冬だからという言い訳はもうヤメます。冬太り防止・食べ過ぎた時のmethod

冬って太りやすい季節だから仕方ないという考えを卒業して、冬でも美しいスタイルを手に入れませんか?この記事では、冬太りを防止するために意識したいことと食べ過ぎてしまった時の対処法をご紹介。どうしても間食したくなった時はナッツやゼリーを食べると◎お家でできる「踏み台昇降」という有酸素運動も、簡単なのでぜひトライしてみて。

「冬って太る季節じゃん?」

「冬って太る季節じゃん?」

出典: snapmart.jp

冬って太りやすいから多少は仕方ない、そんな言い訳はもう終わりにしませんか?
この記事では、冬太りを防ぐ方法と食べ過ぎた時にやりたい解消法をご紹介します。

冬太りを防ぐために心がけたいこと

冬太りを防ぐために心がけたいこと

出典: snapmart.jp

まずは冬太りを防ぐために心がけていきたいことからcheck。
できれば間食をしないのがベストですが、お腹が空いてしまった時にも工夫をすることで、ストレスなく冬太りを防ぐことができそうです。

手の届くところに食べ物を置かない

手の届くところに食べ物を置かない

出典: snapmart.jp

手の届くところにお菓子などが置いてあると、お腹が空いていなくてもついつい食べてしまうことってありますよね。
余分な摂取カロリーを減らすためにも、無駄な間食を減らしてみましょう◎

ダイエット中はおやつにもルールを

ダイエット中はおやつにもルールを

出典: snapmart.jp

昼食を食べて3~4時間すると空腹に感じる時もありますよね。
昼食後約6時間ほどで夕食をとるなら、おやつは食べない方がベターですが、8時間以上間隔があくなら、上手におやつを摂取することで、夕食のドカ食いを防げるのだとか。

おやつの目安は200kcalまで。小パックのヨーグルトにフルーツをトッピングしたり、小分けしたナッツを食べたりして上手におやつを楽しもう。どうしても甘いものが食べたければ、少量のチーズを合わせるなどの工夫を。

出典:style.nikkei.com

→コンビニで買えるオススメおやつは

出典: snapmart.jp

ダイエット中のおやつとして定番の「ナッツ」は、栄養価が高い食べ物なんです。
コンビニでも「ミックスナッツ」として様々なナッツをセットにした商品が売られていることも多いので、おやつを買いに行くときにはぜひチョイスしてみて。

商品の一例としてはビタミンEや食物繊維が豊富なアーモンドは10gあたり60~70kcal、カリウムや鉄分を含むピスタチオは10gあたり30~70kcal、ビタミンB1や亜鉛を含むカシューナッツは10gあたり70~120kcalと1粒7~9kcalですみます。

またナッツは噛み応えがあるので、満腹感を得やすいこともおすすめする理由のひとつです。

出典:u.finc.com

出典: snapmart.jp

「ゼリー」はスイーツの中でも比較的カロリーが低いく、100kcal前後のものもあり、好きな味を選びやすいというのも嬉しいところ◎
どうしても甘いものが食べたくなった時にはゼリーを食べるのがおすすめです。

コーヒーゼリーは100gあたり48kcal、オレンジゼリーは100g個あたり89kcalと、ほとんどのゼリーは1個100kcal前後です。
ダイエット中に甘いものが食べたくなったときはゼリーで乗り切りましょう。

出典:u.finc.com

スープで満腹感をサポート

スープで満腹感をサポート

出典: snapmart.jp

食事に「スープ」などの汁物を取り入れることで、より満腹感を得られますよね。
食べ過ぎを防ぐためにも、食事にスープを取り入れてみてはいかがでしょうか?
身体を温めることにも繋がって一石二鳥です◎

汁物を料理に一品取り入れると、具材をたっぷり入れることでボリュームも出て、満足感につながり、食べ過ぎを予防する効果も期待できます。

出典:news.mynavi.jp

→キャベツが入ったスープがおすすめ

簡単ポトフ

楽天レシピ:「簡単ポトフ」より

キャベツは低カロリーなだけでなく、ビタミンや葉酸などの栄養素が含まれています。
スープにすることで、よりキャベツを食べやすく、カサが減るので量もとることができるのだとか。

キャベツを使ったスープの定番である「ポトフ」のレシピを、『楽天レシピ』からご紹介します。
ゴロゴロと具が入っているので満足度も高そうです。

※アレルギー等に注意して材料を選んで作りましょう。

キャベツは、ビタミンC、ビタミンK、葉酸などの栄養素が含まれています。ビタミンCは、コラーゲンの生成に欠かせないものです。肌にハリをもたせ、美肌につながります。また、かぜの予防にも役立ち、免疫力を高める作用も期待できます。ビタミンCは水に溶けやすい性質があるので、スープにして食べると、汁ごといただくことができます。

出典:news.mynavi.jp

材 料(約4人分)
玉葱1こ
人参1本
じゃがいも2こ
キャベツ小約1/4
シャウエッセン5本
最後のコンソメ小1
★コンソメ大1
★塩小1/4
★水800ml

出典:recipe.rakuten.co.jp

レシピはこちら

食べ過ぎてしまった時の対処法

食べ過ぎてしまった時の対処法

出典: snapmart.jp

お次は食べ過ぎてしまった時の対処法もcheck。
と言っても、特別なことではありません。
カロリーの調整と運動といった「ダイエットの基本」となることに意識して過ごすことが大切です。

次の日の食事で調整

次の日の食事で調整

出典: snapmart.jp

まずは摂取カロリーのコントロールから。
食事をヘルシーで軽いものにすることで、調整しましょう。
お粥やスープと言った、低カロリーで消化の良さそうなもので調整してみて。

食べ過ぎだと感じたら次の日の食事を軽くし、消化が悪くて高カロリーな脂濃いものを避けることで、上手に摂取カロリーをコントロール。遅くても3日以内に調節すれば減量しやすいでしょう

出典:allabout.co.jp

活動量を増やす

活動量を増やす

出典: snapmart.jp

また、食事の調整だけでなく活動量(=運動)を増やすことも大切です。
普段エスカレーターやエレベーターを使っているという方は階段を使ってみたり、一駅分歩いてみたり、普段の生活の中で意識できることからで良いので、運動量を増やしてみましょう。

日常生活では、階段を利用したり、意識的に歩いたり、「活動量を上げること」を意識しましょう。ジョギングやランニングなどの有酸素運動だけでなく、ゆったりとした呼吸で行うストレッチやヨガなどもおすすめです。

出典:woman.mynavi.jp

出典: snapmart.jp

お家の中でできる「踏み台昇降運動」という有酸素運動もご紹介。
踏み台を使って、脚を乗せては降ろすという簡単な動きなのですが、リズミカルに長く続けると意外と息が上がりますよ。

やり方
背筋を伸ばし、肘を曲げて踏台の前に立ちます。
右脚を踏台に乗せます。
左脚を踏台に乗せます。
右脚を床に降ろします
左脚を床に降ろします。
次は左脚からはじめましょう。

出典:godmake.me

冬でも美しいスタイルに

冬でも美しいスタイルに

出典: 17kg.shop

「冬だから」という言い訳を辞めたら、「冬でも」美しいスタイルを手に入れることができそう。
食欲をコントロールするのは難しいけれど、上手に向き合って冬太りを防いでいきたいな。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

グルメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。