結局、他の誰にもなれないから。『自分メイク』で、ありのままの私を好きになる日

コンプレックスをカバーするメイクをしていて、ふと「いつまで仮面を被ればいいのだろう?」と思ってしまったことがある人はいませんか?そこで今回は、“背伸びしないメイク”すなわち『自分メイク』をご提案。人はそれぞれの魅力があります。他の誰かになろうとするのではなく、ありのままの自分を美しく魅せることに努めましょう。

自分で自分が好きになれなくて

いつまで仮面を被ればいいのだろう?と思った

いつまで仮面を被ればいいのだろう?と思った

出典: unsplash.com

毎日欠かさずするメイク。
コンプレックスをカバーするために、コンシーラーを重ねてみたり、二重幅を広げてみたり、リップラインを隠してみたり…。

自分がなかなか好きになれなくて、鏡のなかの自分を覗き込んでは溜息をつく日々…という人はいませんか?

そんなときに、ふと「いつまで仮面を被ればいいのだろう?」と思ってしまったことがある人はいませんか?

等身大の『自分メイク』で、自分を好きになる

等身大の『自分メイク』で、自分を好きになる

出典: www.beauty-navi.com

そこで今回提案するのが、“背伸びしないメイク”すなわち『自分メイク』です。
ありのままの自分を受け入れ、ありのままの自分の個性を活かすことで、ストレスを感じないメイク時間を過ごしましょう♩

「一重なのが悩みです。目を大きく見せる方法は?」「奥二重を二重っぽくするにはどうメイクしたらいいですか?」……日本にいると、こういった質問をよくもらいます。でも「大きい目のほうがかわいい」「二重のほうが偉い」っていうのは誰かが作った幻想。そんなものにとらわれていたら勿体ないよ。一重や奥二重にしかない可愛さがたくさんあるし、それを生かさなくてどうする!と思います。

自分の目や顔の造形をよく観察して、他の誰かになろうとするのではなく、自分の個性に誇りを持ってメイクしてほしい。

出典:www.elle.com

①|粗じゃなくて、抜け感だから

①|粗じゃなくて、抜け感だから

出典: unsplash.com

まずはじめに見直していきたいのはベースメイクです。
そばかす、ニキビ跡、くすみ、ほくろ、肌色などのことを、粗だ、コンプレックスだ、と思っている人はいませんか?
しかし、それらは決して粗でもコンプレックスでもありません。抜け感なのです!

▶自分に合った肌色をチョイス

▶自分に合った肌色をチョイス

出典: unsplash.com

まずはファンデーション。
ファンデーションは自分の肌色に合ったアイテムをチョイスするのが◎
白肌が正義のように言われる世の中ですが、皆違って皆良いと思いませんか?
また、肌に合わない色のファンデーションを使ってメイクが浮いてしまうのはなんだか残念ですよね…。
自分にぴったりのファンデーションを無理なく塗ることで、自分の魅力をもっと引き出しましょう♩

▶そばかす、ニキビ跡 etc.…なんて気にしない

▶そばかす、ニキビ跡 etc.…なんて気にしない

出典: unsplash.com

ベースメイクの際、やはり気になるのは、そばかすやニキビ跡、ほくろなどですよね。
しかし、それらを無理にコンシーラーやファンデーションの重ね塗りで隠すのではなく、あえて活かしてあげることで抜け感が演出できるのです。

出典: lipscosme.com

そこで今回ご紹介したいアイテムは『MiMC(エムアイエムシー)』のミネラルエッセンスモイスト SPF40 PA+++です。
内側から発光するようなライトアイボリー、肌をワントーン明るく見せてくれるピュアニュートラル、健康的な肌色に馴染むソフトベージュの三色展開で、カラーがたくさんありすぎても選びずらい…という人も、自分に似合うカラーを選びやすそうですね!
スキンケア発想のミネラルファンデーションで、自分をもっと好きになりましょう♡

