一度沼にハマったら深まるばかり。文房具好きが一度は訪れたい6つの空間をご紹介

文房具は新しい商品や限定品が出たりと絶えず更新されるジャンルで沼から抜け出せない。今回は文房具好きなら一度は訪れたい<HININE NOTE・ink stand by kakimori ・DELFONICS・THINK OF THINGS・文房具カフェ・文具女子博>の6つの空間をご紹介。好きがもっと深まる予感です!

文房具ってなんでこんなに飽きないんだろう

文房具ってなんでこんなに飽きないんだろう

出典: unsplash.com

文房具ってハマってしまうとなかなか抜け出せない沼なんです。
思えば使うタイミングって日常生活で結構あるし、新商品やシーズンに合わせた限定品が発売されたりと絶えず進化していて興味深い世界なんです。

文房具好きが訪れたい6つの空間集

文房具好きが訪れたい6つの空間集

今回は文房具好きが一度は訪れたいと思えるような空間を6つご紹介します。
オリジナルのものや個性的なデザイン、特別感のある場所など幅広く文房具を楽しめるスポットだと思います。
ワクワクすること間違いなしです♡

オリジナルノートを作れるHININE NOTE

オリジナルノートを作れるHININE  NOTE

まず1つ目にご紹介するスポットは都内にある「HININE NOTE(ハイナインノート)」。
ここは一から自分だけのオリジナルノートを作ることができてしまうお店なんです。
表紙はもちろん、紙質やリングの色など細かいところまで自分のこだわりを発揮することができるまさに文房具好きにとっては自分の好きを具現化する絶好のお店なんです!

用途に合わせて色々作りたくなる

用途に合わせて色々作りたくなる

元は印刷会社としてスタートしたハイナインノート。
ノートといってもたくさんの活用法がありますよね。
勉強用や趣味用、日記など活用法に合わせて自分にあったものを作ることができそう。
文字を刻印もすることができるのも注目ポイントの一つ。
ちなみにハイナインノートではスケジュール帳も作ることができるので、一年を共に駆け抜ける相棒として選んでみるのもいいかも。

<HININE NOTE>
住所:東京都渋谷区上原1-3-5 SK 代々木ビル 1F HININE Inc. 内
電話番号:03-6407-0819
営業時間:平日 13時〜20時、休日祝日 13時〜19時(ラストオーダーは閉店30分前)
定休日:火曜日

公式サイトはこちら

ink stand by kakimoriで特別な発色を

ink stand by kakimoriで特別な発色を

2つ目のスポットは都内にある「ink stand(インクスタンド)」。
オリジナルのインクを作ることができるお店です。
普段インクを使って書くことがない方でも、自分が作ったインクだったら使いたくなる気がします。

2タイプの作り方であなただけの色を

2タイプの作り方であなただけの色を

インクを作る方法は2パターンあります。
自分で一から考えるSELFタイプ(要予約)と、お店のスタッフの方と一緒に考えるWITHタイプがあります。
はじめから一人で考えて自分だけの色を作るのも、スタッフの方がイメージに合わせて一緒に作り上げるのも全ての過程を経て得たインクボトルを見ると愛おしさが生まれそう。
気に入った色はリピートオーダーで再び手に入れることができるので自分好みの色が見つかったらずっと愛用することもできますね。

<inkstand by kakimori>
住所:台東区蔵前4-20-12クラマエビル1F
電話番号:050-1744-8547
営業時間:11時〜19時
定休日:月曜(祝日の際は営業)

公式サイトはこちら

DELFONICSにはイケてる文房具が揃ってます

DELFONICSにはイケてる文房具が揃ってます

3つ目にご紹介するスポットは「DELFONICS(デルフォニックス)」。
系列店の「smith(スミス)」とともに全国で約20店舗あまりを展開しています。
デルフォニクスにはおしゃれな見た目の文房具が取り揃えられています。
少し高級感があるので使っていて気分が高まりそう。
ノートでおなじみのロルバーンも取り扱っていますよ。

