頑張りすぎちゃうのが裏目に…。「あれ、メイク濃くない?」を防いでもっと可愛く

メイクすることに慣れてきて、こだわるようになるとメイクが濃くなりがちになったりしませんか。パーツごとに厚化粧を防ぐ方法とおすすめコスメを紹介します。素肌っぽいベースメイク、ふわっとした眉、ナチュラルなアイメイク、ほんのり血色感、柔らかい印象のリップで垢抜けメイクを心がけましょう。

今日、ちょっとメイク濃くなっちゃった?

今日、ちょっとメイク濃くなっちゃった?

出典: snapmart.jp

メイクを始めてからかなり経って、化粧に慣れてきて、最近少し悩みがあるんです。

____それは、気づいたら化粧が濃くなってしまう現象。メイクしている時は気がつかないのに、終わってから「あれ、ちょっと濃くない?」って気がつくの。

出典: unsplash.com

慣れてくるからこそ、こだわりたくなって、ついついメイクが濃くなってしまうのです。

忙しい朝に直している時間はあまりない。失敗を防ぐ方法を探してみましょう。

失敗メイクを起こさないコツ

失敗メイクを起こさないコツ

出典: snapmart.jp

今回は5つのパーツに分けて、失敗メイクを防ぐ方法を紹介していきます。

メイク方法だけでなく、コスメの選び方やおすすめのコスメを紹介します。失敗を防ぐためにさらにメイクの練習をしてみましょう。

その1|厚塗りベースメイク

その1|厚塗りベースメイク

出典: snapmart.jp

最初はベースメイク。

シミや赤み、ニキビを徹底的に消したい。そんな思いから厚塗りしてしまいがちになっているかも。

隠したいでなく、綺麗に見せることを大事にしてベースメイクをしていきましょう。

ファンデーションは顔の中心に

ファンデーションは顔の中心に

出典: snapmart.jp

ファンデーションを、顔全体に塗ることが多いかもしれませんが、日焼け止めや下地以外は顔の中心部分だけに塗ってみると、厚塗りを解消してくれます。

鼻周りの毛穴や、頬の赤みを軽く隠すだけで顔の中心がパッと明るく見えるので、隠しすぎなくても綺麗に見せてくれます。

パフを使って余分な油分はさよなら

パフを使って余分な油分はさよなら

出典: lipscosme.com

おすすめは水を含ませて使うタイプのスポンジ。

手で下地やコンシーラー、ファンデーションを広げた後に仕上げにパフでポンポンとおさえると余分な油分を吸収してくれて綺麗なベースメイクを作ることができます。

また、水を含ませているため艶っぽく仕上げてくれるので、美肌効果も期待できます。

『TOFU』が気になる

その2|極太眉

その2|極太眉

出典: snapmart.jp

眉メイクってなんだかんだ一番難しいのかもしれません。

左右対称に描こうと思い、調整していくうちに徐々に太くなってしまったり…。

輪郭を縁取って失敗を防いで

輪郭を縁取って失敗を防いで

出典: lipscosme.com

眉を描く時は、輪郭を先に縁取ることで失敗しづらくなります。

ペンシルで下のライン→上のラインの順で縁取り、その中を塗りつぶしていくと左右対称に描きやすくなります。

ふわっとした眉にしたい時は塗りつぶす際にパウダーを使うのがおすすめです。

髪色よりもワントーン明るい眉を

髪色よりもワントーン明るい眉を

出典: lipscosme.com

垢抜け眉を作るには、髪色よりもワントーン明るいカラーをセレクトすることがポイントです。

明るすぎても浮いてしまうので、テスターで試しながら自分に似合う色味をコスメショップで探してみてください。

その3|化け物アイメイク

その3|化け物アイメイク

出典: snapmart.jp

朝は顔のむくみが気になる。特に目元はむくみやすいパーツです。

そのせいか、どうしても厚塗りしてしまったり、アイメイクを盛りすぎてしまったりしちゃいますよね。

肌なじみの良いカラーでナチュラルに

肌なじみの良いカラーでナチュラルに

肌なじみの良いカラーを使うことでナチュラルな目元を作ることができます。

ブラウン系のアイシャドウは肌なじみ良いのでとってもおすすめです。イエベの方は黄色やオレンジがかったブラウン、ブルベの方はアッシュ系やモーブ系のブラウンがなじみやすいです。

指でなく、ブラシでつけるとふわっと発色しているのでおすすめ。

マスカラは軽くティッシュオフしてから

マスカラは軽くティッシュオフしてから

出典: snapmart.jp

マスカラを上手につけて、自然なボリュームを出したいなら、マスカラを一度軽くティッシュでオフしてからつけるとダマになりにくくなります。

繊維が固まったままマスカラをつけてしまうとどうしてもダマになりやすいので、気をつけましょう。

その4|濃いチークにテカリハイライト

その4|濃いチークにテカリハイライト

出典: snapmart.jp

チークを塗っている時は気がつかないのに、メイクが完成してから濃いことに気づいてしまう。ハイライトをみんなのようにTゾーンやCゾーンに塗っただけなのにケバく見えてしまう。

そんなチークやハイライトを塗り直そうとするとベースメイクも落ちてしまう。

…失敗しない方法が知りたい!

肌なじみの良いカラーを選んで

肌なじみの良いカラーを選んで

出典: lipscosme.com

チークはピンク系やレッド系、ハイライトは白っぽい色。なんてワンパターン化。

ほんのり血色感が出るチークや光に当たると艶めく自然なハイライトなど、ナチュラルなカラーを見つけてみましょう。

ベージュ系のチークやハイライトはとっても肌なじみが良いのでおすすめです。

その5|人食いリップ

その5|人食いリップ

出典: snapmart.jp

リップは濃いめのカラーが好き。やっぱり秋冬になると深みのある色がお洒落に見えるんです。

そう思って、濃いめのリップをベタ塗りしてしまうとかなりこってりした唇になってしまう…。

深めのカラーなら、つけ方に変化を出してみてください。

グラデーションやティッシュオフで軽く

グラデーションやティッシュオフで軽く

出典: lipscosme.com

唇の中心部分にポンポンと軽くのせて、綿棒でふわっとぼかすと軽やかな印象になります。ダークトーンカラーでもキツい印象になることを防いでくれます。

コンシーラーで輪郭をぼかすとさらに柔らかくて可愛らしい印象に仕上がります。

脱失敗メイクで垢抜けて

脱失敗メイクで垢抜けて

朝の「あ〜、失敗した…。」を防いで、垢抜けた可愛らしいメイクができるように頑張っちゃいましょう♡

ナチュラルで可愛いを作って、笑顔で一日を始めましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

メイク・コスメの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。