3ヶ月後~訪れるマンネリ化…。付き合ったばかりのラブラブを取り戻す4つの方法
kpin127kpin127

3ヶ月後~訪れるマンネリ化…。付き合ったばかりのラブラブを取り戻す4つの方法

誰が見てもラブラブだったのに、今では何でもマンネリ化してドキドキもない…。もしかしたら、それは倦怠期のサインかも!この記事では、そんな倦怠期を乗りこえるための4つの方法をご紹介。思い出話・自分磨き・笑い・交換日記がキーワード。倦怠期がまだ来ていない人も今のうちに知っておくことで、倦怠期を回避できるかもしれません。

更新 2020.03.07 公開日 2020.03.07

|3ヶ月後~訪れるマンネリ化

付き合ったばかりの頃はラブラブだったのに、今では何もかもがマンネリ化してしまい、ドキドキもない…。
そんな倦怠期を乗りこえられず、別れてしまうパターンもあるあるですよね。

この記事では、そんな倦怠期を乗りこえるためにするべき4つのことをご紹介。
倦怠期がまだ来ていない人も今のうちに知っておくことで、倦怠期を回避できるかもしれません。

1.一緒に思い出を振り返る

まずは、一緒に付き合ったばかりの頃の思い出を振り返ってみましょう。
カメラロールやインスタを一緒に見ながら振り返って、思ったことを声に出してみて。

「○○に行った時のこれおいしかったなー。」
「○○の時~してくれてすごく嬉しかった、ありがとう。」
など、思い出を共有すると、聞いていて彼氏も嬉しいですよね。

とにかく共通の話題で会話をすることが大事!

彼氏にどれだけ愛されていたか、改めて気づけるチャンス♡

2.自分磨きで新たな一面を見せる

倦怠期の原因はマンネリ化。
「もしかして、私に飽きちゃった…?」

新しいことにチャレンジをして、内面から自分を変えていきましょう!

新しいことを始めることで、たくさんの刺激を受けますよね。
その刺激で、物事に対する感情や見ていた世界が変わって、新たな魅力が詰まった女性になれるかも。

あまりにも自分磨きに力を入れすぎて、彼氏と会う時間がなくなっちゃった!なんてことがないようにご注意を。
あくまでも、「彼氏に惚れ直させることも狙った自分磨き」だから没頭しすぎないようにほどほどに…。

3.一緒に笑う回数を増やす

笑っている時って幸せですよね。
一緒に思い出を振り返ると同じく会話の時間を作ることが大事。

どんなに些細なことでも一緒に笑うことで、彼氏との仲が親密になった気分になりませんか?

普段から同じものを見て笑ったり、冗談を言い合うなど、彼氏を笑わせようと努力することは、彼氏とよい関係でいるための重要なポイントの一つ。

彼氏をからかうのは逆効果だから気を付けて。

そんなつもりはなくても、彼氏をからかったり、傷つけちゃうのはNG。
自分がされても嫌だよね。

話す内容には十分注意して、笑いを共有しよう!

4.素直に言えないなら交換日記に

自分磨きはできても、口下手で会話は苦手かもという人は、彼氏と交換日記をしましょう!
LINEや電話ではなく、あえてアナログに戻ってみませんか。

今はSNSが普及してるから、LINEをすることは日常生活では普通のことですよね。
だからこそ、交換日記をおすすめしたい!

お互いのことを思って、時間を費やして書いたと思うと、読んでいてより嬉しい気持ちになるかも。

口ではうまく言えないことも、紙になら素直に書けるかも♡
交換日記を続けることで、次は何を書いてくれるかなというワクワク・ドキドキが芽生えたりして…。

|おばあちゃんになっても一緒にいたい

おばあちゃんになっても一緒にいたいから、少しの努力も惜しみません。

・一緒に思い出を振り返る
・自分磨きで新たな一面を見せる
・一緒に笑う回数を増やす
・素直に言えないなら交換日記に

これであなたがずっと幸せでいられますように♡

spacer

RELATED