肌荒れの原因は、ブラシの汚れだったかも。メイク道具の洗い方をアイテム別に紹介

メイク道具を洗っていますか?メイク道具は最低でも週1で洗わないと、汚れが溜まってしまい、肌荒れやニキビの原因になることも。今回は、そんなメイク道具の洗い方をアイテム別に紹介。洗う時や乾かす時に使いたいアイテムも紹介しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

メイク道具洗ってますか?

メイク道具洗ってますか?

メイク道具のお手入れって忘れがちだけど、とっても重要なコト。

肌に直接触れるものだから、汚れていると肌荒れやニキビの原因になることも。
最低、週1回はお手入れするのが理想的みたい。

そんな、メイク道具の洗い方を紹介していきます。

ツールのお手入れ How to

ツールのお手入れ How to

出典: shutterstock

メイク道具のお手入れ方法は、アイテムによって変わってくるんです。

洗った方がいいものや拭くだけでいいものなど、お手入れ方法は十色。
洗う場合は、ブラシやチップ専用のクリーナーや中性洗剤、ハンドソープを使うのが◎

ビューラー編

ビューラー編

出典: snapmart.jp

ビューラーってアイシャドウの粉やマスカラが溜まりがち。

ビューラーについた、固まったアイシャドウやマスカラはティッシュでオフ。
ゴムは、3ヶ月に1度取り替えるのがベストなタイミング。

パフ編

パフ編

出典: shutterstock

パフは、お水で全体を濡らしたら、ハンドソープなどを全体につけて馴染ませましょう。
色が出てこなくなったら、よく洗い流せばOK。

チークブラシ編

チークブラシ編

乾いたティッシュにチークブラシをサッサッとなでるように当てます。
ティッシュにチークの色がつかなくなるまで続けましょう。

アイシャドウチップ編

アイシャドウチップ編

出典: shutterstock

チップのスポンジ部分を水で濡らして、ハンドソープなどをつけもみ洗いしましょう。
色が出てこなくなったら、よく洗い流せばOK。

スポンジ編

スポンジ編

出典: shutterstock

全体を水で濡らしたら、ハンドソープなどをつけてもみ洗いします。
色が出てこなくなるまで洗い、よく洗い流しましょう。

便利な乾かし方 How to

便利な乾かし方 How to

メイク道具って小さくて細々しているから、乾かしているうちになくなってしまうなんてことも。

そんな時は、水切りネットとピンチハンガーを活用するのがオススメ。

生ごみ用の水切りネットに洗ったものをまとめて入れて、洗濯用のピンチハンガーにぶら下げると衛生的にまとめて乾かすことができますよ。

ストッキング水切りネット

商品

ストッキング水切りネット

¥634

細かい編目なので、メイク道具が落っこちてしまう心配もなし。水切れがスムーズなのもポイント。

物干しハンガー

商品

物干しハンガー

¥1,299

ステンレス製なので錆びにくく、お洒落な見た目は清潔感を感じさせてくれるんです。ミニサイズなので小物を室内で乾かすのにとっても便利。

買っておくと活躍してくれるitem

買っておくと活躍してくれるitem

「後で買えばいいや。」
なんて思っていると、買い忘れてしまったり、だんだん面倒くさくなってしまうかも。

これを機に、専用クリーナーを買い物リストに仲間入りさせませんか?

パフクリーナー

商品

パフクリーナー

¥660

ファンデや皮脂汚れ、雑菌をオフして清潔な状態をキープしてくれる、パフ用のクリーナーです。液状のためパフ全体的に行き渡り、汚れをしっかりキャッチしてくれますよ。

ハンドソープ ラベンダー

商品

ハンドソープ ラベンダー

¥715

ラベンダーがほのかに香るハンドソープです。泡立ちが良く素早く泡切れしてくれるのもポイント。

ウタマロ クリーナー

楽天市場

商品

ウタマロ クリーナー

¥490

油汚れをすっきり落とせ、手でも洗うことができる洗剤です。さわやかなグリーンハーブがふわっと香りますよ。

メイク道具に清潔感をもたらして

メイク道具に清潔感をもたらして

出典: shutterstock

肌荒れやニキビの原因は、汚れたメイク道具にあったのかも。
こまめなお手入れを心がけて、もっとメイクを楽しんでみませんか。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。