私にセンスと休息をください。週末のヒトリ旅はアートな四国の島でQOLを上げる作戦

この記事では、瀬戸内海に浮かぶアーティステックな3島を新しい週末の行き先として提案します。都会の雑踏から抜け出して、豊かな自然に囲まれて、美味しいものを食べて、心からののんびりを味わってみてくださいね。自然派のアートに触れることであなたのQOLもきっと上がるはず!

四国旅行がちょっと気になるの

四国旅行がちょっと気になるの

出典: snapmart.jp

毎日の雑踏から解き放たれて、いつもよりもゆっくりとした時間が流れる島に行きたい。
何もかも忘れて、美味しいものを食べて、アートに触れる。
そんな週末もいいじゃない?
疲れた女性におすすめなのが、国内でも行きやすく魅力がたっぷりなのが四国地方なのでした。

四国旅行に行くなら島巡り

四国旅行に行くなら島巡り

出典: snapmart.jp

四国地方を車でドライブしてみてもいいけれど、
ちょっと船に乗って島めぐりをしてみませんか?
この記事では四国地方の中でも「うどん県香川県」に属するおすすめの島を紹介していきます。
「直島」「豊島」「男木島」の3つの島にフィーチャーしていきます。

直島:ちょっと足を延ばせばそこは別世界

島がまるごとアートスペースなの

島がまるごとアートスペースなの

出典: snapmart.jp

香川県香川郡に位置する直島へのルートは以下のようになっています。
①各都市から 高松港(高知県) or 宇野港(岡山県) へ
②各港から フェリー or 高速船 で直島へ

「所要時間」
高松港から直島までは約1時間。
宇野港から直島までは約20分弱。
※フェリーの本数は日に5本〜10本なので時間を確認してスケジュールを立てましょう。

「直島行きフェリー」はこちら

出典: snapmart.jp

瀬戸内海に浮かぶこちらの島。
島に着くと街の至るところにアートが隠れているのです。
可愛らしいペイントや、アーティスティックなオブジェの数々。
画像の自転車置場は、フランスのルーヴル美術館別館の設計を手がけたことでも知られる建築家ユニットのSANAA(サナア)が設計したアート作品なのです。

草間彌生さんの「かぼちゃ」を見に行こう

草間彌生さんの「かぼちゃ」を見に行こう

直島の港、宮浦港に着くとすぐに赤のかぼちゃがお出迎えしてくれます。
上陸したら、まずは赤かぼちゃと写真をパシャリ。

芸術家の草間彌生さんの作品で有名なこちらのかぼちゃはこの島には2箇所あり、黄かぼちゃの方には少し移動が必要なので交通手段を確保しておきましょう。

かぼちゃの黄色と空と海の水色のコントラストが淡くて素敵ですね。
存在感のあるかぼちゃが海を感じる島にあるということ自体もアートの一つなのかも。
この島には草間彌生さんの作品だけでなく、他のアーティストの作品もたくさんあるのでチェッしておきましょう。

豊島:山海の幸が豊かな島

アートとグルメを味わえる素敵な場所

アートとグルメを味わえる素敵な場所

出典: snapmart.jp

香川県小豆郡土庄町に位置する豊島(てしま)内はバスの本数が少ないので、電動のレンタサイクルを利用することをおすすめします。
道のアップダウンが激しいので電動を選びましょう〜。

出典: snapmart.jp

昔からの稲作、近年ではイチゴやみかん、レモン、オリーブなどの栽培が盛んで、島の特産品になっています。
そんな特産品を使ったグルメを頂けるカフェもあるのでチェックしてくださいね。

海のレストラン

檸檬ホテルで体験型アートを

檸檬ホテルで体験型アートを

「2人でカップルになりなさい。相手がいない場合は、現れるまでしばし待つ。」
この指示に従っていく体験型のアート作品になっています。
一日一組のみ宿泊することができますが、あくまでも作品なのです。

最後に「ほほ檸檬」というほっぺとほっぺで檸檬を挟んで写真を撮るというものがありますが、
仲良し同士で行っても、その時に知り合った人とでもきっと最後の写真は笑顔で撮れるはず!
作品鑑賞も予約必須なので、公式HPをチェックしておきましょう〜。

「Information」
住所 香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃984
お問い合せ inquiry@lemonhotel.jp

檸檬ホテル

男木島:ノスタルジックで懐かしい

男木島:ノスタルジックで懐かしい

出典: snapmart.jp

香川県高松街男木町に位置する男木島へは高松港から出ているフェリー(通称:めおん号)で行くことができます。所要時間は40分ほどです。
ノスタルジックな雰囲気ただようこちらの島には『男木交流館』という大きなオブジェが特徴的な施設があります。

めおん号 時刻表

こちらは「歩く方舟」。
男木漁港に設置された山口啓介のアート作品で、旧約聖書に出てくるノアの方舟にヒントを得た立体作品で、海や空に溶け込む白と青の模様をした方舟が、海を渡ろうと歩く様子を視覚化しているのだそう。
歩いていていきなり現れてたらびっくりしますよね!
そんな驚きも含めてアートなのかも。

オンバファクトリー

オンバファクトリー

こちらのオンバファクトリーでは乳母車という意味の「オンバ」にカラフルにペイントされたものを見ることができます。
カフェスペースもあり、ゆっくりすることも出来るのでおすすめです。
オンバの形をしたケーキがなんとも愛らしくて可愛いのですよ。

こちらのカラフルな壁は眞壁陸二さんによる、男木島路地壁面プロジェクト の「wallalley」。
坂道の石畳や路地をカラフルにペイントされている情景に出会うことができます。
島の景観の一部として取り込まれているこちらの壁もきっと写真映えするはず!

香川の島巡り、楽しそうじゃない?

香川の島巡り、楽しそうじゃない?

出典: snapmart.jp

美味しいものを食べて、豊かな自然に触れて、アートを感じる。
時間を忘れて、思いのままに楽しむこともきっと私たちにとって大切なのだと思います。
一度は行っておきたい四国の旅。
次の週末はお一人様で。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

旅行・おでかけの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。