"オーガニックナプキン”って知ってる?メリット&デメリットを知って自分の肌を労わろう

今まで考えたことがなかった。デリケートゾーンを大切にするということ。時にはオーガニック仕様のナプキンに変えて肌や身体を労ってみませんか。この記事ではオーガニックナプキンのメリット・デメリットとおすすめのオーガニックナプキンを5つご紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

今まで考えたことなんてなかった

今まで考えたことなんてなかった

出典: jp.pinkoi.com

今まで考えたことなんてなかった。
直接肌に触れるナプキンのこと。
直接体に触れるものもオーガニックの方がいいという考え方がある、ってこと。

初めて知ったオーガニックナプキンの存在。
この記事ではオーガニックナプキンのメリットとデメリット、おすすめのオーガニックナプキンをご紹介します。
では、早速メリットから見ていきましょう。

そもそもオーガニックナプキンって何?

化学繊維を使わない肌に優しいナプキン

化学繊維を使わない肌に優しいナプキン

出典: snapmart.jp

そもそもオーガニック仕様のナプキンとはポリプロピレンなどの化学繊維は使用せず、無農薬のオーガニックコットンを使うなど、独自の基準で作られているナプキンを指しています。

吸収剤も自然由来のものを使うなど、デリケートゾーンへの優しさにこだわっているのだそう。

オーガニックナプキンとは?

原材料にオーガニックコットンを使用した使い捨てナプキンで、吸収性ポリマー(高分子吸収材)の代わりに植物性のパルプなどを使用しているものが多い。昨今のオーガニックブームを受けて、日本でも購入できる製品の選択肢が急速に広がっている。

出典:www.womenshealthmag.com

なんで注目されているの?

ナプキンの材質を見直すという考え方から

ナプキンの材質を見直すという考え方から

出典: snapmart.jp

海外発のオーガニックナプキンのブランドサイトや、実際にオーガニック仕様のナプキンを使った人たちから、既存のナプキンの材質を見直すという動きが数年前からあるようなのです。

しかしその考え方には様々な説があり、どちらが正しいとは一概に言えない状況のようです。

紙ナプキンの一番のデメリットは、かぶれることですよね。肌ざわりがよく、かぶれにくいのは、コットンのメリットです。ただし、経血がモレにくく、服に響かないという面から考えると、一般的な紙ナプキンの方が優秀だと思いますよ。

出典:lulucos.jp

メリット1:かぶれにくい

メリット1:かぶれにくい

出典: snapmart.jp

メリット一つ目はかぶれにくいということが言われています。
化学繊維を使わず、無農薬コットンや塩素系の漂白剤不使用という素材を使った海外製の商品や、国産のアイテムに注目が集まっています。

オーガニックコットンのため、デリケート部分の肌にあたってもやはりケミカルなものと違って肌には大変やさしいですよ。肌がかぶれやすい人、痒みが出やすい人にはすごくいいと思います。

出典:tobuy.jp

メリット2:ムレにくい

メリット2:ムレにくい

出典: snapmart.jp

二つ目のメリットはムレにくいということ。
通気性を重要視して、ムレにくという設計なので生理独特の匂いが気にならなくなり、肌への負担も軽減されるんだそう。

オーガニックコットン100%のシートは通気性ばつぐん。ビニールシートのように湿気がこもりにくいから、ムレることで起こりやすくなる「肌への負担」や「におい」、「かゆみ」などを抑え、肌に優しく快適に過ごせます。

出典:www.cotton-labo.co.jp

メリット3:冷えにくい

メリット3:冷えにくい

オーガニックナプキンのメリット三つ目は冷えにくいといこと。
一般的なナプキンに使用されている、吸収性ポリマー(高分子ポリマー)が、冷えの原因ではないかという見解から、オーガニックナプキンの中には、ポリマー不使用という商品も。

このほか、化学繊維を使用してないという点で、オーガニックコットン使用のナプキンに温かさを感じるという使用感想もあるようです。

デメリット1:通常ナプキンより漏れやすい

デメリット1:通常ナプキンより漏れやすい

出典: snapmart.jp

一方で一般的なオーガニックナプキンには、通常のナプキンにある吸水性ポリマーがついてないため漏れやすいというデメリットもあるみたい。

量が少なく、一日家にいる時は良いですが長くトイレに行けない時や量の多い日は従来品を使ったほうがいいかもしれません。

吸水ポリマーがないため、長くトイレに行けないとか、生理時の量の多い時等オーガニックコットンナプキンの場合漏れてしまう心配もあります。

出典:www.womenshealthmag.com

デメリット2:価格が高い

デメリット2:価格が高い

出典: snapmart.jp

二つ目のデメリットは通常のナプキンよりも価格が高めということ。
コスパの観点から、最初は使いたいと思っていても結局、従来品に戻るという人も。吸水性が低いため何回も替えないといけないんだとか。
本当に必要と感じたときから試してみるのがいいかもしれません。

おすすめのオーガニックナプキン

目を引くお洒落なパッケージ|シシフィーユ

シシフィーユ サニタリーパッド

商品

シシフィーユ サニタリーパッド

¥660

目を引くお洒落なパッケージが可愛いですよね。
オーガニックコットン100%で吸収性ポリマー不使用というこちらのブランド。ナプキンのトップシートには環境に負担の少ない漂白法を採用しているそうです。

凸凹加工で負担軽減|はだおもい

ソフィ はだおもい

商品

ソフィ はだおもい

¥380

凸凹加工によって肌に直接触れる部分を少なくするなど、独自の工夫がされています。
上層部はオーガニックコットン100%で、ポリマーも不使用。コットンならではの特性で汗もこもりにくいのだそう。

触り心地ふわっふわ|コットン・ラボ

オーガニックコットンナプキン

商品

オーガニックコットンナプキン

¥297

肌触りの良さを目指した商品で付け心地はふわふわなんだとか。
さらにユーザーの声に応えて、ノンポリマーに改良したのだそう。初めて使う場合は少ない日から試してみても。

世界70カ国で発売|ナトラケア

ナトラケア

商品

ナトラケア

¥618

1980年代からオーガニックナプキンを手掛けているというこちらのブランド。
現在でも世界70カ国で発売されている人気の商品です。

初めての方におすすめ|ナチュラムーン

ナチュラムーン

商品

ナチュラムーン

¥511

初めての方におすすめなのがナチュラムーン。

普通の日用、多い日の昼用・夜用、羽のあるなしなど、バリエーションが豊富なので、シーンに合わせて選べる点もうれしいですね。

自分の肌を労って♡

自分の肌を労って♡

いかがでしたか?
直接肌に触れる部分だからこそ、オーガニック仕様のナプキンを試してみるのもいいかもしれませんよ♡
ぜひ参考にしてみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。