昔の風情を彷彿とさせる、伝統工芸品。美しい江戸切子づくりを体験してみる?

江戸時代から続く日本の伝統工芸品である“江戸切子”をご存知ですか?そんな繊細なガラス細工で作られた美しい工芸品づくりを、ある場所で体験できるのだとか。こちらの記事では、江戸切子の歴史から江戸切子づくりを体験できる場所をご紹介しています。

ガラスで作られた伝統美

ガラスで作られた伝統美

出典: snapmart.jp

日本の伝統工芸品の一つである、“江戸切子”。
江戸の風情を感じ取ることができそうな繊細な模様がとても美しいです。

そんな昔から続く江戸切子を、自分の手で作ってみませんか?
今回は、江戸切子づくりを体験できる場所をご紹介します。

|江戸切子の歴史を知ろう

|江戸切子の歴史を知ろう

江戸切子は、江戸大伝馬町で営まれていたビードロ問屋に持ち込まれた海外のガラス製品に、切子細工をしたことがきっかけなのだそう。

出典: shutterstock

また、江戸切子には20種類程もある伝統的な文様があるのだそう。その美しさは、時が経った今でも愛され続けているのです。

それでは、江戸切子づくりを体験することができる場所を3つご紹介していきます。

1|すみだ江戸切子館

1|すみだ江戸切子館

出典: snapmart.jp

1つ目にご紹介するのは、『すみだ江戸切子館』。

様々な形や色のグラスから、自分だけのデザインのものを削って作ることができます。
自分用にも、誰かにあげるプレゼント用にもピッタリです。

※写真とは異なります。

出典: snapmart.jp

【施設情報】

住所:東京都墨田区太平2-10-9
営業時間:
①10:30~12:00
②13:00~14:30
③15:00~16:30

※一日3組までの予約制なので注意してくださいね。

予約する!

2|創吉

2|創吉

2つ目にご紹介するのは、浅草にある『創吉(そうきち)』。

デザインから自分で決めるのですが、彫刻をするのが初めてという人でも丁寧に教えてもらうことができます。
友達、家族、カップルで体験しに行きたいですよね。

【施設情報】

住所:東京都台東区雷門2-1-14
営業時間:
[月〜金]11:00~19:00
[土・日・祝]11:00~18:00

予約する!

3|東京ガラス工芸研究所

3|東京ガラス工芸研究所

出典: snapmart.jp

3つ目にご紹介するのは、『東京ガラス工芸研究所』です。

こちらの施設では、江戸切子の他に吹きガラスづくりの体験も行っているのだそう。
好みのものを自分で作ることができるので、思い出に残ること間違いなしです。

※画像はイメージです。

出典: snapmart.jp

【施設情報】

住所:東京都大田区東六郷1-26-13
営業時間:9:00~18:00

※画像はイメージです

予約する!

|使い方もおさらいしておく?

日用品として、お気に入りの切子を

日用品として、お気に入りの切子を

自分で作った江戸切子は、まずお気に入りのグラスとしてたくさん使いましょ。
清涼感のあるグラスでお酒を飲めば、いつもとは違う気分になれるはずです。

インテリアとしてもピッタリ

インテリアとしてもピッタリ

出典: snapmart.jp

普段使うのがもったいないという人だったら、綺麗な文様の江戸切子をインテリアとして飾っておいてもいいですよね。
日が当たるとさらに透明感を感じるので、見ていて飽きないはず。

+α|江戸切子をコレクションしたい人に

富士江戸切子 Blue&Red 2個セット

Credit pinkoi

商品

富士江戸切子 Blue&Red 2個セット

¥12,960

富士山をイメージしたこちらの江戸切子は、2個セットのもの。インテリアとして置いておくのも。家でお酒を飲む時にも大活躍してくれそうな予感です。

琥珀色瑠璃被せ食前酒クリスタルガラス

Credit minne

商品

琥珀色瑠璃被せ食前酒クリスタルガラス

¥22,000

美しいこちらの江戸切子は、瑠璃色の透明感溢れるデザインのものです。ワイングラスのような形は、置いておくだけでも十分華やかなところがポイント。食卓を鮮やかに贅沢なものにしてくれます。

日本人だからこそ、体験したい

日本人だからこそ、体験したい

出典: shutterstock

今回は、江戸切子づくりを体験できる場所をご紹介しました。

日本の伝統工芸に触れるだけで、昔にタイムスリップできるような気がするのです。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。