お金と時間が無くても美術館に行けるひみつ道具って?スマホでアートトリップの提案

美術館や旅行に行きたいけれど、金欠だし忙しい。でも『Google Arts & Culture(グーグル アーツアンドカルチャー)』なら、あなたの自宅が美術館や観光名所に。オルセー美術館だってタージマハルだってすぐそこ。タイムトラベルもできちゃう?自撮りで自分とそっくりな作品を探してくれる楽しい機能も。

美術館に行きたいけど、お金も時間もない…

美術館に行きたいけど、お金も時間もない…

出典: unsplash.com

美術館に行きたいけれど、お金も時間も余裕がなくてなかなか行けない…なんてお悩みのカルチャー女子もいるのではないでしょうか。

今回はそんな忙しいあなたのお悩みを解決してくれる、あるひみつ道具をご紹介します。

スマホでアートトリップしてみない?

スマホでアートトリップしてみない?

出典: shutterstock

ひみつ道具と言っても、『Google Arts & Culture(グーグル アーツアンドカルチャー)』というアプリをインストールするだけ。

このアプリを開けば、いつでもどこでもあなたをアートの世界へ連れて行ってくれるんです。

どんなことができるの?

バーチャルツアー

バーチャルツアー

出典: shutterstock

このアプリの魅力は、なんと言ってもバーチャルツアーができること。
ストリートビューで、世界中にある1200以上もの有名な美術館の中や世界遺産などを見ることができるんです。

どんなに大きな美術館だって、迷子になることはありません。

タイムトラベルもできちゃう!?

タイムトラベルもできちゃう!?

出典: unsplash.com

そして美術館に関しては、なんと今展示されているものだけでなく過去の展示も見ることができるものもあるんです。

アプリを入れるだけでタイムトラベル体験ができちゃうなんて、SFみたいでワクワクしちゃう。

ガイド付きツアー

ガイド付きツアー

出典: unsplash.com

ガイド付きツアーでは、有名な作品の詳しい解説を読みながら作品を鑑賞することができます。

このアプリ、デフォルトの言語は英語ですが、翻訳機能がついているので安心です。
ただ、完全に正確な日本語に翻訳してくれるわけではないので、英語がある程度読める方は英語で使うのがおすすめ。
英語の勉強にも使えそう。

ズームビュー

ズームビュー

出典: unsplash.com

美術館で展示されている作品って、ガラスで保護されていたり、近づける距離はある程度決まっていますよね。

でも、このズームビューなら、いくら作品に近づいたって大丈夫。

出典: shutterstock

お気に入りの作品やアーティスト、細部まで見たいものなどを検索して、出てきた画像を拡大するだけ。
ホーム画面に出てきたおすすめの作品をズームするのも楽しい。

これで混んでいるからと言って近くで見ることを諦めることもありません。

世界、歴史、文化を知る

世界、歴史、文化を知る

出典: unsplash.com

このアプリ、美術館を探検したり名画を鑑賞したりできるだけではありません。
「デイリーダイジェスト」では、世界のアート・文化に関するニュースや歴史についての記事が流れてきます。

出典: unsplash.com

世界の食文化、社会問題についてなど、他にも取り扱うテーマは本当に幅広いです。
アプリを開くたびに新しいことを学ぶことができると言えるほど記事の内容が充実しているので、きっと飽きることはありません。

アプリを開けば知らず知らずのうちに教養が身に付いちゃうかも。

アートセルフィー

アートセルフィー

出典: unsplash.com

そして、友達と共に使いたい楽しい機能「アートセルフィー」。

自撮りをするとその写真に基づいて世界中の美術館や博物館のコレクションから自分に似た人物が描かれた作品を探すことができちゃうんです。

購入はこちら
購入はこちら

|番外編|アナログアートトリップノススメ

|番外編|アナログアートトリップノススメ

出典: unsplash.com

アプリが楽しくてついついスマホの画面を見すぎて、目が疲れちゃった。

そんな時は、アナログにアートトリップもおすすめ。
アート系の雑誌も、読んでるだけで楽しいから行った気分になれそう。

BRUTUS

商品

BRUTUS

¥1,900

『BRUTUS(ブルータス)』は、ファッション、アート、食べ物など様々なテーマを取り扱うアート&カルチャー雑誌。
こちらは2019年8月号。
雑誌はバックナンバーを読むのもまた楽しいですよね。
比較的幅広い層に向けられているから、誰でも読みやすい。

出版社:マガジンハウス

Pen

商品

Pen

¥730

『Pen(ペン)』もまた、ファッションやカルチャー、プロダクトなどを手広く扱う雑誌。
「上質な日常はすぐそこにある」をコンセプトに作られています。

出版社:CCCメディアハウス

美術手帖

商品

美術手帖

¥1,760

こちらは上の2つとは違い、専門性の高い代表的な美術誌。
資料性が高く、どの号もかなり充実した内容となっています。
美術について詳しいあなたも、興味を持ち始めたあなたも、是非読んでみて。

出版社:美術出版社

あなたはどこにだって行ける

あなたはどこにだって行ける

出典: unsplash.com

今回ご紹介した他にもGoogle Arts & Cultureにはまだまだ楽しい機能があるので、是非アプリ内を探検してみて。

金欠だって忙しくたって、どこでもドアがなくたってあなたのいる場所が行きたい場所になる時代。
テクノロジーを活用して、やりたいこと全部叶えよう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。