さよなら原宿駅。2020年建て替えの前に見る原宿の思い出&令和版おすすめSPOT
amillyamilly
お気に入り

さよなら原宿駅。2020年建て替えの前に見る原宿の思い出&令和版おすすめSPOT

2020年に建て替えが決まったJR原宿駅。今までの木造建築の原宿駅が生まれ変わります。こちらの記事では、そんな原宿駅周辺の平成の思い出を振り返り、令和版・原宿駅周辺のおすすめSPOTをご紹介。2つの韓国カフェと3つの韓国コスメショップなど、今アツい韓国系のお店について見ていきましょう。もう一度原宿に行きたくなるはず。

更新 2021.09.19 公開日 2019.12.14
目次 もっと見る

あの原宿駅がなくなる…?

小・中学生の頃、よく遊びに来た竹下通り。
賑やかな竹下通りとは対照的にレトロな木造建築が印象的なあの原宿駅。
都心の駅とは思えない改札の少なさだけど、そのこぢんまりとした感じが良かったんだよな〜。

JR原宿駅が2020年・建て替えが決定

そんなJR原宿駅が、2020年に生まれ変わり、現在建設中の新駅舎との併用が始まります。
老朽化も進み、時代の移り変わりに合わせて変化が求められるのは当たり前だけど、ちょっと寂しいですよね。

現在の駅舎は東京オリンピック・パラリンピック後に解体されますが、今のデザインを再現して建て替えられる予定です。

:原宿駅周辺で振り返る思い出のあれこれ

「GAPの前で待ち合わせね」

原宿駅のすぐ近くに2019年5月まであった『GAP フラッグシップ原宿』。

「駅前は混んでるから、GAPの前で待ち合わせね。」
そんな思い出のある場所。
来年にはコスメセレクトショップ『@cosme store(アットコスメストア)』の大型路面店がオープンします。

「これが東京か」を知った竹下通り

初めて竹下通りに来たのは何歳の頃だろう。
多分小学生だったなあ。

「これが東京か〜」と東京やその近くに住んでいながらも、たくさん刺激が詰まったこの場所にワクワクしていた。

初めての原宿で食べたマリオンクレープ

今はタピオカや電球ソーダなど、原宿といえば…で思いつくスイーツはたくさんある。
だけど、平成世代の私たちは原宿=クレープのイメージが強くて。

老舗クレープ屋さんの『マリオンクレープ』で食べた味が忘れられないな。

:原宿のおすすめSPOT〜令和版〜

今の原宿はコリア充がすごい!

ここからは現在の原宿駅周辺について見ていきましょ。

今は韓国から来たカフェやコスメショップがとっても人気。
原宿で加速するコリア充についてご紹介します。

カフェ|NERDY

2019年10月にオープンしたばかりの『NERDY(ノルディ)』。

カラフルなストリートウェアが韓国で絶大な人気を誇るNERDYのショップが日本上陸。
お洒落なカフェも併設されています。

まるで韓国のカフェに来たような気分になれる、どこを撮ってもインスタ映えする空間。
お洋服を見た後は、ゆっくりカフェオレで一息ついてみて♡

◎information
住所:東京渋谷区明治神宮前3丁目20番6号
営業時間:[月・木/日]11:00~19:00[金・土]11:00~20:00
定休日:火曜日・水曜日
詳しくは公式ホームページをチェックしてくださいね。

カフェ|REMICONE

もう一つご紹介するカフェは、『REMICONE(レミコン)』。

カラフルな綿あめやメレンゲ、マカロンを使ったメニューが女の子の間で人気。
こちらも韓国発のカフェなんです。

シンプルでお洒落な内装に、キュートなスイーツがとっても映えます♡
チーズットハットグなどしょっぱい系のメニューもあるので、男の子とも来られそう。

◎information
住所:東京都渋谷区神宮前4-25-35 メイプルスクエア2F
営業時間:10:30〜21:00
定休日:なし
詳しくは公式ホームページをチェックしてくださいね。

コスメ|3CE

キュートなパッケージで人気の韓国コスメブランド『3CE(スリーシーイー)』。
竹下通りにある『STYLENANDA HARAJUKU(スタイルナンダハラジュク)』に併設されています。

フォトスポットもあり、観光客の方にも人気。

◎information
住所:東京都渋谷区神宮前1丁目6-9 OM169ビル
営業時間:10:00~21:00
定休日:なし

コスメ|innisfree

自然派で人気の韓国コスメブランド『innisfree(イニスフリー)』。
竹下通りにも路面店があります。

乾燥が気になるこの季節、人気アイテムである洗い流すパックをぜひgetしてみてくださいね。

◎information
住所:東京都渋谷区神宮前1丁目6-5
営業時間:10:00~20:00
定休日:なし

コスメ|ETUDE HOUSE

最後にご紹介するのは、『ETUDE HOUSE(エチュードハウス)』。
今までご紹介した3つの韓国発のコスメブランドの中で一番最初に竹下通りにオープンしたETUDE HOUSE。
ハイクオリティのコスメがプチプラで手に入る、女の子の味方です♡
クリスマスコフレや新作のアイシャドウパレットをチェックしてみて。

◎information
住所:東京都渋谷区神宮前1丁目7-1 CUTECUBE HARAJUKU 1F
営業時間:10:00~20:00
定休日:なし
※こちらは『ETUDE HOUSE原宿・竹下通り本店』の店舗情報です。

進んでいく時代だけど思い出はずっと大切に

時代は進んで、それに合わせて周りも変わっていく。
変わって良いことも、変わってほしくないことがあるのも本音だけど、そんな昔の思い出を大事に、新しい原宿駅から発信されるものを楽しみにしましょ。

spacer

RELATED