渋谷PARCOには旗艦店が登場

渋谷PARCOには旗艦店が登場

出典: prtimes.jp

2019年に新しく生まれ変わった渋谷PARCO(パルコ)にもデルフォニックスが入店しています。
選び抜かれた様々なアイテムが店内に揃っていて、中には日本未上陸の海外メーカーのものだったりロルバーンの全ラインナップを手に取ることができるコーナーもあります。
日常に取り入れるだけで雰囲気が変わるような文房具を探しに行ってみてくださいね。

<DELFONICS 渋谷>
住所:東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷パルコ4F
電話番号:03-6809-0721
営業時間:10時〜21時

公式サイトはこちら

THINK OF THINGSはカフェと一体化

THINK OF THINGSはカフェと一体化

4つ目にご紹介する場所は「THINK OF THINGS(シンクオブシングス)」です。
こちらのお店は1階部分がカフェ兼ショップとなっています。
文房具を見ながらおしゃれなカフェでのんびりすることだって可能だなんて、文房具好きにとっては至福の時間をすごせるのではないのでしょうか?

刻印サービスを利用してみて

刻印サービスを利用してみて

他ではみられないような少し珍しい文房具にも出合えるかも。
投稿者の方は、屋外で使うことを想定して生み出された製図用品である測量野帳に刻印をしたそう。
刻印をするだけでパッと華やかになるのではないのでしょうか。
ちょっとゆっくりした時間を過ごしたい時はTHINK OF THINGSに訪れてみてくださいね♩

<THINK OF THINGS>
住所:東京都渋谷区千駄ヶ谷3-62-1
電話番号:10時〜20時
定休日:第2・第4水曜日

公式サイトはこちら

文房具カフェ

文房具カフェ

5つ目にご紹介するスポットは「文房具カフェ」。
文房具×カフェの空間が広がる場所です。
お店には約5000種類以上の文房具が揃っているそう!
量の多さに驚きですよね。
これらは実際に試すことができます。

細部まで文房具が楽しめる充実度

細部まで文房具が楽しめる充実度

文房具カフェでは文房具を思う存分楽しめる工夫が満載。
こちらは鉛筆型のお箸なんだそう。
遊び心が感じられますね。
ランチョンマットが画用紙でできているのもさすが文房具カフェです。
文房具カフェは「夜は短し歩けよ乙女」など様々な作品と文房具をテーマにしたコラボカフェをこれまでに展開しているので、その作品のファンの方も楽しめる空間となっているでしょう。
隅から隅まで文房具の世界を満喫できそうですね!

<文房具カフェ>
住所:東京都 渋谷区 神宮前 4-8-1 内田ビルB1F
電話番号:03-3470-6420
営業時間:11時〜22時
定休日:火曜日

公式サイトはこちら

文具女子博は好きなら一度は参戦したい

文具女子博は好きなら一度は参戦したい

出典: prtimes.jp

最後にご紹介するスポットは年に数回、全国各地で様々なテーマで開催されている「文具女子博」。
様々な文房具が一箇所に集結して実際に見ることができて、購入することができる祭典なのです。
ちなみに昨年2019年12月12日〜15日に開催された時のテーマは文具浪漫でした。

#文具女子博戦利品 で購入品をcheck

#文具女子博戦利品 で購入品をcheck

インスタグラムで #文具女子博戦利品 と検索してみると、実際に参加された方々がゲットしたアイテムたちがずらっと並んでいます。
こちらのお写真を見るとマスキングテープやノート類、ハサミまで様々なジャンルの文房具がありますよね。
限定商品や先行販売品だったりと常にアンテナを張っている人にとってはあっという間に時間が過ぎそう。
厳選したお気に入りのアイテムを手に入れて文房具ライフをさらに充実させましょう。

公式サイトはこちら

文房具好きだからこそ制覇したい

文房具好きだからこそ制覇したい

出典: prtimes.jp

この記事では文房具好きが訪れたい、
・HININE NOTE
・ink stand
・DELFONICS
・THINK OF THINGS
・文房具カフェ
・文具女子博
6つの空間をご紹介しました。
どれも制覇したくなることでしょう。
文房具好きがもっと深まりますように♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。