「I can't speak English.」は卒業。道案内で知っておくと便利な英語フレーズ集
lumiukkolumiukko

「I can't speak English.」は卒業。道案内で知っておくと便利な英語フレーズ集

海外からの観光客に、英語で道を聞かれることもしばしば。ただ、自信を持って英語で話せないからといって「I can't speak English.」で対応を避けちゃってませんか?そこで今回は、道案内をする時・電車の案内を説明する時・行き方を提案する時別で知っておくと便利な英語のフレーズを紹介します。

更新 2020.07.07 公開日 2020.07.07

教えてあげたいけど、英語がわからない

友達とカフェを探して街を歩いていたら「Excuse me, Can you speak English?」と海外の人から話しかけられた。

困ってそうだから手助けをしてあげたいなと思ってるんだけど、英語で説明できる自信がないから「I can't speak English.」って言っちゃった。

「I can't speak English.」は卒業したいの

自信を持って説明できないからと断るのは、なんだか申し訳なくなっちゃうからどうにかしたいの。

そこで今回は、道案内で知っておくと便利な英語フレーズ集を紹介。
ちょっとだけでも対応ができるよう、いざという時のためにもフレーズを覚えておいちゃいましょう。

case 01|道案内をする時

まずは、「Could you tell me how to get here?(ここへの行き方を教えてくれませんか。)」と目的地までの道を聞かれた時のパターン。

<道の案内フレーズ>
・〜の所までまっすぐ行ってください:「Go straight until you get to〜」
・~を右に曲がってください:「Turn right at〜」
・〜を左に曲がってください:「Turn left at〜」
・〜の隣に:「To be next to〜」
・〜の前に:「To be in front of〜」
・〜の向かいに:「To be across from〜」

観光先で聞かれて、目的地がわからない場合もありますよね。
そんな時は、場所がわからないことも相手に伝えることがベター。

<場所がわからなかった時のフレーズ>
・それがどこにあるのか、わかりません:「I don’t know where that is.」
・ここは初めてなんです:「I’m a stranger here.」
・他の人に聞いてください:「Please ask someone else.」

道案内で便利な単語もチェック

道案内のフレーズと一緒に、覚えておくと便利な単語も紹介。

<道案内で使える単語集>
・信号機:「traffic lights」
・交差点:「intersection」
・歩道橋:「footbridge/overpass」
・曲がり角:「corner」
・横断歩道:「crossing」

case 02|電車の案内を説明する時

続いては、「How do I get to 〇〇 station?(〇〇駅にはどうやって行けばいいですか?」と電車の案内を聞かれた時のパターン。

<電車の案内フレーズ>
・そこは~駅目です:「It is〜stops(away).」
・〇〇番線から乗ってください:「Get on the train at platform number 〇〇.」
・駅員さんに聞いてもらってもいいですか?:「Would you ask the station staff?」

大都会の電車は乗り換えなどが複雑でよく迷ってしまう人もしばしば。
乗り換えの説明も英語でできたら、きっと便利なはずですよ◎

<乗り換え案内フレーズ>
・〇〇駅で降りてください;「Get off at 〇〇 station.」
・〇〇駅で電車に乗ってください:「Take the train at 〇〇 station.」
・〇〇駅で△△線に乗り換えてください:「Transfer to the △△ Line at 〇〇 station.」

電車の案内で便利な単語もチェック

電車の案内のフレーズと一緒に、覚えておくと便利な単語も紹介。

<電車の案内で使える単語集>
・改札口:「ticket gate/ticket barrier」
・電車のホーム:「platform」
・出口:「exit」
・~線:「Line」

case 03|行き方を提案する時

時間がある時や丁寧に説明したい時など、目的地までの行き方を提案するのもいいかも。

<提案をする時のフレーズ>
・一緒に行きましょうか?:「Shall I go with you?」
・私もそっちの方面に行くので、一緒に行きましょう:「I'm going to the same direction, so let's go together.」

案内をしている時の会話もチェック

一緒に目的地に行く場合など、案内をしている時の会話も一緒にチェックしておくと道案内がもっと楽しくなるかも。

<案内中の会話フレーズ>
・日本は初めてですか?:「Is this your first trip to Japan?」
・日本で何をしましたか?:「What have you done so far?」
・日本でやってみたいことはありますか?:「Do you have something you want to try in Japan?」

<別れ際の会話フレーズ>
・残りの滞在も楽しんで:「Enjoy the rest of your stay!」
・気をつけてくださいね:「Good luck!」
・問題ないですよ(どういたしまして):「No problem!」
・どういたしまして:「My pleasure.」

+α|アプリに頼ってもいいじゃない

どうしても英語を話す自信がない。
そんな時は、アプリに頼ってみるのもいいかも◎

『Google翻訳』は、103言語を翻訳することができるアプリ。
カメラを向けるだけで画像内のテキストを瞬時に翻訳する機能も備わっているので、道案内には役立つこと間違いなしです。

日頃から道案内の英語を学びたい人はこちら

道案内用に厳選された100の例文が含まれている『1日5分で道案内の英会話』。
1日5分で学習できるので、通勤・通学中や休憩中などの隙間時間を有効活用できるんですよ。

英会話講師が作った英語学習アプリ『Real英会話』。
実際にネイティブが使う生きた日常英語フレーズが提供されているそう。
4種類のフレーズクイズ形式で出題されるので、楽しく英語学習ができちゃうはず。

自信を持って道案内をしてあげて

自信を持って道案内ができないからって断るのは、ちょっと申し訳ない気持ちになりますよね。

海外の人がいい旅行ができるよう、頑張って対応をしてみるのも大事かも♡

spacer

RELATED