保湿の意外な落とし穴『オイル焼け』。冬のスキンケアの正しい知識を身につけましょ

乾燥が気になる冬のスキンケアで気をつけたいのが、オイル焼け・油焼け。油分が紫外線によって酸化し、肌のシミ・くすみ・色素沈着を引き起こしてしまう現象です。朝のスキンケアに取り入れるなら、酸化しにくいホホバオイル、ココナッツオイル、アルガンオイル、オリーブオイル、椿オイルなどがおすすめです。正しい知識を身につけて。

乾燥が気になる時期のつよーい味方

乾燥が気になる時期のつよーい味方

出典: www.seoulperlife.com

乾燥が気になってくる季節。

お肌の潤いを保持するために、スキンケアにオイルを取り入れる方も多いのではないでしょうか?

綺麗になりたくて、やっていたのに…

綺麗になりたくて、やっていたのに…

出典: unsplash.com

綺麗になりたくて頑張っていたのに。

冬のスキンケアには、思わぬ落とし穴が…。
その名も、“オイル焼け”。

そもそも“オイル焼け”ってなぁに?

そもそも“オイル焼け”ってなぁに?

出典: unsplash.com

オイル焼け・油焼けとは、油分が紫外線によって酸化し、肌のシミ・くすみ・色素沈着を引き起こしてしまう現象のこと。

オイルの種類によって酸化しやすいものとしにくいものがあるんです。

また、あまり精度の高くないオイルもオイル焼けを引き起こしやすいと言われています。

「油焼け」とは、肌についた油分が太陽からの紫外線や熱などの影響で、酸化してしまう現象のこと。油焼けが起こると、肌のシミやくすみ、色素沈着の原因になってしまうことがあるんです。

出典:www.mamatenna.jp

朝に使うのは避けたほうがいいNGオイル

朝に使うのは避けたほうがいいNGオイル

出典: unsplash.com

オイルの中でも
・グレープジードオイル
・ローズウッドオイル
・馬油
・亜麻仁油
などは特に酸化しやすいと言われているので注意しましょう。

出典: www.seoulperlife.com

上記のオイルを使用する場合は、
①夜のスキンケアのみ使用する
②朝スキンケアをする前には洗顔をして洗い流す
のがおすすめです。

より酸化しやすいオイルには、グレープシードオイル、ローズウッドオイル、馬油、亜麻仁油(フラックスシードオイル)などがあります。

出典:www.biteki.com

日中におすすめのオイルが知りたい!

ホホバオイル

ホホバオイル

出典: unsplash.com

ホホバとは、砂漠に生える多年草の植物。
その実や種子から取れるのがホホバオイルです。

砂漠で育つホホバは乾燥に強く、酸化しにくいことに加えて日焼け止めの効果も期待できるんだそう。

出典: lipscosme.com

『無印良品』
ホホバオイル
:890円(50ml)
:1,590円(100ml)
:2,490円(200ml)

お顔はもちろん全身に使用することができます。

肌なじみが良く、さらっとした使用感なのでオイルのベタベタが苦手な方も使いやすいかもしれませんね。

購入はこちら

ココナッツオイル

ココナッツオイル

出典: unsplash.com

ココナッツの種子から抽出されるココナッツオイル。

ココナッツオイルも酸化しにくく、日焼け防止効果が期待できるんだそう。

アルガンオイル

アルガンオイル

出典: unsplash.com

モロッコの南西部にしか育たないアルガンの木の種子から採れるアルガンオイル。

ビタミンEが豊富で、肌のハリや弾力を高めてくれるリノール酸・リノレン酸が豊富に含まれているオイルなんです。

出典: lipscosme.com

『Melvita(メルヴィータ)』
ビオオイル アルガンオイル
:3,960円(50ml)

着色料や防腐剤などの化学物質を一切使用していないアルガンオイル。

洗顔後すぐにブースターとして使用すると、その後使用する化粧水やクリームの潤いを抱え込んでくれます。

さらっとしたテクスチャーです。

購入はこちら

オリーブオイル

オリーブオイル

出典: unsplash.com

オリーブの果実から得られるオリーブオイル。

オリーブオイルに含まれるオレイン酸は、人の皮脂と似た成分でできているため、肌になじみやすいのが特徴です。

出典: lipscosme.com

『DHC(ディーエイチシー)』
DHCオリーブバージンオイル
:3,982円(30ml)

スペインで有機栽培されたオリーブの木の実から抽出したオリーブオイルです。

酸価は0.1以下という精度の高いオイルです。

購入はこちら

椿オイル

椿オイル

出典: lipscosme.com

お肌だけでなく、髪のオイル焼けにも気を使いたいところ。

椿オイルも酸化しにくいオイルの一つ。
朝のヘアスタイリングにおすすめです。

出典: lipscosme.com

『大島椿(おおしまつばき)』
大島椿
:1,210円(40ml)
:1,650円(60ml)
:2,530円(120ml)

無香料・無着色・天然椿油100%の植物性オイルです。

髪や頭皮の保湿におすすめです。

購入はこちら

酸化しにくいオイルには、オリーブオイル、ホホバオイル、ココナッツオイル、椿油、アルガンオイルなどがありますので、これらを日中に代用してもいいかもしれません。

出典:www.biteki.com

正しい使い方で綺麗に近づこう

正しい使い方で綺麗に近づこう

出典: www.seoulperlife.com

正しいオイルの使い方で、冬のお肌の乾燥と向き合いましょう。

朝と夜でしっかり使い分けて、綺麗に近づきましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。