この一冊が、君に捧げるラブレター。恋するあなたへ贈る5冊のBOOKS&COMICS

恋した時に読みたい、5冊の小説や漫画をご紹介します。『マチネの終わりに』『星がひとつほしいとの祈り』『ボクたちはみんな大人になれなかった』『ハニー ビター ハニー』『手紙』。あらすじと併せて、装丁に近づくファッションや待ち合わせにおすすめのショルダーバッグ、『nahrin』のハーブオイルをピックアップしました。

気持ちが溢れた、そんな夜の明かし方

気持ちが溢れた、そんな夜の明かし方

恋をした。

彼と話した一言一句を反芻して、一日の疲れを癒やす。
そんな夜が好き。

出典: snapmart.jp

□マチネの終わりに
□星がひとつほしいとの祈り
□ボクたちはみんな大人になれなかった
□ハニー ビター ハニー
□手紙

気持ちが溢れた夜、切なくて悲しみが押し寄せた夜、どんな時も、恋する気持ちをすくい上げてくれる。

そんな、とっておきの5冊をご紹介します。

第一夜:マチネの終わりに

第一夜:マチネの終わりに

1998年に出版された、デビュー作『日蝕』で翌年に芥川賞を受賞した平野啓一郎さんの小説、『マチネの終わりに』(文藝春秋)。

実写映画化もされたこちらの作品は、過去と現在と未来を通し惹かれ合う二人の男女の姿が、リアリティと臨場感たっぷりに描かれています。

▼story|あらすじ

出典: snapmart.jp

天才ギタリスト・蒔野聡史(まきのさとし)と国際ジャーナリスト・小峰洋子(こみねようこ)。
40代を前に惹かれ合う二人の前に、芸術と生活、父と娘、グローバリズム、生と死など、現代を象徴するような数々の試練が現れる。

二人が辿り着く、切なすぎる恋の結末は…?

読了後も余韻が止まらない一冊です。

Amazon

目を奪われた装丁に、近づきたくて

ルーズオーバーニットワンピース

ZOZOTOWN

商品

ルーズオーバーニットワンピース

¥8,690

KBF

ルーズなシルエットがラフで可愛らしいニットワンピース。トレンドのくすみブルーがポイントです。

指先にイエローを仕込んで。
単色ネイルでも可愛いですが、こんな風にアシンメトリーなデザインを施しても可愛い。

うるつやな質感もおしゃれです。

第二夜:星がひとつほしいとの祈り

第二夜:星がひとつほしいとの祈り

柔らかに紡がれる文章が特徴的な、原田マハさんの『星がひとつほしいとの祈り』(実業之日本社)。

珠玉の物語が7編収録されている短編集。
人生の何気ない喜びや救い、素晴らしさに気づかせてくれる、優しい物語です。

▼story|あらすじ

出典: snapmart.jp

私のイチオシは「長良川」というお話。

50代で夫をガンで亡くした堯子が、娘とその婚約者とともに、かつて夫と旅した長良川を訪れる。
夫との幸せに満ちた思い出を振り返りながら、彼女は未来へ歩みを進めていくー…。

あたたかいセリフと情景描写に、読んでいて涙が止まらなくなるはず。

Amazon

第三夜:ボクたちはみんな大人になれなかった

第三夜:ボクたちはみんな大人になれなかった

Webサイト『cakes(ケイクス)』で反響を呼び書籍化された、燃え殻さんの小説『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)。

哀愁たっぷりの文章で紡がれる、一人の青年の初恋と失恋。著者のキャッチーな言葉選びが光ります。

▼story|あらすじ

出典: snapmart.jp

SNSで、昔好きだったその人の名前を見つけた「ボク」。
無意識に送信していた「友達リクエスト」をきっかけに、90年代、彼女と過ごした日々がカメラロールをスクロールするかのように溢れ出す。

記憶の奥に忘れられない人がいる、そんなあなたに心からおすすめできる一冊です。

Amazon

待ち合わせの目印は‘赤いショルダーバッグ’

ショルダーバッグ スクエア レザー ショルダー バッグ

ZOZOTOWN

商品

ショルダーバッグ スクエア レザー ショルダー バッグ

¥3,608

chuclla

初デートの待ち合わせには、お目立ちカラーのショルダーバッグをチョイス。

ミニマルなデザインながら、マチがあるため収納力も◎。

第四夜:ハニー ビター ハニー

第四夜:ハニー ビター ハニー

加藤千恵さんの『ハニー ビター ハニー』(集英社)は、酸いも甘いも嚙み分ける、いろんな恋愛の形を味わうことのできる短編集です。

感傷的な心理描写や、詩的な比喩表現が見どころ。

▼story|あらすじ

出典: www.beepsheepshamp.com

「友だちの彼」は、親友の彼氏に恋をした女子大生・里穂のお話。ダメだとわかっていても、何気ないことがきっかけで彼と身体を重ねる関係になってしまう。

友情と罪悪感と、彼への恋心で揺れる主人公。

恋愛のやるせなさ、切なさを、リアルな表現で紡いだ物語。あなたもきっと、心のどこかで共感するはず。

Amazon

第五夜:手紙

第五夜:手紙

優しい絵のタッチと独特の間の取り方で、まるで映画をみているような気持ちにさせてくれる、谷川史子さんの短編集『手紙』(集英社)。

今回紹介する中で唯一のコミック作品。
表題作を合わせて、4編の読み切りが収録されています。

▼story|あらすじ

出典: snapmart.jp

表題作の『手紙』は、上京し一人暮らしをしているハタチの女子大生・素子が、アパートの前の住人・徹の母親と、ひょんなことから文通する仲になるという話。

徹の母と文通を重ねるごとに、故郷で離れて暮らす母親との絆に気づかされる。なんとも心温まる作品です。

Amazon

忙しない日々の中で、恋を見つけたあなたへ

忙しない日々の中で、恋を見つけたあなたへ

忙しない日常の中でも、しっかり休息をとって心を休めるのも大切です。

『nahrin(ナリン)』のハーブオイルは、リラックスしたい時におすすめ。
ロールオンタイプなので、疲れた時にさっと首やこめかみに塗ってリフレッシュできますよ。

¥2,530

購入はこちら

ほしかったのは、きっとこんな言葉たち

ほしかったのは、きっとこんな言葉たち

出典: snapmart.jp

胸がキュッと縮んで、フワッと優しい気持ちに満たされた。

□マチネの終わりに
□星がひとつほしいとの祈り
□ボクたちはみんな大人になれなかった
□ハニー ビター ハニー
□手紙

私がほしかったのは、きっとこんな言葉たち。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

恋愛の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。