージで心が満たされる本です。
見方を変えるだけで、ちょっと優しい気持ちになれそうですよね。

こちらもオススメ

+1cmLOVE たった1cmの差があなたの愛をがらりと変える

商品

+1cmLOVE たった1cmの差があなたの愛をがらりと変える

¥1,518

キム・ウンジュ (著)・ ヤン・ヒョンジョン (イラスト)・カン・バンファ(翻訳)・文響社(出版)

愛に特化したバージョンもオススメです。
愛を深める言葉の魔法で、毎日をちょっと豊かな気持ちにしましょう♪

死にたいけどトッポッキは食べたい

死にたいけどトッポッキは食べたい

ペク・セヒさんの「死にたいけどトッポッキは食べたい」は、気分障害と不安障害を抱える女性が、自分自身のことを見つめる12週間を描いたエッセイ。
誰しもが抱えるような人間関係の悩みや、自分自身について悩んだことのある人に共感を呼んでいる本なのだそうです。

死にたいけどトッポッキは食べたい

商品

死にたいけどトッポッキは食べたい

¥979

ペク・セヒ (著)・ 山口ミル (翻訳)・光文社(出版)

ちょっとした自己嫌悪に陥ったり、不安に思ったりすることもあると思います。
ちょっと心に元気がない時に読んだら、気持ちが少しいい方向に向かうかも。

82年生まれ、キム・ジヨン

82年生まれ、キム・ジヨン

日本でもベストセラーを記録した、チョ・ナムジュさんの「82年生まれ、キム・ジヨン」。
「女性」として生きることの中に潜んでいる、あらゆる困難や差別を、包み隠さずに表現してくれる作品です。
主人公のキム・ジヨンの半生の中で衝突する女性としての困難は、どこか他人事とは思えないはず。

82年生まれ、キム・ジヨン

楽天ブックス

商品

82年生まれ、キム・ジヨン

¥1,650

チョ・ナムジュ (著)・ 斎藤 真理子 (翻訳)・筑摩書房(出版)

韓国で社会現象にもなったベストセラー小説。
女性として生きることで感じる違和感や差別を、どのように捉えていくべきかを考えさせられる物語です。

こちらもオススメ

ヒョンナムオッパへ:韓国フェミニズム小説集

商品

ヒョンナムオッパへ:韓国フェミニズム小説集

¥1,980

チョ・ナムジュ (著)・ チェ・ウニョン (著)・キム・イソル(著)・チェ・ジョンファ(著)・ソン・ボミ(著)・ク・ビョンモ(著)・キム・ソンジュン(著)斎藤真理子(翻訳)・白水社(出版)

7名の女性作家たちによる短編集。
女性だからという理由によって感じた疑問や葛藤を解決するヒントを与えてくれるかも。

じっくりと読んで、考えたいから

じっくりと読んで、考えたいから

出典: snapmart.jp

心が疲れたら、立ち止まってじっくりと読みたい韓国作家さんの本をご紹介しました。
ぜひチェックしてみてくださいね!

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。