あゝエモいって正義かも。もっとフィルムが好きになる“写ルンです”の魅力って?

デジタル化されている現代だからこそ、レトロのものだったりアナログアイテムに惹かれてしまう。この記事では、再ブレークを遂げた『写ルンです』の魅力を紹介しています。フィルムならではのあるあるなどを踏まえて、もっとフィルムを好きになってもらえたら嬉しいです。ぜひご覧ください♪

あのエモさが堪らんのです

あのエモさが堪らんのです

出典: snapmart.jp

あのザラッと感、レトロな雰囲気が堪らない。
それに『写ルンです』自体が持っているだけでお洒落な感じがして手放せなくなってしまうんです。

出典: snapmart.jp

あの昔ながらの撮影方法に少し手間のかかるプリント、だけど持っているだけで気分が上がってしまう。
いつでもバッグに忍ばせておきたいほど___。

さあ、あなたもフィルムの沼にはまってみない?

27枚の制限がクセになる

27枚の制限がクセになる

出典: snapmart.jp

フィルムには枚数の制限があります。
写ルンですだと27枚、かなり少なく感じますよね。

スマホと違ってパシャパシャ撮っていたらあっという間になくなってしまうから、そこも踏まえて計画的に撮っていくのが楽しいんです。

出典: snapmart.jp

フィルムは学校生活やテーマパーク、旅行やたあいもない風景などのふとした思い出を少しずつ撮り溜めていくことができます。

いつもの写真よりエモく味のある1枚が撮れます。

撮りたくなるあるある

友達ばっかの写真になりがち

友達ばっかの写真になりがち

出典: snapmart.jp

撮るのが楽しすぎて、あっという間に27枚撮り終わってしまうほど熱中できる写ルンです。

ふと思い返してみると友達の写真しか撮っていないことに気づき、現像したら自分が写っている写真が1枚もないってことも(笑)

エモいアイテムを撮りがち

エモいアイテムを撮りがち

出典: snapmart.jp

普段は撮らない踏切や看板、商店街などを撮りたくなってしまうんです。

レトロだったり味があるものをフィルムで撮るとエモい写真を撮ることができちゃいます。

撮ったあとの現像で楽しさ2倍に

撮ったあとの現像で楽しさ2倍に

出典: snapmart.jp

フィルムのおもしろいところって、すぐに写真が確認できないところでもあると思うんです。

だからこそ現像する時にワクワクするし、楽しみがまた一つ増えたみたいで撮り甲斐があるんです。

出典: snapmart.jp

スマホだと撮った写真をすぐ確認できるから、上手く撮れなかったなと思ったら撮り直しも◎

フィルムは失敗しても撮り直しができないけど、そこが楽しかったりもするんです。

フィルムの失敗あるある

フラッシュ焚くの忘れがち

フラッシュ焚くの忘れがち

出典: snapmart.jp

意外とあるんです、フラッシュのつけ忘れ。
明るいところでもフラッシュを焚いた方が綺麗な写真が撮れることも___。

明るいところでのフラッシュ忘れは味になったりしますが、暗いところだと真っ暗な写真になってしまうかもしれません。
撮る前にフラッシュCHECKを!

近すぎてピンボケしがち

近すぎてピンボケしがち

出典: snapmart.jp

可愛い指輪をゲット!下から記念に撮ろうっと。

現像してみたらピントが合っていなかったということもあるかもしれません。ピンボケしないためには1mほど離して撮るのが良いんだそうです。

※本体に記載されている「フラッシュ撮影距離」をチェックしよう。

フィルムカメラを使ったことがない人へ

フィルムカメラを使ったことがない人へ

出典: snapmart.jp

フィルムって撮ったはいいものの、「現像の仕方が分からない!」とか「現像って大変そう」って印象があるかもしれません。

だけどそんな心配はいりません。カメラ屋さんに持っていくだけで簡単に現像できるので、強いて言うならカメラ屋さんに行く気力の問題です。

出典: snapmart.jp

[現像後の写真の受け取り方は大きく分けて2つ]

①現像後に写真にしてプリント
②現像後に携帯に画像を転送
もちろん両方でも大丈夫ですよ。

携帯に転送って自分でやるの?

携帯に転送って自分でやるの?

出典: snapmart.jp

前まではCDにデータを保存してもらってお家で携帯に移すという方法でした。

だけど今では携帯でQRコードを読み込むだけで、もっと簡単に画像を取り込めるようになったんです。簡単だから気軽にフィルムを始められそうです♪

こんな時があるかも

こんな時があるかも

出典: snapmart.jp

②の“携帯に画像を転送する”のパターンで現像した後に、「あーやっぱりプリントにもしておけば良かった…」と思ってしまうことも。

出典: snapmart.jp

安心してください、プリントはいつでもできるところがフィルムの魅力でもあるんです。

現像した時に貰う本体のフィルムを大切に保管しておけば、そのフィルムをカメラ屋さんに持っていくだけでプリント可能です。ちゃんと取っておこう!

エモ〜い思い出を残してみない?

エモ〜い思い出を残してみない?

アナログで撮るからこその楽しみがある。
写ルンですを始めてみませんか?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。