パリの美術館、実は手元でも。無料&高画質の絵画ダウンロードサービスをご紹介

フランスのパリは海外旅行で行ってみたい場所として挙げられるでしょう。有名な美術館も集結している都市です。そんなパリにある14の美術館にある約10万点の所蔵品が高画質で自由にダウンロードできるサービスが2020年に開始されました。今回は特徴、ダウンロードの仕方、活用法をご紹介。まるで美術館にいるような気分が味わえるかも。

フランス・パリは一度は行きたい憧れの地

フランス・パリは一度は行きたい憧れの地

出典: snapmart.jp

海外旅行って普段とは違った体験ができるので心が躍りますよね。
とくにフランス・パリは一度は行ってみたい場所の一つに挙げられるのではないのでしょうか?

美術館巡りも絶対にしたいんです

美術館巡りも絶対にしたいんです

パリといえば美術館も豊富にありますよね。
ルーブル美術館やオルセー美術館など、名実ともに素晴らしい美術館が集まっている都市でもあります。

名画たちが手軽に見られるとの噂

2020年1月8日に情報が解禁されました

2020年1月8日に情報が解禁されました

出典: shutterstock

この情報が解禁されたのは2020年1月8日のこと。
公的機関である「ParisMusées」が作品の認知度を高めるためなどの理由で、インターネット時代のための新しい著作権ルールである「クリエイティブコモンズゼロライセンス」を採用しサービスを開始しました。

この狙いについてParisMuséesは「コレクションの普及を強化して芸術と文化へのアクセス促進をはかり、作品の認知度を高めることでフランスおよび海外の地方コレクションの知識を高めたい」とコメントしている。

出典:kai-you.net

パリ市内14の美術館の所蔵品が閲覧可能

パリ市内14の美術館の所蔵品が閲覧可能

出典: snapmart.jp

閲覧できるのはパリ市内にある14の美術館が所蔵する作品たち。
パリに旅行をしたとしても旅行期間内で14の美術館をすべて回るということはほぼ不可能だと思うので、こうやって一つにまとまっているとかなり便利ですよね。

なんと10万点の作品が高解像度で見られる

なんと10万点の作品が高解像度で見られる

閲覧できる作品数はなんと約10万点以上もあるとのこと。
しかも高画質で見ることができるので、作品のディテールまでチェックすることだってできちゃいます。
こちらのネイルのモチーフとしても取り入れられている、「睡蓮」で知られているクロード・モネなど一流の画家の作品ももちろん見られますよ。

ダウンロードの方法をご紹介

①「ParisMusées」をウェブで検索!

①「ParisMusées」をウェブで検索!

出典: unsplash.com

ここからはダウンロードまでの流れをご説明します。

まずはダウンロードができるサイト「ParisMusées」を検索して開いてください。
そうするとフランス語で公式サイトが表示されます。
自動で翻訳してくれる機能が備わっているグーグルなどのサイトから検索をすると便利かも。

公式サイトはこちら(フランス語)

②「COLLECTIONS」を押す

②「COLLECTIONS」を押す

出典: shutterstock

次にページの上の方にある「COLLECTIONS」部分を押します。
するとLES IMAGES LIBRES DE DROITSと書かれた部分があるのでそこの横にある青いボタンをクリック。
すると絵画たちがずらっと表示されるページが開きます。

③お気に入りの絵画の「VOIR」部分を押す

③お気に入りの絵画の「VOIR」部分を押す

出典: shutterstock

絵画が表示されるページの左端にはワードを入れて検索できる窓があるほか、美術館別、カラー別に調べることが可能です。
自分がダウンロードしたい絵画が見つかったら「VOIR」を押します。
そうすると、その作品のみのページに移動します。

④Téléchagerを押してダウンロード開始!

④Téléchagerを押してダウンロード開始!

出典: shutterstock

ダウンロードしたい絵画のページにある、絵の下に表示される「Téléchager」のボタンを押したらダウンロードがスタートします。
たったこれだけのステップで絵画を楽しめちゃうなんてとっても便利ですよね!

どうやって楽しむことができそう?

どうやって楽しむことができそう?

出典: unsplash.com

気になる絵画を手に入れたら、せっかくなのでいろいろな方法で楽しみたいですよね。
そこで筆者おすすめの4つの楽しみ方をご提案します。
もっと美術の世界を知りたくなっちゃうかも。

待ち受け画面にしていつでも

待ち受け画面にしていつでも

出典: unsplash.com

スマートフォンやパソコンなどの待ち受け画面に設定すれば、いつでも楽しむことができるかも。
いろいろダウンロードをして、着せ替えをしてみてくださいね。

小さくプリントしてスマホのケースに

小さくプリントしてスマホのケースに

小さくプリントしてスマホケースとして取り入れたら、オリジナルのケースが完成しそう。
絵画を挟むならクリアケースがおすすめ。
気分によって挟む絵を変えることで何通りも楽しめそう。

インテリアとして取り入れる

インテリアとして取り入れる

出典: snapmart.jp

インテリアとして取り入れてみると、おしゃれなお部屋へのグレードアップに一役買ってくれそう。
大きく印刷したらポスターっぽく貼ることができるしミニサイズで印刷したらポストカード風にもできるでしょう。
好きなサイズに印刷して、壁に貼るだけで華やかになりそう!

自分の好きな絵画をセレクトしてまとめる

自分の好きな絵画をセレクトしてまとめる

趣味の一環として好きな絵画を印刷してノートにまとめ、自分だけの図録を作ってみるのも面白いかも。
マスキングテープやカラーペンで作品に関する情報をまとめてみると、さらに中身のあるものになりそう。
自分が今まで行った美術展のチケットも一緒にまとめておけば、思い出として振り返ることもできそう。

美術も手軽に楽しめる時代へ

美術も手軽に楽しめる時代へ

出典: unsplash.com

今までは美術品を見に行くのは直接美術館へ行くか図録を見るかしかなかったかと思います。
スマホやパソコンで手軽に楽しめる、そして高画質で見ることのできる美術品の世界をぜひ堪能してみてくださいね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。