もう大人だけど、できたらもっと大人かも。さりげない気遣いを日常で発揮しよう

さりげない気遣いができる女性って、大人な女性に見えませんか?年齢だけではなく中身もしっかり大人になれているのか。そんな不安がある方はぜひ、気遣いができているかどうかを確認してみてください。飲み会や公共の場など日常生活を例に気遣いポイントをまとめています。

大人になりきれていない気がする

大人になりきれていない気がする

出典: snapmart.jp

年齢的にはもう大人。

でも、普段の自分の振る舞いに対して胸を張って大人だと答えられる女性はどのくらいいるのでしょうか。
自信がないという方は“気遣いの心”を見直してみてほしいのです。

出典: www.beepsheepshamp.com

気遣いができるポイントというのは日常の中にたくさん溢れています。

ちょっとだけ意識を変えて気を利かせてみれば、周りの人はきっともっと気持ち良くすごしてくれるはず。みんなをHAPPYにできるような素敵な女性になりませんか?

|公共の場では

譲り合いの精神を大切に

譲り合いの精神を大切に

出典: 17kg.shop

見ず知らずの人が行き交う公共の場では、譲り合いの精神が大切です。少しだけ我慢して他人を優先できるかどうか、それが大人らしい振る舞いができるかどうかの別れ道ですね。

実践してみよう/その1

実践してみよう/その1

出典: snapmart.jp

例えばエレベーターに乗る時。
まだ誰も乗っていないのであれば、率先してボタンが押せる場所に立って開閉ボタンを押す役割を担いましょう。そして一番最後に降ります。

もしも他の誰かがやってくれているなら、降りる時に必ずお礼を言います。

/その2

/その2

出典: snapmart.jp

電車の席の譲り合いも日常でよくあることですよね。
お年寄りや身体が不自由な方に席を譲るのは大前提として、カップルや親子など二人組みで乗ってきた方がいる場合。

空いている席がバラバラだったり、離れないようどちらかが立っていたりしたら自分が動くことでそれが解決しないかな?と一瞬考えてみてあげてください。

/その3

/その3

出典: snapmart.jp

公共のトイレに並んでいる時、後ろの人がどんな表情をしているか気にしたことはありますか?

例えば、並んでいるのは自分と小さな子の二人。
自分が譲ってあげればその子が先に入ることができる状況で、自分に余裕があるならば譲ってあげてもいいかもしれません。その子が我慢できずにお母さんが困っていたりもしますよね。

/その4

/その4

出典: snapmart.jp

列で後ろの人のことを気遣うというのは、お店のレジでも言えることです。
自分はたくさん買い物をしていて時間がかかるけど、後ろに一人だけ並んでいる人が持っているのはたった一つの商品だったらどうでしょう。
「お先にどうぞ」と譲ってあげた方が親切だと思いませんか?♡

|飲み会があったら

視野を広く持って

視野を広く持って

出典: www.lilyboutique.tokyo

大人数でいる時はとにかく視野を広く持つこと。

楽しく盛り上がっている飲み会のような場面では、ついつい周りが見えなくなってしまいがちです。自分の視界の片隅に困っていそうな人や輪に入れていない人はいませんか?

実践してみよう/その1

実践してみよう/その1

出典: snapmart.jp

グラスが空いたままの人がいたら、「次の飲み物何にする?」と一声かけてあげてみてください。

店員さんを呼んだり、他にも頼む人が複数人いるならば、オーダーをまとめるところまでできたら完璧ですが、そこまでできなくても一声かけてあげるという心遣いが大切なのです。

/その2

/その2

出典: snapmart.jp

よく料理を取り分けるというのが気が利く人の行動例として挙げられますよね。
そんな時、プラスαで好き嫌いはないかも聞いてあげられるとさらにいいかも。

お皿から遠い位置に座っている人が、何か取ってほしそうにしていないかなど、最初だけではなく途中でも気にして見てあげましょう。

/その3

/その3

出典: snapmart.jp

視野を広く持つということは、もちろん店員さんに対しても。
団体さんの接客は特に大変な場合も多いので、最後に席を立ったら忘れ物が無いかを確認し、店員さんにお礼の一言を言いましょう。

|二人でいる時に

”ついでに”行動する

”ついでに”行動する

出典: 17kg.shop

二人の時は相手のことを観察しやすい分、先回りした行動もしやすくなりますよね。
でも、相手に「気を遣わせてるな」と思わせないことが重要でもあるんです。
気遣いが上手な人はさりげなく、まるで自分のついでかのように見せるのが上手です。

実践してみよう/その1

実践してみよう/その1

出典: snapmart.jp

まずは自分がメニューを頼む時、ドリンクバーのお代わりをする時など、わざわざ個別にやらなくてもいいなと思うことをする時は、必ず相手にも意向を尋ねることを忘れないようにしましょう。

相手が悩み事を抱えていそうだったり相談したいことがありそうな時は、自分が相談したいことがあるからと言って声をかけることで、相手が相談しやすい状況を作ることもできますね。

/その2

/その2

出典: snapmart.jp

お土産など、ふいに貰うプレゼントって何だかとても嬉しくありませんか?
お礼したいことや謝らなくてはいけないことがある時も、言葉だけではなくちょっとした贈り物を添えてみるとだいぶ気の利く大人に近づけるかも。

/その3

/その3

出典: snapmart.jp

ご飯を食べてお会計をする時、相手は大きい額しか持っていなかった。ここでパッと端数を出せたらスマートですよね。相手が奢ってくれようとしている場面では特に使えます。

そういう時のために日頃から小銭を作ることを意識している女性もいるそう。

大切なのは中身だから

大切なのは中身だから

出典: snapmart.jp

どんなに見た目が大人っぽくても、中身が伴っていないと大人とは言えませんよね。

初めは意識しないと難しいかもしれませんが、きっとそのうち自然に気遣いができる女性になっているはず!ぜひ今日から頑張りましょう♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。