ニュアンスとかアンニュイとか、結局どういう意味?お洒落用語を解読して、レベルUPを

自分らしさを演出できるファッションってとっても楽しい。でも、ファッションのお洒落用語ってなんとなく使っているけど、本当の意味をあんまり知らないものが多い。たとえばニュアンスとかアンニュイとか。結局どういう意味?となるお洒落用語を解読して、お洒落度のレベルUPを狙ってみてはいかが?

ファッション用語、結局よくわからない

ファッション用語、結局よくわからない

出典: shutterstock

自分らしさを表現できるファッション。
だからお洒落ってとっても楽しい。

でも、ファッション用語ってなんとなくしか知らないという人もいるのでは?

ニュアンスとかアンニュイとか…

ニュアンスとかアンニュイとか…

出典: shutterstock

お洒落なインフルエンサーが使う「ニュアンス感」とか「アンニュイ」とか。
なんとなくならわかるけど、「ニュアンス感=〇〇」と断言できる言葉は知らない。

そう感じている人のために、今回は解読しておきたい7つのお洒落用語を紹介します。

お洒落用語を解読しよう!

(1)ニュアンス

(1)ニュアンス

出典: unsplash.com

まずは「ニュアンス」。
ニュアンス感のあるファッションやニュアンスネイルなど、お洒落に欠かせないワードですよね。

日本のファッション界では、ニュアンスとは同じ系統だけど微妙にカラーに差異がある様などを指します。
ワントーンカラーなど、同じ系統カラーだけど微妙に違った色合いのものをニュアンス感やニュアンスカラーということが多いみたい。

>>ニュアンスファッションはこんな感じ♡

たとえばこちら。
アウターとトップスの色合いを微妙に変えているのがわかります。
この絶妙な色合いをニュアンスファッションというみたいです。

(2)アンニュイ

(2)アンニュイ

出典: unsplash.com

続いては「アンニュイ」。
もともとのフランス語では「気だるい」という意味ですが、日本ではキチッとキメたファッションに対して、ゆるっとしたファッションを指すことが多いみたい。

スポーティなゆるさではなく、カジュアルコーデをゆるっと着こなすのがアンニュイファッションとして認識されることが多いようです。

>>アンニュイファッションはこんな感じ♡

たとえばこちら。
カーディガンやパーカーなど羽織りものをゆるっと着こなしてアンニュイな雰囲気を演出。
お洒落に気だるさを出すのがポイント。

(3)シック

(3)シック

出典: unsplash.com

お次は「シック」。
シックもフランス語で、もともとは「お洒落な・上品な」などの意味があります。
日本では、大人っぽく落ち着いたファッションを、「シック」ということが多いようです。

>>シックなファッションはこんな感じ♡

たとえばこちら。
ジャケットでキリッとしたカッコよさを演出したコーデ。
落ち着いている感じが伝わります。
シックファッション=大人っぽい上品なコーデと思っておいて大丈夫かも。

(4)クラシック

(4)クラシック

出典: unsplash.com

続いては「クラシック」。
英語で「一流の・伝統的な・古典的な」という意味があるクラシックは、ファッションの場合だと時代に流されない普遍的なものを指すことが多いです。

時代のトレンドなどに流されず、ず〜っとある人気のファッションをクラシックというみたい。

>>クラシックなファッションはこんな感じ♡

たとえばこちら。
レトロなワンピースは、まさに時代に流されずいつでも女の子に愛されるアイテム。
トレンドに左右されないファッションのことを指してますね。

(5)エッジィ

(5)エッジィ

出典: unsplash.com

続いては「エッジィ」。
「エッジの利いた」とか「エッジィな」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。

エッジは英語で「先端」という意味なので、ファッションでは自己主張の強い、あるいは独自性のある様を表し、時代やトレンドに流されない自分らしいファッションのことを指します。

エッジを利かせた状態がエッジィと呼ばれています。

>>エッジィなファッションはこんな感じ♡

たとえばこちら。
他の人と被らないような個性が感じられるファッション。
エッジィなファッションは、自分らしさをファッションに詰め込んだ服装のことかも。

(6)抜け感

(6)抜け感

続いては「抜け感」。
抜け感は、かっちりした服装のなかに、ナチュラルさや力を抜いた雰囲気、少し崩した着こなしなどがプラスされていることを表します。

>>抜け感のあるファッションはこんな感じ♡

たとえばこちら。
ジャケットのセットアップでちょっとフォーマルなかっちり感を演出しつつ、ツルッとした素材のインナーを合わせて抜け感に。

クールな大人っぽさにちょっと崩した着こなしをプラスすると、お洒落度UPを狙えますね。

(7)こなれ感

(7)こなれ感

出典: unsplash.com

最後は「こなれ感」。
こなれ感は、「頑張っている感」を出さない様子を指すことが多いみたい。

頑張っていないのにお洒落。
そんな雰囲気が「こなれ感のある」という言葉で表現されているみたい。

>>こなれ感のあるファッションはこんな感じ♡

たとえばこちら。
他の人と被りにくいちょっと挑戦が難しいアイテムを、サラッと着こなしていますね。
こなれ感のある=お洒落上級者のことを指すのかも。

ファッションがもっと楽しくなりそう

ファッションがもっと楽しくなりそう

出典: up.myreco.me

意味がわかると、ファッションがもっと楽しくなる!
お洒落用語を解読して、新しいファッションの世界に足を踏み込んでみてはいかが?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。