甘い会話と同じくらい爆笑トークもしたい。彼とのおしゃべりを楽しくする漫才メソッド

この記事では、彼との会話を盛り上げて楽しい時間にするために意識したいポイントをいくつかご紹介しています。やはりトークの面白さを磨きたいのであれば、参考にしたいのはお笑い芸人の方々のような気がします。漫才のボケ・ツッコミを女の子らしく取り入れて、デート中の雑談も笑いの絶えない時間にしていきましょう。

彼との会話、もっともっと楽しみたい

彼との会話、もっともっと楽しみたい

出典: snapmart.jp

大好きな彼とは何を話していても幸せ。
彼の何気ない言葉も、私だけが聞いているんだと思うと嬉しくなっちゃう。
多分ね、私たちの甘い会話スキルは一級ってことだと思うんです。

でも、これからはお腹を抱えて笑っちゃうようなお話もしていきたい。
爆笑トークも二人で繰り広げられたら最強だもん。

笑いのプロから知恵を拝借しましょう

笑いのプロから知恵を拝借しましょう

出典: jp.pinkoi.com

そこでご紹介していきたいのが、二人の笑いを誘うトーク術。

やっぱり何かのスキルを磨きたいのなら、そのプロから学ぶのが一番です。
では今回は、笑いのプロ、お笑い芸人の方々から知恵を拝借するとしましょう。

二人のトークを面白くする漫才メソッド

二人のトークを面白くする漫才メソッド

彼とのおしゃべりとお笑い芸人の方々が行っていることで関連深いものといえば…漫才なのではないでしょうか。雑談も漫才も会話があるという点では一致していますからね。

それでは、ここからカップル間でのお話をより面白いものにするために意識したい漫才メソッドをいくつかご提案していきます。
参考にできそうなものは、ぜひ次のデートから活かしてみてくださいね♩

①トークテーマは何気なくてよし

①トークテーマは何気なくてよし

面白い話をしなきゃ…と深く考えて、凝った話題を探さなくてもいいんです。
テレビで見るお笑い芸人の方の漫才も、「最近ハマっているもの」など何気ないテーマから始まっているものだって多いはず。
爆笑トークを生むのにテーマへのこだわりはそこまで必要ない気がします。

二人の会話を誰かに披露するわけでもありませんしね。トークは気軽にスタートしましょう。

例えば:昨日友達と遊んだことについて

例えば:昨日友達と遊んだことについて

出典: jp.pinkoi.com

例えば、昨日友達と遊んだことからだっていろいろなトークテーマが広げられます。

・友達と行ったお店がよかったからデートでも行きたい件
・昨日史上一番面白かった友達の発言を聞いてほしい件

などなど、話そうと思えばいくらでもテーマは出てくるものなんですよ。
話す内容が尽きた、なんてことはないんです。
当たり前なことのように聞こえますが、意外と見落としがちなことじゃないかなと思います。

例えば:少しムッとしたことについて

例えば:少しムッとしたことについて

出典: jp.pinkoi.com

生きていれば多少なりとも発生するムッとする事件。
このような話題は、ただ怒りを感情にまかせて報告するのではなく、疑問形を取り入れたり、オチをつけたりしたほうがよさそうです。

例えば、満員電車で強く押された話をする際、
・満員電車で上手く立ち振る舞うテクニックはあるか?
・強く押された結果かなりのベストポジションにありつけた
など、彼も参加できるような話し方をするのがおすすめ。

日ごろの愚痴もこのやり方なら打ち明けやすくなるかもしれませんので、ぜひ参考にしてみてください。

②可愛くボケて彼のツッコミを誘おう

②可愛くボケて彼のツッコミを誘おう

テーマが決まったら、次はボケを取り入れてみましょう。
ただ、いくらボケても彼がツッコんでくれなければ意味がありません。彼のツッコミを誘う言い回しで、話の流れを少し変えてみましょう。

例えば:あえてのマジレス

例えば:あえてのマジレス

いやそんなこと言われても難しいよ!という方のために簡単な例をあげてみます。

それは、あえてのマジレス。
彼の冗談めいた発言について、あえて真面目な回答をすること。これがあえてのマジレスです。

ただ、的外れなところでのマジレスは話をつまらないものにしてしまいますし、使い過ぎもこれまた面白みに欠けます。
使用箇所と使用頻度には注意しましょう。

すべることへの心配は無用!

すべることへの心配は無用!

やっぱりボケの技術を磨くには場数を踏むのが大切。
もし彼が「?」の顔をしていて(すべってしまった…)と思っても、これも一つの面白エピソードとして前向きに捉えましょう。

私たちは笑いのプロではないですからね。
そこは気楽にいくのがベストです♩

③ツッコミだって可愛らしくね

③ツッコミだって可愛らしくね

出典: jp.pinkoi.com

ボケてばかりじゃいられません。
必要に応じて彼の話にツッコミを入れられるとより話が盛り上がるはずですよ。

でも、真顔で言及していたらちょっぴり怖いもの。
可愛い彼女らしく、笑顔で言葉をかけられるといいですね。

例えば:語尾に変化をつけて

例えば:語尾に変化をつけて

出典: shutterstock

ツッコミと可愛さの融合を目指すなら、言い方に多少の工夫が必要かもしれません。
語尾をはねてみたり、伸ばしてみたり。

笑顔で可愛くツッコめば、彼もニコニコ笑ってくれるはずですよ。

例えば:単語の復唱でもアリ

例えば:単語の復唱でもアリ

出典: jp.pinkoi.com

すぐさまツッコミワードが出てこないときは、変に考えず彼の発言にあった印象的な単語を復唱しちゃうのもアリ。
「え!○○!!」と、ちょっぴり大きめのボイスで言うのがポイント。スピード感も大切です。

④オチの有無は気にしすぎないこと

④オチの有無は気にしすぎないこと

出典: jp.pinkoi.com

楽しく会話が始まって、お互いボケたりツッコんだりでいい雰囲気。
あ…。話の途中でオチを見失ってしまいました。

大丈夫、そんな時も気に病むことはありません。
オチがないという一つのボケってことにもできますしね。二人の会話においては、オチの有無はそこまで関係ないはずです。

目的は彼と楽しく話すことだから♡

目的は彼と楽しく話すことだから♡

出典: jp.pinkoi.com

というのも、本来の目的は言葉巧みにトークバトルを繰り広げることではなく、ただ彼と楽しく話をすることだから。

二人が楽しければなんでもあり、な優しい世界。
自然体でおしゃべりする、というのがとっても大切なんですよ。

もうええわ!はトーク終了の合図

もうええわ!はトーク終了の合図

二人の会話はまるでネタ合わせ?
毎日の会話に漫才メソッドを取り入れて、和気あいあいとしたトークをお楽しみください。

それでは、ここまでご覧いただきどうもありがとうございました~♩

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。