店員さんの「お似合いですね」に弱いです。stop衝動買いnot後悔の服選びルール

ショッピングをすると、つい買いすぎてしまうという方は多いのではないでしょうか。ムダな買い物をせず、長く使いたいと思う洋服を買うために必要な「ときめきアリ or ナシ」の判別法やサイズ感、色合い、価格の観点から失敗しない買い物の仕方をご紹介します。

店員さんに褒められて、つい…

店員さんに褒められて、つい…

出典: unsplash.com

お店に行くと、店員さんが話しかけてくれることが多い。

気に入ったアイテムを鏡で眺める度に店員さんが「お似合いです!」と褒めてくれるから、その流れでたくさん買ってしまうのです。

服選びのルール決めが大切

服選びのルール決めが大切

服選びのルールを明確にすると、その場の雰囲気で買ってしまうことが少なくなるかも。

今回は満足できる服選びをするために必要な4つのルールをご紹介します。ムダなくお財布にもやさしい、賢い買い物をしましょう。

(1)大前提:ときめきアリ or ナシ

(1)大前提:ときめきアリ or ナシ

出典: dejou.jp

アイテムを見た時にときめきがあるのか、ないのか。これはそのアイテムを購入した後、愛着がわかず着なくなってしまうことを防ぐために必要な要素です。

お店に入って、洋服を見た時の最初の印象を大切にすると良いかもしれません。

(○)ときめきアリ

(○)ときめきアリ

出典: dejou.jp

そのアイテムを可愛いと思った証拠です。

ときめきを感じれば、買った後もコーディネートが楽しくなりそう。購入へのはじめの分かれ道はクリアですね。

(×)ときめきナシ

(×)ときめきナシ

出典: snapmart.jp

ときめかない=好みではない・興味がない服なので、買い物リストからは外してもいいかも。

別のアイテムを見たり、他の店舗に行くのがオススメです。

(2)サイズ感

(2)サイズ感

出典: dejou.jp

自分の求めているサイズ感であることは服を買う時に一番大事な要素です。

自分の好みに合った大きさ+動きやすさ等を試着して確かめてみましょう。

ピッタリ着たい

ピッタリ着たい

ピッタリ着たい場合は、
・首周りが苦しくないか
・腕を伸ばした時に背中がきつくならないか
など確かめると失敗がなさそうです。

ボトムスはストレッチ性があるか確認すると良いかも。

ダボっと着たい

ダボっと着たい

ダボっと着たい場合は
・肩幅が広く見えないか
・胴周りが太って見えないか
など確かめると失敗がなさそうです。

ボトムスもはウエスト周りがダボダボしないか確認することをオススメします。

(3)色合い

(3)色合い

もしベーシックな色合いが多い方は手持ちにない色を探してみるのも手ですね。

また、季節や流行に合わせて、色の組み合わせ方にも変化があるので、SNSや雑誌をチェックしてみてください。

パーソナルカラーに合っているか

パーソナルカラーに合っているか

出典: www.beepsheepshamp.com

チョイスするカラーによっては、顔色がくすんでしまうことがあるので注意が必要です。

自分に合ったカラー選びができると良いですね。

パーソナルカラーをcheck!

手持ちアイテムと馴染むか

手持ちアイテムと馴染むか

出典: dejou.jp

着回しアイテムが欲しい時は手持ちのアイテムの色味を確認して購入するのが良いかも。

イメチェンのために思い切った色モノをチョイスするのも良いですね。

(4)価格

(4)価格

出典: dejou.jp

購入するには、以下のような価格別で正反対な2つの項目があるのだとか。

・可愛いけれど値段が張るアイテム
・ときめきは足りないが、安いし使えそうだからとりあえず購入しようと思うアイテム

この解決策として2つのcheckポイントがあります。

「お買い得感」に惑わされていないか

「お買い得感」に惑わされていないか

出典: snapmart.jp

「お買い得感」につられて2色買いしたり、なんとなく購入してみたアイテムは、使わなくなってしまう可能性が高いです。

安価なアイテムも慎重に購入できると良いですね。

手持ちアイテムと値段比較

手持ちアイテムと値段比較

出典: dejou.jp

手持ちアイテムと価格を比べてみて、払えると判断した範囲ならば購入しても良いかも。

高価だと感じたものは、そのアイテムでなければ納得がいかない理由をいくつか挙げてみると、購入するか否か、判断できるかもしれません。

≫少しでも悩んだら家に持ち帰る

≫少しでも悩んだら家に持ち帰る

出典: dejou.jp

気持ちのどこかに思いとどまらせる部分があるならば、購入せずに一回家まで悩みを持ち帰るのが良いですね。

これらの方法であなたも買い物上手になれるかも。着ない服が多い方や財布のひもが緩くなりがちな方は是非参考にしてみてください。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。