ブラックコーヒーのほろ苦さはまるで彼のよう。忘れられない彼とさよならする方法
やきいもやきいも

ブラックコーヒーのほろ苦さはまるで彼のよう。忘れられない彼とさよならする方法

ブラックコーヒーの香りをかぐと思い出す彼のことが忘れられなくて。前に進むことができない私の心はいつまで経っても雨模様。今回は、そんな時に前に進む勇気をくれる4つのコトを紹介していきます。「彼に手紙をしたためて、ポイっと捨てる」「たくさん涙を流す」などの方法を紹介していきます。

更新 2020.04.13 公開日 2020.04.13

彼が好きだった、ブラックコーヒー

コーヒーがふわっと香ると彼のことを思い出す。

ブラックコーヒーを好んで飲んでいた彼。
そんな彼のことが忘れられなくて。
気分はいつまでも雨模様。

今回は、ふと思い出してしまう彼を忘れるための4つのコトを紹介していきます。

次の恋は心から笑えるように、ふと思い出す彼にさよならをしてみませんか。

|彼に手紙をしたためる

彼に向けて手紙を書いてみませんか。

彼の好きなところや2人の思い出、今思っていることなど。
心に残っていることを全て書き出してみると、すっきりするかも。

書き終えたら、きっぱり忘れるためにポイっと捨ててしまいましょう。
きっと、前を向く1歩に繋がるはずですよ。

焙煎した(こだわりの)レターセットに想いを綴る

レターセット カラード 5冊

¥1,663

どうせ捨てるなら紙なんて何でもいいと思う方もいるかもしれません。ですが、本当に彼に渡すつもりで書いた方が気持ちがこもって、ポイっと捨てる時もすっきりするかも。黒い文字が映えるレターセットをチョイスしてみませんか。

多機能ペン ジェットストリーム

¥643

今まで溜め込んだ気持ちを書いていく時に、書きづらいペンだと気持ちがのりきらなかったり、文字を書くことにストレスを感じてしまうかも。このボールペンはインクの乾きが速くなめらかに書けることが魅力的。ぜひ、チェックしてみてください。

|たくさん涙を落とす(流す)

彼のことを思い出すと涙が溢れてくるかもしれません。

そんな時は、我慢せずに涙を流しましょう。
涙を流すことで、暗い気持ちや心の疲れも一緒に流れ落ちるみたい。

泣くことは副交感神経を使ってリラックス効果を与えてくれるので、泣き終えた後はどこか清清しくて、それでいて心に開放感が得られます。

出典 w.grapps.me

|ブレンドした(入浴剤を入れた)湯船に浸かる

お風呂に入る時、シャワーだけで終わらせていませんか。

疲れを取るには、しっかり湯船に浸かることが大切です。
この時、リラックスできる香りの入浴剤やアロマキャンドルをバスタイムにプラス。
きっと、ほのかな香りや灯りに心が落ち着くはず。

森林の香りの入浴剤をセレクト

バブ メディケイティッド 森林の香り 6錠入

¥1,280

こちらは、森林の香りの入浴剤です。リラックスできる香りだけではなく、肩のこり、腰痛、疲労回復などの効能にも注目してみてください。1つ1つ小分けになっているのも嬉しいポイントです。

心落ち着く灯りにホッとする

ぷかぷかバスキャンドル

¥3,780

こちらは、お風呂に直接浮かべて使うバスキャンドルです。浴室を暗くして、湯船に灯りを灯したキャンドルを浮かべると、リラックスした気分になれるかも。贅沢なひとときを自分にプレゼントしてみませんか。
※火の取り扱いには注意してくださいね。

|甘いドリンクを味わう

懐かしい香り(ブラックコーヒー)に誘われて、いざ飲んでみたら、やっぱり苦いと感じる。
忘れられない彼の味。

そんな味、香りを忘れるために、自分の好きなドリンクを求めてお出かけしに行きませんか。
甘い香り、味。
自分の好きな一杯を求めて。

出合いと別れがあるお店

北海道にある2階建てのお店『FREAKY WARDROBE COFFEE(フリーキーワードローブコーヒー)』です。

可愛らしい見た目のドリンクに、思わずキュンときてしまうかも。
メニューは、行くたびに新しくなっているみたい。
お気に入りのドリンクはなくなってしまうかもしれませんが、次々と販売されるドリンクに注目してみてください。
きっと新しい出合いがあるはず。

飲み物だけではなく、サンドイッチなどのフードメニューもあるんです。
こんがり焼かれたサンドイッチは、お腹に幸せをもたらしてくれるかも。

また、お洒落な食器や雑貨類も販売されています。
お土産として購入してみてはいかがですか。

<店舗情報>
住所:北海道札幌市中央区北1条東5-10-7
定休日:なし
電話番号:011-596-0222

ほろ苦い味(思い出)にさよならを

彼との思い出は、幸せが詰まっていて離れがたい。
でも、いつまでも過去に囚われていては前に進めないから。
彼との思い出にさよならをして、前に進む1歩を踏み出してみませんか。

1歩踏み出すことができたなら、きっともう1歩、また1歩と前に進んでいけるはずですよ。

spacer

RELATED