この頃肌の調子が悪い?スキンケアitemを見直して大人肌のゆらぎ対策をしよう

肌のきめの細かさが変化したり、お肌にハリがなくなってきたら、それは肌がゆらいでいるサインかも。肌のゆらぎを感じた時はスキンケアアイテムを見直して対策しましょう。今回は『オルビス』や『キールズ』のスキンケアアイテムに加え、保湿とリフトアップ法もご紹介します。

肌のゆらぎを感じたら投じる一手!

肌のゆらぎを感じたら投じる一手!

出典: snapmart.jp

大人になって、肌が変化したり、肌触りに違和感を覚えるようになりました。日ごろから肌を整えることって大切なんですね…。

スキンケアラインを見直す

スキンケアラインを見直す

出典: snapmart.jp

そう思ったら、肌のゆらぎに予防線を張るためにも、スキンケアを見直してみませんか。

今回は、タイプ別のスキンケア製品の選び方、保湿で重要なこと、リフトアップマッサージについてご紹介します。

step1:「なんとなく」使いをやめる

step1:「なんとなく」使いをやめる

出典: unsplash.com

学生の頃は、プチプラや口コミで「なんとなく」スキンケアアイテムを決めていませんでしたか?スキンケアこそ意識してアイテムをチョイスしなければいけません。

美肌のカギとなるターンオーバーのスピードも、14~18歳がピークです。それ以降は徐々にスピードが落ち、肌本来の力が衰え、外的ダメージに対してリカバリーする力が弱くなっていきます。最初は乾燥、次にくすみやシミ、ハリのなさ、シワ、たるみ……と、徐々に老化が進行していくのです。

出典:withonline.jp

乾燥しがち派は保湿タイプ

オルビス(ORBIS) オルビスユー ローション

商品

オルビス(ORBIS) オルビスユー ローション

¥2,970

濃密なウォータージェリーが内側から潤し、ハリのある肌へ導きます。とろみのある使い心地でつるんと潤った肌を導く化粧水です。

出典: lipscosme.com

まるで水のワセリンのようなコクのある感触が体験できます。

ローションのとろっとしたテクスチャーと、肌にのせた瞬間のみずみずしい感覚が気持ち良いです。

肌荒れ派は整肌タイプ

肌荒れ派は整肌タイプ

『KIEHL'S SINCE 1851(キールズ)』の『キールズ ハーバル トナー CL アルコールフリー(左)』はカレンデュラ花エキス配合で、肌を穏やかに整える化粧水として多くのファンに親しまれている化粧水です。

整肌成分が含まれていて、肌荒れした時や肌に赤みを感じる時に使用する人も多いのだとか。

出典: lipscosme.com

ボトルの中にはカレンデュラ花の花びらが入っており、見た目も華やか。

コットンに500円玉大をとり、パッティングすると肌を引き締めてくれます。

購入はこちら

step2:保水のあとの保湿作業は念入りに

step2:保水のあとの保湿作業は念入りに

出典: www.beauty-navi.com

化粧水などで保水したらクリームなどで保湿しましょう。肌が綺麗な人はこの作業ができているのかもしれません。

出典: pixabay.com

化粧水で潤わせた肌をキープするためにも、しっとり感が持続するタイプのクリームを選びたいですよね。

出典: lipscosme.com

『Embryolisse.(アンブリオリス)モイスチャークリーム』は1950年から愛され続けているロングセラー保湿クリーム。アルコールフリー処方です。

出典: lipscosme.com

この保湿クリームはメイクの下地、マッサージクリーム、クレンジングクリームとしても使える優秀なクリームです。

購入はこちら

step3:リフトアップで将来の自分を助ける

step3:リフトアップで将来の自分を助ける

出典: latte.la

ツヤやハリがある肌だからこそ若々しく見えるもの。いつまでもキュッとしたハリがある肌でいるためにも、フェイスクリームを使ったマッサージでたるみを予防していきましょう。

出典: lipscosme.com

『SANDALPHON(サンダルフォン)ザ・モデルフェイスクリーム』はハリに満ちたモデルフェイスを目指し開発されたフェイスクリームです。

出典: lipscosme.com

|使用方法

①洗顔後の清潔な肌にクリームをのせ、中央から外へ、下から上へと優しくのばします。

②馴染ませたら、頬に手のひらを密着させながら引き上げ、5秒間キープします。

毎日、朝晩の2回続けてすっきりしたフェイスラインを目指してみませんか。

購入はこちら

肌年齢はこれからも若くありたい

肌年齢はこれからも若くありたい

出典: latte.la

肌がゆらいでるな、と感じた時にスキンケアを見直したら肌の若々しさもキープできるかも。

優秀なアイテムと自分の努力で健やかな肌に導いていきましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。