急にピンチ到来!彼氏と喧嘩しちゃった時のポジティブな考え方&解決法

彼氏との喧嘩でパニックになってしまうこと、ありますよね。そこで今回は、喧嘩をうまく乗り越える方法をご紹介します。トラブルになった原因を、生活習慣、恋愛の価値観、金銭に分けて考えてみました。お互いが信頼し合える、もっといい関係性を築けるような解決方法ですので、ぜひ参考しにてみてください。

さっきまで仲良しだったのに…

さっきまで仲良しだったのに…

出典: shutterstock

ついにやってきた彼氏との喧嘩。
大好きな人とぶつかり合うのは、とても胸が痛みますよね。

どうすればいいの〜!って、パニックになってしまう子も多いのではないでしょうか。

喧嘩の原因って…?

喧嘩の原因って…?

出典: shutterstock

でも、そもそも喧嘩の原因ってなんなんでしょうか?

一緒にいる時間が長くなると、どうしても衝突は起こってしまうもの。

原因がわかれば、対処法も見えてくるはずです。

出典: shutterstock

時間を共にする上で問題になってくるのが生活習慣の違いや、お金に関するトラブル。
また、恋愛という人間関係においては価値観の違いがいざこざの原因となることも多いでしょう。

そこで今回は、この三つのケース別に喧嘩になった時の対処法を考えてみたいと思います。

Q.あなたが恋人と喧嘩する原因を教えてください。
<男性>
第1位 生活習慣の違い(30.4%)
第2位 嫉妬や束縛が激しい(27.6%)
第3位 お金のトラブル(24.9%)
(※1)有効回答数181件。複数回答式、4位以下省略・その他除く

<女性>
第1位 生活習慣の違い(33.0%)
第2位 連絡しない(31.4%)
第3位 浮気(29.3%)
(※2)有効回答数188件。複数回答式、4位以下省略・その他除く

出典:woman.mynavi.jp

ケース①:生活習慣の違い

ケース①:生活習慣の違い

出典: shutterstock

長く一緒にいたり、一緒に暮らし始めてみると相手の生活習慣が気になってしまうことはどうしてもあります。
それが原因で衝突が起きてしまうことも少なくないでしょう。

しかし、これはあって当然の喧嘩なので、前向きに考えるのが良さそう。

むしろ喧嘩したほうがいい

むしろ喧嘩したほうがいい

出典: shutterstock

生活習慣の違いに関することでは、むしろぶつかり合ってお互いの意見を言い合うほうがいいという意見が多いです。
一方が他方に合わせるだけになっていると、いつかストレスや不満が爆発してしまうかも。

主張するのが苦手な子も多いと思いますが、きちんと話し合ってみましょう。

・我慢してばかりの関係より、お互いに本音を言い合える仲のほうが良いと思う。それに、ケンカしたあとはどんどん絆が深まっていく(30代・女性 靴屋)

出典:sirabee.com

必ず結論を出すこと

必ず結論を出すこと

出典: shutterstock

ぶつかったほうがいいと言ったって、ただ言いたいことを言い合って、「ごめんね」だけで終わるような喧嘩はあまり意味がありません。
きっとまた同じようなことでぶつかってしまうでしょう。

きちんと、お互いの生活習慣の違いを認識し、意見をすり合わせて「二人の」生活習慣を構築していけるようにしましょう。

ケース②:恋愛への価値観の違い

ケース②:恋愛への価値観の違い

出典: shutterstock

恋愛に関しても様々な価値観の違いがありますよね。
それは、恋人との距離感に関することが多いようです。

例えば、LINEやデートの頻度、他の異性との関係性などなど…。
一方が当たり前だと思っていても、相手に寂しい思いをさせてしまったり、逆に束縛だと思われてしまうこともあると思います。

