気づいたら、口の周りの皮膚がカピカピ。冬は部分別保湿ケアでしっとり肌をGET

冬の肌悩みの代表、乾燥。乾燥しやすい場所は人によってそれぞれなので、この記事を参考に自分にあったスキンケアの方法を見つけてみて。顔の中でも乾燥が気になりやすい目元・頬・口周りの保湿対策をご紹介します。最後に、クレンジングや紫外線対策など、スキンケア全体で気をつけたいことについてもご紹介します。

乾燥が気になるこの季節

乾燥が気になるこの季節

出典: snapmart.jp

凍えるような寒さと、カサカサ乾燥が気になる季節。
「水分が足りないよ〜」と肌が悲鳴を上げそうなほど。

今すぐ保湿して、潤い肌をGETしなきゃ。

乾燥しやすい部分と保湿対策をご紹介

乾燥しやすい部分と保湿対策をご紹介

出典: snapmart.jp

一口に乾燥と言っても、人によって特に乾燥する部分はきっと違う。
この記事では、特に乾燥しやすい「目元」「頬」「口周り」の保湿対策をご紹介します。

|目元|

|目元|

出典: snapmart.jp

目元は他の部分に比べて毛穴が少なく、皮膚が薄いので乾燥しやすいと言われています。
それに加え、メイクやクレンジングの際に強くこするとクマや小ジワの原因になってしまうかも。

人の第一印象を決めるうえでも、特に「目元」は目につきやすいパーツではないでしょうか。そんな人の印象を決める大きな要素である目元ですが、とてもデリケートな部分でもあります。周りの顔の皮膚と比べ皮膚がとても薄く、少しの刺激や乾燥で小じわや痒みや赤み、クマなどにも繋がりやすい部分です。

出典:www.mamatenna.jp

なるべく負担をかけないクレンジング

ソフティモ スーパーポイントメイクアップリムーバー Na

商品

ソフティモ スーパーポイントメイクアップリムーバー Na

¥825

ソフティモ

乾燥している上にクレンジングによる負担を与えるのは、目元にとって大きな刺激になってしまいます。
保湿成分配合のポイントメイクアップリムーバーでするんとメイクを落として。

アイクリームで集中保湿

アイクリームで集中保湿

目元の乾燥にはアイクリームで集中保湿を。
画像右下、チューブ状のアイテムは『Frantsila(フランシラ)』の「ビューティークリーム」。

薄い目の周りの皮膚を保護してくれるクリームです。
サンダルウッドの香りで、夜のリラックスタイムにも最適。

Online Shop

|頬|

|頬|

頬は皮脂の分泌が少ない部分なので、乾燥によるダメージを受けがち。
乾燥してしまうとツヤ感もなくなり、元気のない表情になってしまうかも。

スキンケアにオイルをプラス

スキンケアにオイルをプラス

化粧水の後、乳液やクリームの代わりにオイルを使ってしっとり肌を目指しませんか?
こちらは『HABA(ハーバー)』の「スクワラン」。

もともと皮脂に含まれていると言われている潤い成分「スクワラン」は、肌のバリア機能にも関係しているんだとか。
オイルとは思えないほどサラサラの使用感だそうで、べたつきが苦手な方にもいいですね。

Online Shop

|口周り|

|口周り|

出典: snapmart.jp

目元と同じように皮膚が薄い口周りも乾燥しやすい場所。
また、食事の後などにティッシュなどで拭く機会も多いですよね。

こうしたダメージが乾燥につながってしまうんだとか。

もともと表皮の角質層はわずか0.02mmと、とても薄い人間の皮膚。そのうえ口周りや唇は、目元と同じく、さらに薄いのです。刺激に弱いのも不思議ではありません。

出典:www.ci-labo.com

口周りのパックでたっぷり保湿

口周りのパックでたっぷり保湿

出典: snapmart.jp

コットンなどに化粧水をたっぷり染み込ませて口を囲むようにパックしてみて。
ラップなどをつけてパックの乾燥を防ぐと、よりしっとり仕上がりそうです。

かさかさリップじゃ可愛くないから

マヌカハニー リップ

商品

マヌカハニー リップ

¥1,650

大洋製薬

口周りだけでなく唇の乾燥を防ぐのも大切。
マヌカハニーと低刺激なワセリンでつくられたリップで、ぷるぷるの唇を保って。

|スキンケア全体での注意点|

|スキンケア全体での注意点|

出典: snapmart.jp

部分ごとの乾燥対策も大事だけど、スキンケアで気をつけたいこともありますよ。
スキンケア全体での注意点もご紹介します。

クレンジングから保湿を意識して

クレンジングから保湿を意識して

出典: lipscosme.com

洗浄力の強いクレンジングを使うと、肌の皮脂が必要以上に流れ落ちてしまうかも。
こちらの『FEMMUE(ファミュ)』の「ビューティ クレンジングバーム」で、上質なクレンジングを行って。

バームがじんわりあたたまって汚れや不要な角質をしっかりオフ。
肌の保水力を高める植物オイルを配合することで乾燥から肌をガードしてくれるそうです。

Online Shop

冬でも紫外線対策は大切

冬でも紫外線対策は大切

日焼け止めは夏だけでOKなんて思っていませんか?
紫外線は乾燥にも影響を与えてしまうんだとか。
日焼け止め効果もあるスキンケア下地で肌を紫外線からガードしましょう。

画像真ん中のアイテムは『KIEHL'S SINCE 1851(キールズ)』の「キールズ ブラー」。
ひと塗りで毛穴を目立ちにくくしてくれて、ナチュラルな仕上がりになるんだそうですよ。

Online Shop

「皮脂が出ている部分は乾燥していない」は間違い

「皮脂が出ている部分は乾燥していない」は間違い

皮脂が出ている部分は乾燥していないからしっかりケアしなくても大丈夫、というのは実は間違いかも。
おでこなど、皮脂が出やすいところは乾燥すると水分を補うために過剰に皮脂を分泌してしまうことがあるそうです。

毛穴が詰まり吹き出物の原因にもなってしまうので乾燥している部分だけではなく、皮脂が出やすいところにもしっかり保湿ケアを行って。

皮脂の分泌が活発なおでこは、比較的乾燥しにくい部位。
乾燥すると、水分を補うために過剰に分泌した皮脂で毛穴が詰まり、吹き出物に。
乾燥したおでこは、シワもできやすいので要注意。

出典:www.3838.com

保湿重視で冬を乗りきって

保湿重視で冬を乗りきって

保湿をしっかりして、気になる乾燥ともおさらば。
乾燥しやすい場所に合わせてスキンケアの方法を工夫して、しっとり肌で冬を乗り切りましょう♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。