eyeをポイントにして、可愛くなるの。4タイプのアイライナーと引き方をご紹介

アイメイクには、アイラインが欠かせないですよね。メイクをするならeyeを主役にしたいというあなたのために、リキッドタイプ、筆ペンタイプ、ペンシルタイプ、ジェルタイプの4つのタイプのアイライナーとアイラインの引き方をご紹介します。ベーシックな引き方から上級者向けのはね上げラインまで全部チェックしてみてください♡

メイクのポイントは、やっぱりeyeだよね

メイクのポイントは、やっぱりeyeだよね

メイクをする時、いつもeyeを主役にしたくなる。
だって、どんな色のアイシャドウをどのように使うか、どのタイプのアイライナーを使ってどんな風にアイラインを引くかによって、顔の印象が大きく変わるから。

大きくてうるっとしたeyeをつくるだけで、可愛くなった気分になるんです。

出典: up.myreco.me

そんなアイメイクの中でも、特に大切にしたいのは、アイライン。
存在感が大きいので、アイラインの有無でアイメイクの雰囲気が変わるのはもちろん、目の形も違う風に魅せられたりするんです。

この記事では、アイライナーのタイプと引き方をご紹介します。

自分にぴったりなアイライナーを見つけて

1|リキッドアイライナー

1|リキッドアイライナー

出典: lipscosme.com

まずご紹介するのは、リキッドタイプのアイライナー。
のびがよくしっかり発色するのが特徴です。

画像のアイテムは、『ETUDE HOUSE(エチュードハウス)』の「オーマイ アイライナー」。
くっきりとしたラインが描けるリキッドタイプのアイライナーです。

出典: lipscosme.com

実際に描いてみると、画像のような感じ(オーマイ ライライナーは向かって左)。
深い色味でしっかりと発色するので、目力UPにぴったり。

塗ると素早く乾くので、存在感のある太いラインなどにトライしたい時にも活用できそう。
時間が経ってもヨレにくく、きれいなラインを長時間キープすることができますよ。

ETUDE HOUSE

2|筆ペンアイライナー

2|筆ペンアイライナー

出典: lipscosme.com

続いてご紹介するのは、筆ペンタイプのアイライナー。
中身はリキッド状ですが、ブラシに筆ペンのように弾力があるものが多く、初心者でもきれいなラインを描くことができるアイテムです。

画像のアイテムは、『Love Liner(ラブライナー)』の「ラブ・ライナー リキッドR3」。

出典: lipscosme.com

とっても描き心地に優れたアイテムです。
絶妙カラー5色展開なので、理想のアイメイクに近づける色が見つかりそう。

なめらかに描くことができる繊密筆なので、アイライナーが苦手という人にオススメです。

Love Liner

3|ペンシルアイライナー

3|ペンシルアイライナー

出典: lipscosme.com

ペンシルタイプのアイライナーは、よりナチュラルなアイラインを描きたい時にぴったりなアイテム。
目元に自然な深みを足すことができて、簡単にぼかせるので、アイライン初心者にオススメです。

画像は、『CLIO(クリオ)』の「シャープ ソ シンプル ウォータープルーフ ペンシル ライナー」。

出典: lipscosme.com

2mmのスリムペンシルなので、とっても描きやすいアイライナーです。
柔らかい質感なので、「ペンシルアイライナーは使ったことがない」という人でもスルスルっと描けちゃいますよ。

目尻までクッキリ発色して、ウォータープルーフ処方で長時間きれいなラインがキープされるので、「ペンシルを使いたいけれど滲むのが心配」という人は一度試してみて。

CLIO

4|ジェルアイライナー

4|ジェルアイライナー

出典: lipscosme.com

最後にご紹介するのは、ジェルアイライナー。
ペンシルタイプよりクッキリ、リキッドタイプよりナチュラルなアイラインを描くことができるアイテムです。

ブラシを使うタイプのものは、太いラインとシャープなラインどちらも自由に表現できますよ。

出典: lipscosme.com

画像のアイテムは、『BOBBI BROWN(ボビイ ブラウン)』の「ロングウェア ジェルアイライナー」。
9色展開なので、普段のメイクスタイルに合わせて色を選ぶことができますよ。

ロングウェアなので、キープ力を大事にしたい人にぴったり。
落とす時はウォータープルーフ対応のクレンジングを使うのがgood。

BOBBI BROWN

アイラインの引き方をチェック

アイラインの引き方をチェック

出典: lipscosme.com

お好みのアイライナーは見つかりましたか?
続いては、こちらのアイライナーを使って試してみたいアイラインの引き方を見てみましょう。
自分の目の形を見ながら、どんな印象の目になりたいかをイメージしてみてください。

①:ベーシックな引き方

①:ベーシックな引き方

出典: lipscosme.com

まずは、ベーシックなアイラインから。
どんなメイクにも合わせることができて、自然に目力をUPさせることができる引き方です。

画像を見ながら、描いてみましょう。
まつ毛の隙間を埋めるのが難しい時は、まつ毛の少し上の部分に描くのも◎

②:一重・奥二重さん向け

②:一重・奥二重さん向け

出典: lipscosme.com

一重、奥二重さんは、アイラインを描くと目を開けた時に隠れてしまうということもありますよね。
そういう時は、画像の引き方を参考にしてみてください。

一説によると、一重さんは目頭の部分から、奥二重さんは目尻側だけラインを引くことでクッキリとした目元をつくることができるのだそう。

③:上級者向けのはね上げライン

③:上級者向けのはね上げライン

出典: lipscosme.com

目の形に合わせたアイラインは、今までたくさん描いてきた。
そんな人は、キャッツアイになれるはね上げラインにトライしてみては。

アイラインの存在感を存分に楽しめるアイメイクに仕上がりますよ。
目頭の部分からラインを描いて、目尻の部分をそのまま上にはね上げるんです。
そうすると大人っぽい目元が完成しますよ。

eyeをポイントに、もっと可愛い自分に

eyeをポイントに、もっと可愛い自分に

4つのタイプのアイライナー紹介とアイラインの引き方、いかがでしたか?
eyeを主役にメイクをすると、より可愛くなった自分に出会えるはず。

「今日何か違うけど、可愛い♡」なんて褒められたらアイラインを使ったeyeポイントメイク、大成功ですね。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。