今年こそ、赤リップが似合う女になりたい。イエベ・童顔・薄い唇etc.でもコツがある!

大人っぽい綺麗な色合いが特徴の「赤リップ」。憧れてはいるけれど、いざ自分が使ってみるとどこか似合わないような気がしたり、違和感があるように思えたりして。けれど、他のメイクとのバランス、髪色やリップのカラー、塗り方などにこだわればどんな方でも似合う赤リップメイクが見つかるはず!この記事では、そんなコツをご紹介します。

気持ちをグッと高めてくれる魔法の色

気持ちをグッと高めてくれる魔法の色

出典: latte.la

見ているだけでも、うっとりしてきてしまいそうな色、「赤」。
そんな赤が似合う女の人って、色っぽくてかっこよくて素敵に見える。

でも、自分が使うと本当に似合っているのか心配になってきたりして…。

今年こそ、「赤が似合う女」になりたいんです

今年こそ、「赤が似合う女」になりたいんです

今年こそ、赤リップは自分には合わない、なんて考えから卒業したいんです。

この記事では、そんな方に向けて赤リップを似合わせるためのメイクテクニックやコツをご紹介します。

魅惑のリップを手に入れれば、さらに自分に自信が持てるようになるはず♡

▷主役の赤リップを意識して

ベースは「色白×ツヤ肌」

ベースは「色白×ツヤ肌」

発色の良い赤リップを生かすためには、他のメイクとのバランスが欠かせません。

ベースメイクなら、ぱっと明るい印象のある色白でツヤ感のある肌を目指してみて。
いっそうリップの赤の色合いが綺麗に見えますよ。

引き算メイクが正解なんです

引き算メイクが正解なんです

出典: snapmart.jp

チークなどのカラーメイクは、控えめにすることでごちゃごちゃとした印象を抑え、すっきりと仕上げることができます。

また、眉はパウダーを使ってふんわりと見せると、ぱきっとしたイメージのリップとの相性も良さそうです。

▷髪色とのバランスも大切

暗髪で赤をひき立てて

暗髪で赤をひき立てて

印象のはっきりした赤リップとの相性がいいのは黒髪を始めとした「暗髪」だと言われています。

暗めの髪色の中に、リップでビビットな発色が入るとお洒落なアクセントになりそう。

逆に、明るい髪色だとぼやけた印象になってしまうかもしれませんね。

アッシュ系なら暗髪でも抜け感◎

アッシュ系なら暗髪でも抜け感◎

髪色を暗くすると、重い印象になってしまわないか心配…という方におすすめなのが、アッシュ系の暗髪です。

「ラベンダーアッシュ」や「バイオレットアッシュ」など青系のカラーが入ったアッシュの色合いなら、抜け感を演出できますよ◎

▷赤の中でも、自分に合った赤を

あなたにしっくりくる赤がきっとある

あなたにしっくりくる赤がきっとある

出典: lipscosme.com

一口に「赤リップ」と言っても、その色合いや質感は様々です。

自分のパーソナルカラーや顔立ちに合っていないリップを選んでしまうと、赤の印象がメイクの中で浮いたように見えてしまうかも。

例えばパーソナルカラーの場合

例えばパーソナルカラーの場合

出典: lipscosme.com

例えば、パーソナルカラーに合わせて考えてみると、赤の中でも以下のようにそれぞれに似合う色合いがあると考えられています。

イエローベースさん→オレンジやベージュ系のカラー(写真上)
ブルーベースさん→青みピンク系のカラー(写真下)

※写真はイメージです。

じゃあ、すでに持っている赤リップは?泣

じゃあ、すでに持っている赤リップは?泣

出典: lipscosme.com

そんなこと言われても、自分に合わない色合いの赤リップを以前に購入した、という方もいらっしゃるはず。

それならば、カラーグロスを重ねて雰囲気を変えてみてはいかが?

黄味を加えてくれる「イエローグロス」は、イエベさんの強い味方になってくれるはず♡

▷最後は塗り方にこだわって

ぽんぽん塗りで少しずつ馴染ませて

ぽんぽん塗りで少しずつ馴染ませて

赤リップが似合うための準備ができたら、最後に塗り方を確認しましょう。

ベタっと唇全体に濃く塗ってしまうと違和感の原因に。
唇の中心からグラデーションを作るように、ぽんぽんと重ねていきましょう。

特に、童顔さんはこの点を意識すると、メイクへの馴染みがよくなりますよ。

薄め唇には、グロスでぽってり感を

薄め唇には、グロスでぽってり感を

出典: lipscosme.com

唇の薄さが気になる方は、仕上げにうるおいを足してくれるグロスを重ねて。

唇の輪郭をぼかしながら、ぽってりと見せることで大人っぽい赤リップの印象に合った色っぽさを演出できます♡

今年こそ、私も「赤が似合う女」に

今年こそ、私も「赤が似合う女」に

出典: 17kg.shop

つけているだけで、なんだか気持ちも高まる「赤リップ」。

難しそうに思っていたけど、いくつかのポイントを押さえれば私でも挑戦できそう。

今年は、赤が似合うちょっぴり大人な女性を目指してみようかな。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。