購入はこちら
MiMCのカラー診断

ミネラルファンデーションのMiMC(エムアイエムシー)

ファンデーション購入にあたって、選び方に迷っている…という人におすすめのMiMCのパーソナルカラー自己診断。 皆さんもぜひ参考にしてみてくださいね♡

②|無理しない眉毛が色っぽい

②|無理しない眉毛が色っぽい

出典: snapmart.jp

次に挙げられるのは眉メイク。
筆者もそのうちの一人であるように、眉毛がコンプレックス…と思っている人って意外と多いのではないでしょうか?
コンプレックスと思うゆえに、整えすぎたり、描きすぎたりしてしまう眉毛。
しかし、そんな必要はなく、自眉毛を活かした眉メイクこそ抜け感への近道なのです!

▶整えすぎはNGよ~

▶整えすぎはNGよ~

出典: shutterstock

眉毛の太さって、どうしても気になってしまいますよね。
太い眉毛が恨めしくて、憎くて、つい過剰に整えすぎてしまったり、全剃りをしてしまう…という人もいると思いますが、自然に生えた眉毛は抜け感があり、どこか色っぽい雰囲気を演出してくれるという長所があります。
眉毛を整える際は、はみ出していて気になる眉毛の上部分のみ抜く程度で◎

▶描きすぎてもだめ!

▶描きすぎてもだめ!

逆に眉毛がないことがコンプレックスという人もいると思います。
太眉に憧れて、つい濃く描きすぎてしまうのはNG!
自眉毛に沿って、足りない部分を一本一本描き足していくようなイメージで自然な眉毛に仕上げましょう。

③|それぞれの良さがあるeye

③|それぞれの良さがあるeye

出典: snapmart.jp

続いて見直していきたいのがアイメイク。
奥二重なのが悩み、一重なのが悩みという人も中には多いはず。
しかし、奥二重も、一重も、二重もそれぞれの良さがあるのです♩
アイプチやアイテープを使うのもいいけれど、ありのままの自分でメイクをしてみませんか?

▶それぞれのまぶたの良さがある

▶それぞれのまぶたの良さがある

出典: lipscosme.com

画像のように、それぞれの目の形に似合うアイシャドウの塗りかたをすることでより魅力的に♡
十人十色ともいうように、人それぞれ違った魅力があるから人は素敵なのですよね!

 【CANMAKE(キャンメイク)】シルキースフレアイズ 02

楽天市場

商品

【CANMAKE(キャンメイク)】シルキースフレアイズ 02

¥825

上の画像で使用されているのは、『CANMAKE(キャンメイク)』のシルキースフレアイズ 02 ローズセピアというカラーです。
色っぽくてかわいいローズピンクで、トレンド感あるeyeメイクに仕上げてくれます。

④|気張らないリップメイク

④|気張らないリップメイク

出典: lipscosme.com

今回最後に見直していきたいのはリップメイク。
つい気になるリップラインをぼかしてみたり、オーバーリップをしたくなってしまいますが、ありのままの自分のリップラインを活かした、気張らないリップメイクをしてみませんか?

▶自然派リップ

▶自然派リップ

出典: lipscosme.com

そこでご紹介したいのが、『rms beauty(アールエムエス ビューティー)』のリップスティック(全8色)。
ヒマシ油、ミツロウ、カカオ脂、ホホバ種子油、オオミテングヤシ果実油などの植物由来の保湿成分が配合されていて、うるおいを保ちながら高発色をキープしてくれます。
本来の魅力を引き出してくれるリップスティックで、もっと自分を好きになりたいですね!

rms beauty

ありのままって素晴らしい!

ありのままって素晴らしい!

出典: www.beauty-navi.com

人はそれぞれ、十人十色の魅力があります。
「かわいい」や「美しい」に、決して答えはありません。
他の誰かになろうとするのではなく、ありのままの自分を愛して、ありのままの自分を美しく魅せることに努めたいですね♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。