じゃあ私たち今日から‘1日目’ね。付き合いたてカップルの様々な「初」をプロデュース

付き合いたての1年未満カップルは、二人で過ごす何もかもが新鮮。たくさんある「初◯◯」をさらに素敵に過ごせるようなコツをご提案。初デート・初プレゼント・初旅行の3つのシチュエーションに分けて紹介します。2年目からもずっと大切にできるような思い出を作って。

全てが新鮮に見えていて

全てが新鮮に見えていて

出典: snapmart.jp

「好きです、付き合ってください」を経て、私たちは今日から‘1日目’を過ごす。

1ヶ月、2ヶ月、いずれは1年記念日なんて迎えちゃうのかもしれないけれど、そんな先のことは正直よく分からない。

ただ、彼と一緒に過ごす「今」はとても新鮮で、飽きなくて、刺激的だ。

付き合いたてカップルがこれから一緒に経験するであろう、様々な「初◯◯」をさらに素敵にするような一工夫をささやかながらご紹介。

彼と経験する「初◯◯」は最初で最後。数年後も「いい思い出だったよね」なんて話せるような経験を作ろう。

初デート:彼氏彼女だからこそ緊張

今までしたことのないお洒落を

今までしたことのないお洒落を

出典: 17kg.shop

付き合う前も何度か2人で出かけてはいたけれど、いざ‘彼氏彼女’の関係になると、なんだか緊張してしまいますね。

付き合ってから始めてのデートは、彼にも伝わるようなお洒落をしてみよう。
普段は履かないようなヒールを履いたり、いつもと違うテイストの服を着てみたり、何か一歩踏み出してみて。

→ ネイルサロンに行ってみる

その中でも、特に自分の気分がアガるのはネイル。

セルフネイルも良いけれど、ネイルサロンでやってもらえるような‘とぅるとぅる’したジェルネイルはやっぱりなんだか特別。

1回の飲み会を我慢した3000円程度でできるので、ぜひ足を運んでみて。

屋内のデートスポットを考えておく

屋内のデートスポットを考えておく

出典: snapmart.jp

初デートを素敵な思い出として残すために、屋内スポットをいくつか押さえておくと吉。
天候や気温に左右されないような予定があると安心です。

雨でヘアセットが崩れてしまったり、気圧で体調が悪くなってしまったりしたら、せっかくの初デートを楽しめなくなりますよね。

帰り際の挨拶を忘れずに

帰り際の挨拶を忘れずに

出典: 17kg.shop

2回目のデートへの繋がり方がすごく大事。
今日のデートが楽しかったこと、次もまた早く会いたいことなどを帰り際に言葉で伝えましょう。

「終わりよければ全て良し」という言葉もあるように、最後が気持ちよく終わると、デート一日全体が良い思い出として二人の心に残るかも。

初プレゼント:どんなのが好きかな

季節物を選ぶのがオススメ

季節物を選ぶのがオススメ

相手の好みを把握するのはこれから。
まだ付き合いたての段階で、相手の好みぴったりなプレゼントを探すのは難しいですよね。

失敗を防ぐために、季節物を選ぶと良いかも。例えば冬は、いくつあっても困らないようなマフラーや手袋などを選んでみて。

ペアリングを一緒に選ぶ

→ SNSにも載せやすい写真として

出典: snapmart.jp

一人で考えるのではなく、プレゼントを二人で一緒に選ぶのもオススメ。

例えばペアリングを贈るのはいかが?
彼と一緒にデザインを選んで、2人だけのリングをオーダーメイドで作ってみて。

特別な初プレゼントになること間違いなしです。

「彼との写真を載せたいけれど、恥ずかしくて載せられない……」という方は、ペアリングをつけた手元を写真に収めて。

彼とのラブラブな雰囲気を、自然にアピールすることができますよ。
インスタグラムで、他のカップルがどのようにペアリングを写しているか色々見てみるのもいいかも。

旅行をプレゼントする

旅行をプレゼントする

出典: snapmart.jp

まだ好みを把握してきれていない時期には、何か「物」ではなく「経験」を贈るのもいいかもしれません。

一泊国内旅行や、彼と一緒に楽しめるような経験をプレゼントしてみて。宿代や交通費などを彼の分も出せるように今から貯金!

初旅行:ドキドキだらけの思い出を

ディズニーやUSJでお揃いを楽しむ

ディズニーやUSJでお揃いを楽しむ

彼との初旅行、1日中一緒にいられるなんてドキドキしてしまう。

関東への旅行ならディズニーリゾート、関西への旅行ならユニバーサル・スタジオ・ジャパンはやはり外せないところ。

彼とシミラールックで揃えると、特別な思い出になりそう。

→ ブラックかブラウンのアウター必須

どんなキャラクターに扮しようとも、王道なブラウン or ブラックを持っておくと間違いなし。メンズも、その2色のベーシックカラーなら合わせやすいかも。

どんなテイストにも合わせやすく、普段使いのしやすさも抜群のマストアイテムです。

写真をたくさん撮ってもらう

写真をたくさん撮ってもらう

たくさんの思い出を、写真として形に残してみよう。

もちろん自分たちで写真を撮り合うのも楽しいですが、プロの方に写真をお願いしてみるのもたまにはいいかも。自分たちでは撮れないような、高画質で自然体の素敵な写真をたくさん撮ってもらえますよ。

例えば『Lovegraph(ラブグラフ)』に依頼してみるのはいかが?

Instagram
Official Site

→ 肌のコンディションを整えていこう

出典: lipscosme.com

一眼レフカメラなどで撮ってもらうことの多い、撮影サービス。スマホのカメラアプリなどと違って、色々とリアルに写ってしまいます。

特に、意識したいのが肌。
いつものスキンケアに+αで美容液を取り入れて、一眼でも綺麗に写る肌を手に入れよう。

「初」特有の新鮮さがなくたって

「初」特有の新鮮さがなくたって

全イベントが新鮮だった1年間。
こんなに特別な思い出を詰め込んだ1年間があれば、彼となら2年目も楽しめそう。

「いい思い出だったよね」って話をしたいから、これからももっと私といてね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。