膝を曲げて歩くのはダサくて残念かも。モデルみたいなヒールの正しい歩き方&コツ

チラッとショーウィンドウを見たとき、膝が曲がって猫背で歩いている残念な自分の姿が…。いくら綺麗に着飾っていても歩き方が残念だと美しさが半減されちゃいますよね。そこで今回は、モデルさんのような美しいヒールの正しい歩き方&コツ、初心者さん向けヒールの選び方を伝授していきます。

あれ、もしかして私、残念な感じじゃない?

あれ、もしかして私、残念な感じじゃない?

出典: unsplash.com

珍しくヒールを履いてみて、お洒落に気合いを入れたある日。

チラッとショーウィンドウを見たら、膝が曲がって猫背で歩いている自分の姿が…。

あれ、もしかして私、残念な感じじゃない?

出典: unsplash.com

せっかく綺麗に着飾ったのに、歩き方が変だと残念な印象になってしまいますよね。

そこで今回は、モデルさんみたいなヒールの正しい歩き方&コツを紹介していきます。

01|まずは正しい姿勢を身につけて

壁に背中をつけて自分の姿勢を確認

壁に背中をつけて自分の姿勢を確認

出典: shutterstock

綺麗で正しい歩き方には、姿勢がとっても大切。
まずは正しい姿勢を身につけるために、壁に背中をつけて自分の姿勢を確認しましょう。

頭・肩・腰・かかとを壁に合わせて、背中に拳が入る場合はお腹が下がっている可能性があるので、お腹の位置を元に戻しましょう。

鏡を見ながら4点のバランスを整える

鏡を見ながら4点のバランスを整える

壁で自分の姿勢を確認したら、全身鏡を見ながらバランスを整えていきましょう。

耳・肩・腰・くるぶしの4点が一直線になるように、体の歪みを調整してみて。

姿勢をキープしながらゆっくりと歩く練習を

姿勢をキープしながらゆっくりと歩く練習を

出典: jp.stylenanda.com

正しい姿勢に体を整えたら、その姿勢をキープしながらゆっくりと歩く練習をして。

姿勢を矯正するために、家の中でもこの姿勢を意識しながら歩くことを心がけてみて。

02|歩くときのポイントをチェック

下腹部に力を入れて反り腰にならないように

下腹部に力を入れて反り腰にならないように

続いては、ヒールを履いて歩くときのポイントを紹介。

ヒールを履いているときは、正しい姿勢をキープすることが難しいので、下腹部に力を入れて反り腰にならないように気をつけてみて。

上半身に安定感があるだけで、綺麗な歩き方に見えますよ。

肩甲骨を意識して後ろに手を振ることを意識

肩甲骨を意識して後ろに手を振ることを意識

出典: jp.stylenanda.com

下腹部と一緒に意識したいのが、背中。

歩くときは猫背にならないよう肩甲骨を意識して、手を後ろに振って歩くようにしてみて。

着地する時に膝を伸ばすことを特に意識

着地する時に膝を伸ばすことを特に意識

ヒールは膝が曲がりやすいですが、脚が短く見えてしまう歩き方なので注意が必要。

歩くときは姿勢と一緒に、着地する足の膝を伸ばすことを特に意識してみて。
最初はぎこちなくなってしまいますが、慣れるとスムーズに歩くことができますよ。

03|【種類別】歩くときのコツ

【ローヒール】かかとから歩くことを意識

【ローヒール】かかとから歩くことを意識

続いては、ヒールの種類別の歩くときのコツを紹介。

ローヒールはかかとから歩くことを意識するのがポイント。
ハイヒールと比べてローヒールは膝を伸ばしやすいので、足を出すタイミングで膝を伸ばして、かかとから着地するのがいいかも。

【ハイヒール】つま先を気持ち外側に向ける

【ハイヒール】つま先を気持ち外側に向ける

ハイヒールは足が疲れてきてしまうと内股になってしまうことも。
内股の歩き方は姿勢が悪く見えてしまうので注意です。

つま先を気持ち外側に向けて歩くことを意識するだけで、見た目の印象がガラッと変わるはず。

04|初心者さん向けヒールの選び方

ヒールの高さは高すぎないものをチョイス

ヒールの高さは高すぎないものをチョイス

最後は、ヒール初心者さん向けのヒールの選び方を紹介。

ヒールに慣れていない場合は、ヒールの高さは高すぎないものがいいかも。
最初は3cm前後のローヒールで歩き方を慣らしてから、ハイヒールにシフトチェンジしてみて。

ヒール部分は太めのものから慣らしていく

ヒール部分は太めのものから慣らしていく

ヒール部分の細いものは不安定なので、慣れていないと重心のかけ方が難しいかも。

最初は太めのヒールのものを選んで、体重のかけ方を身につけてから細いものにしていきましょう。

ストラップが付いているタイプから練習を

ストラップが付いているタイプから練習を

足を安定させるために、足の甲部分にストラップが付いているタイプもおすすめ。

前重心になりすぎて靴が脱げる心配もないですし、足が安定することで姿勢もよくなるはずですよ。

ダサくて残念は卒業しちゃおう

ダサくて残念は卒業しちゃおう

いくら綺麗に着飾っていても、歩き方がダサかったら残念な印象になってしまいますよね。

正しい歩き方&コツを掴んで、モデルさんのような綺麗な歩き方をマスターしちゃいましょう♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。