それはまるで眠りを誘うホットミルクのよう。寒そうに見えない温感ホワイトコーデ

冬のコーディネートは、ついつい色が重たくなりがち。あえてホワイトコーデで誰よりも抜きん出てみませんか?「寒そう」と感じる人も少なくない白色ですが、素材やシルエットにこだわることで‘あたたかそうなホワイトコーデ’に仕上げることができますよ。レイヤードやオールホワイトコーデを今っぽくするポイントも併せてご紹介。

とっておきのホットミルクの作り方

とっておきのホットミルクの作り方

「冬に白色は寒そうに見える」って?
確かに言わんとすることは分かるけど、それはちょっと固定観念かもしれない。

‘寒そうな白’しか知らないなんてもったいないよ。
この世の中には‘あたたかそうな白’も、ごまんとあるじゃない。

出典: snapmart.jp

それは例えば、ホットミルクとか。

ホットミルクから立ち込める湯気は、私の眠りを誘う。
息を吹きかけて冷ましながら飲むホットミルクは、まるでその日の疲れを全て溶かしてくれるよう。

‘あたたかそうな白’のイメージが湧いたでしょ?
冬は、寒そうに見えないぬくぬくホワイトコーデを楽しめる、とっておきの季節なんだよ。

step1:まずミルクを温める

あたたかそうな「素材」にチェンジ

あたたかそうな「素材」にチェンジ

出典: 17kg.shop

ホワイトコーデをあたたかく見せるために、素材をチェンジ。子犬のようにもこもこした素材のアイテムを取り入れるだけで、見た目温度が1〜2℃アップしそう。

特に、アウターで取り入れると可愛いらしい雰囲気に。
予算的に何着も購入するのが難しい冬のアウターですが、だからこそ合わせやすい「白色」をGETして。

冬といえば、ニットですよね。

セーターなどのトップスで取り入れるのが王道ですが、きちんとボトムスまであたたかくしてこそ、温感ホワイトコーデ。ニット素材のスカートもおすすめです。

シンプルな色だからこそ、カラフルなタイツなどで遊んでもお洒落にキマりますね。

冬らしい「シルエット」のアウターを

冬らしい「シルエット」のアウターを

素材だけでなく、シルエットでもあたたかそうに見せてみよう。

特におすすめしたいのは、ショートダウン。上半身にボリュームをもってくることで、下半身をスッキリ見せられるかも。ミニスカートやスキニーなどの、タイトなボトムスを合わせてみて。

→ ダウンでもガーリーに仕上がるホワイト

ショートフードフェイクダウン

ZOZOTOWN

商品

ショートフードフェイクダウン

¥6,039

Futier land/フューティアランド
カジュアルになりがちなダウンを、ガーリーな雰囲気に仕上げてくれるのが白色。袖口にはゴムが入っていて、隙間から入る冷たい風を防いでくれます。

step2:足りなければミルクを足す

ホワイト同士でレイヤード

ホワイト同士でレイヤード

それでもまだ足りなさそうなら、ミルク(=白色のアイテム)を足します。
ホワイトアイテム同士でレイヤードしてみるのはいかが?

シンプルなワンピースに、ニットベストを合わせるとグッと今っぽくなりますね。
お洒落でかつ、ちょっとした抜け感があるところがポイント。

→ ディテールにはトレンドを詰め込んで

サイドリボンベスト

ZOZOTOWN

商品

サイドリボンベスト

¥6,050

AZIONE/アジオネ
冬に重宝するニットベストは、ディテールにこだわったアイテムを。サイドスリットでインナーを見せられるので、レイヤードの楽しみ方が無限大。

上下どちらもホワイトアイテムで

上下どちらもホワイトアイテムで

トップスもボトムスも白で合わせて、オールホワイトコーデを楽しんで。
色が重たくなりがちな冬だからこそ、白色が目立ちます。

単に白色のアイテムを合わせるだけだと、コーデ全体がのっぺりしがち。
ベルトなどの小物で、メリハリを上手くつけるのがお洒落さんです。

巾着バッグなどの小物のチョイスが可愛いのはもちろんのこと、着こなし方にポイントあり。

少し襟を抜いて、抜け感をプラスすると今っぽい雰囲気に。足元をスニーカーにしてカジュアルダウンさせているのも巧みですよね。

ぜひ参考にしてみて。

step3:ミルクに‘何か’を加える

ホワイトタイツでシュガー入り

ホワイトタイツでシュガー入り

ホットミルクに何かを加えてみるのもいいかもしれません。
例えば、シュガーを加えて甘みのあるミルクを楽しんで。

甘さをプラスするには、コーデにホワイトタイツを取り入れるのがgood。なんだかクラシカルな雰囲気が漂うコーデに様変わりします。

→ 今年の冬はリブタイツを着こなす

ウールコットンリブタイツ

ZOZOTOWN

商品

ウールコットンリブタイツ

¥6,600

SHIPS/シップス
ホワイトよりも肌に馴染みやすいアイボリーのタイツ。しっかりとした素材のため、防寒アイテムとしても大活躍の予感。一足持っておくと重宝しそうです。

辛さもあるジンジャーホットミルク

辛さもあるジンジャーホットミルク

ホットミルクには、ジンジャーを加えても美味しいのですよ。
また、はちみつなども加えると、また違ったまろやかな味わいに。

ピリッとするジンジャーのように少し個性的なアイテムを投入してみるといいかも。
アニマル柄のパイピングが入ったトートバッグなんていかがでしょうか。大人っぽいコーデに仕上がりますね。

アクセサリーで個性的なものを取り入れるのも手。
アクセサリーは一般的に服よりは価格帯が低いため、チャレンジしやすいですよね。

何連にも繋がった大ぶりイヤリングは、コーデの主役になれそう。
アクセサリーを際立たせるために服装をシンプルにする、という作戦もアリです。

ほわほわ湯気が出てそうなほど

ほわほわ湯気が出てそうなほど

出典: 17kg.shop

冬のあたたかい白色といえば、ホットミルク。

眠りを誘うホットミルクのような、あたたかみを感じるホワイトコーデを楽しんでみて。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。