8割のMEN'Sは聞きたくないってよ。NGワード「元彼」を回避して恋愛上手に
りーりー

8割のMEN'Sは聞きたくないってよ。NGワード「元彼」を回避して恋愛上手に

男性の8割以上が聞きたくないと思っている彼女の過去の恋愛について。でも、別に彼を傷つける気はなくても元彼を思い出してしまうシーンって日常の中にありますよね。例えば一緒に行った場所や貰ったものを見た時。いかに元彼という存在を回避して、今の彼と幸せになれるかの方法をご提案します。

更新 2020.04.06 公開日 2020.04.06

こんな経験ある?

仲良く話をしていたと思ったのに、急にそっけなくなった。何だか彼の様子がおかしい。

私、何かしたっけな。
思い当たることといえば…あれくらい。

もしかして「元彼」って言っちゃったからなの?

8割以上の男性が嫌みたい

世の中的には、何気なくこぼれた一言でも「元彼」とのエピソードはできれば聞きたくないという男性が多数派なんです。
彼と一緒にいる時、思わず「元彼」と口走りそうになるタイミングで役立つ対応をお教えします♡

Q.彼女の口から、過去の恋愛話を聞きたいですか?

・聞きたい……17.5%
・聞きたくない……82.5%

出典 woman.mynavi.jp

聞きたくないのはこんな理由

比較されるのが嫌

元彼の話をなぜ聞きたくないか、その理由は人によって様々ですが、ここでは主に3つをご紹介します。

1つ目、元彼と自分を比較されているみたいに感じるのが嫌だから。
誰かと比べられて嬉しい人ってあまりいないと思うけど、それが好きな人の元彼なら尚更いい気持ちではいられないのかも。

・「今は自分と付き合っているから、元彼と比較されているように感じると思う」(30歳/運輸・倉庫/その他)

出典 news.nicovideo.jp

嫉妬をしてしまうから

2つ目、過去のことだとは分かっていても嫉妬をしてしまうから。
今付き合ってるのは自分なんだ!そう自分に言い聞かせようとしても、やっぱり嫉妬の感情は芽生えてくるみたい。
自分とはまだ話していないことを元彼は知っているんだとか、まだ元彼にしか見せていない一面があるんじゃないかとか、気になることはたくさん出てくるのかも。

・「嫉妬してしまい、ずっと気になってしまうから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/販売職・サービス系)

出典 news.nicovideo.jp

単に興味がない

3つ目、単純に過去には興味がないから。

過去は過去、今は今、と簡単に割り切れるタイプの人も中にはいます。興味がないから別に聞きたいとは思わないということですね。

「過去のことだからどうでもいい」(23歳/その他/その他)

出典 woman.mynavi.jp

小悪魔的に「元彼」を利用するのもアリ?

でも、あからさまに嫉妬されると何かかわいいと思ってしまったり。
全然興味がなさそうにされると少し嫉妬させてみたいと思ってしまったり。

小悪魔な女の子もいるかもしれませんね♡

そんな時は会話の端々に元彼の話題を出してみて、軽〜く嫉妬心を煽ってみると恋愛上手になるのに効果的かも。嫉妬は恋のスパイスになるって言いますから。

でも、くれぐれもやりすぎには注意です!
本気で嫌がる人がいることも忘れないでくださいね。

「元彼」の記憶が蘇るシーン

では、女の子が元彼を思い出してしまうのはどんな時でしょうか。
別にもう好きなわけじゃないし、彼を傷つけるつもりもない。ただ何となくこんな時もあったな〜と記憶が蘇ること、あるでしょ?

~〜それはひと夏の思い出で〜~

シーン1|元彼と一緒に訪れた場所に来た

元彼がデートで連れてきてくれた場所を久々に訪れた。または意図せずたまたま通りかかった。
「ここ来たことあるの?」彼にそう聞かれたら、なんて答えるのがいいのでしょう。

→「うん、友達とね」

嘘をついて初めて来たフリをするのは罪悪感が大きい。
ボロが出てしまって突き通せないというリスクもあります。
なのでここは、「前に友達と来たことあるよ」と答えておきませんか?

シーン2|元彼に貰った物が出てきた

プレゼントされた物を見れば、やっぱりくれた人の顔が浮かびます。よく“物に罪はないから”と元彼に貰ったものでも取っておく人もいますよね。
もしも彼が「これかわいいね」とその物の存在に触れてきても、何でもない顔をしていられますか?

→何でもない日のプレゼント

どうしても元彼の顔は浮かんでくるし、何でもない顔をしていられない。でもわりと値段のするものだし、捨てることもできない。

そんな時はスパッと売ってしまえばいいんです。

手にしたお金は彼へのちょっとしたプレゼントとか、二人で食べる美味しいごはんへの資金にしてみて?
きっと幸せいっぱいになるから♡

シーン3|元彼の香りが漂ってきた

女性は香りに敏感な生き物らしい。
いつか何処かで嗅いだことのある香りだと思ったら、元彼の香水と同じだ。
街を歩けばそんなシーンに遭遇することもあります。

→上書き保存をしてしまおう

幸いなことに、恋愛において女性は“上書き保存”ができる生き物でもあるんだとか。
元彼の香りが思い出せなくなるくらい、今の彼の香りを覚えておいてください。
お互いに香りを選び合う香水探しのデートなんかも素敵です。

シーン4|深夜の謎タイム

夜も深まったAM2:00頃。
謎に感傷に浸るタイムが訪れる日ってありませんか?

友達とあんなことをしたな〜とか、あの時もっとこうすれば良かったとか、過去のことを振り返ってみたりする。
懐かしい思い出の片隅に元彼の存在もちらり。

→素直に伝える

素直に気持ちを口にすることはカップルの間でとても大切にすべきこと。
昔の思い出に浸っていたら何となく寂しくなって、「声が聞きたくなったんだ」とか、これからの人生を考えたらあなたがいてくれることが嬉しくて、「早く会いたいな」とか。
ちょっと恥ずかしいようなことかもしれませんが、たまには素直に伝えてみてもいいと思います。
彼は喜んでくれるはず。

秘めておくのが◎

「元彼」というワードはなるべく口にしないように。
自分の中の良き思い出として秘めておいてくださいね。

そして恋愛上手になって、今の彼と幸せになれる道を歩んでいってください♡

spacer

RELATED