相手との距離感が遠い…

相手との距離感が遠い…

出典: shutterstock

もっと連絡してほしいのに素っ気ない。
会う頻度をもっと増やしたい。
異性のいるところで遊んでほしくない。

などなど、相手のことが好きだからこそ、相手に求めることが多くなってしまうこともあるでしょう。

しかし、それで煙たがられてしまったり、「束縛だ」なんて思われてしまっては元も子もありません。
もっと自分が傷つくことになってしましいます。

出典: shutterstock

一度、きつい束縛をしすぎてはいないか考えてみましょう。

「他の異性と話さないで」などの度を越した束縛は、しっかりとした信頼関係ができていない証拠です。
相手も、自分のことがそんなに信じられないのか…とショックを受けてしまうでしょう。

そんな時はちょうどいい距離感とはどのくらいなのか把握してみるといいかもしれません。

プライベートに踏み込みすぎるのは、彼のことを信用していないと言っているのと同じです。

出典:locari.jp

出典: shutterstock

とはいえ、本当に彼が素っ気ない…ということもありますよね。

そんな時は、うまく自分の気持ちを伝えてみましょう。
感情的にならずに、「〜してくれたら嬉しいな。」と優しい口調で伝えるのがポイント。

うまく甘えるコツを掴んでおくといいかもしれません。

甘え上手な女子は、ストレートにおねだりすることができます。自分がして欲しいと思ったことを、素直に伝えることができるんですね。

出典:girlswalker.com

相手との距離感が近すぎる…

相手との距離感が近すぎる…

出典: shutterstock

彼との距離感が近すぎる、と感じることもあるでしょう。

仕事や学校で忙しいのに、頻繁に連絡や会うことを求められてしまったら、困ってしまいますよね。

他にも、異性がいるコミュニティに参加することを嫌がられたり、スマホを勝手に見られたりしたら嫌な気持ちにもなります。

出典: shutterstock

このように価値観が違うと、相手のことを理解できずに感情的になってしまうこともあると思います。

しかしまずは、「自分のことをこんなに思ってくれているんだ」と前向きに考えることも大事です。

相手が束縛のようなことをするのは、確かに信用してくれていないからという面もありますが、それだけ相手のことを手放したくないと思っている証拠でもあります。

出典: shutterstock

その上で、「自分のことをもっと信用してほしい」ということを伝えましょう。
やはり信頼し合えていないとどんな人間関係も長続きしません。

「あなたとの関係をもっと良くしたい」という気持ちをしっかり伝えると、きっと相手もわかってくれるはずです。

あなたが他の男性のことを見る暇がないということを知れれば、独占欲も押さえるでしょう。

出典:smartlog.jp

ケース③:お金のトラブル

ケース③:お金のトラブル

出典: shutterstock

時間を共にしていると、避けては通れないのがお金の問題ですね。

特にデートの際に女子側がお金を払うべきか否かという問題はよく耳にします。

そこから喧嘩に発展することも多いようです。

出典: shutterstock

デートで喧嘩なんて絶対に避けたいところ。

そこで、一般的にどのような考えが多いのか見てみようと思います。
デート代はどのように負担し合っているカップルが多いのでしょうか。

Q.デート代はどちらが払いますか? もっとも近いものを選んでください。

・ほとんど彼(18.8%)
・彼:自分=7:3くらい(38.6%)
・割り勘(37.5%)
・彼:自分=3:7くらい(1.7%)
・ほとんど自分(3.4%)

出典:woman.mynavi.jp

出典: shutterstock

やはりお互いに出し合っているカップルが多いですね。

その時々のお互いの金銭状況に合わせてどちらが多く払うかを決めておいたり、相手が食事代を出すならその他の出費を自分が払うようにするとトラブルを防げるでしょう。

その他、交互に出し合ったり、奢られたらそのあとにちょっとしたプレゼントを渡すのもいいかもしれません。

もちろん、その場で感謝の気持ちを示すことも忘れないようにしましょう。

喧嘩だって、どんとこい

喧嘩だって、どんとこい

出典: shutterstock

喧嘩って、なるべくしたくないものですよね。
しかし、違う人間同士、どうしてもぶつかり合うこともあります。
もっと絆を深めるチャンスでもあるので、乗り越えていきましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。