嫌なことが続いても楽勝!な毎日に。豆腐メンタルから脱出して少しだけ強くなる方法

理由はわからないけれど、嫌なことが続く時ってありますよね。小さな失敗や、嫌なことに対して落ち込み続けてしまう…そんな豆腐メンタルから少しだけ脱出する方法を提案します。今まであった他のことと比べることで前向きな気持ちになったり、自分の機嫌を自分で取れるようにご褒美を用意したり。今までより少し強い自分を好きになれるかも。

なんだか最近、嫌なことばっかり

なんだか最近、嫌なことばっかり

出典: snapmart.jp

楽しみにしていた友達との約束をドタキャンされてしまったり、バイト先で他の人のミスを押し付けられたり、買ったばかりの洋服にケチャップをつけてしまったり。

毎日頑張っているのに、なんだか最近嫌なことばっかり続く。


豆腐メンタルから脱出したいっ!

豆腐メンタルから脱出したいっ!

そんな風に嫌なことが起こるたびに落ち込んで、悩んで、くよくよしてしまう。
私のような人のことを、豆腐のように弱いメンタル「豆腐メンタル」と呼ぶらしい。

私だってそんなメンタルじゃなくて、もっと強くて前向きなメンタルになりたい。

方法①今まであった他のことと比べる

方法①今まであった他のことと比べる

思わず落ち込んでしまうようなことが起こった時は、今まで自分自身が経験した他のことと比べてみてください。

「昔のあのことよりはそうでもないな」と感じられれば、そこまで深く落ち込む気持ちもなくなるかもしれません。

たとえば「あの時の失敗」

たとえば「あの時の失敗」

比較するのは、たとえば「あの時の失敗」。
バイトを始めたばかりの頃、ミスをしてお客様を怒らせてしまったことがあったっけ。

あの時は店長にも叱られて、一週間以上立ち直れなくなるくらい本当に落ち込んだ。
でも今日のことはそこまででもないかも。

たとえば「あの時の失恋」

たとえば「あの時の失恋」

出典: www.reshot.com

たとえば「あの時の失恋」も今の自分を立ち直らせるための薬になるかも。

ずっと片思いをしていた男の子に、バレンタインデーに手作りの生チョコを渡した。
渡す時に気持ちを伝えようと思っていたのに、直前で相手に彼女ができてしまった。

あの時の悲しかった気持ちを超えるような出来事は、もしかしたら一生ないかもしれないな。

方法②無条件で元気になれることを探す

方法②無条件で元気になれることを探す

失敗してしまったことに対して、落ち込んだり反省することは決して悪くありません。
そこからどう気持ちを切り替えていくかが大切なんです。

自分の機嫌を自分で取れるように、無条件で元気になれること、またはリフレッシュできることを探しておきましょう。

たとえば「自分へのご褒美」

たとえば「自分へのご褒美」

スタバを1杯飲む、リップを1本買うなど、普通の日に自分へのご褒美を与えてあげることで、悲しい気持ちも少し軽くなるかも。

自分がどんなものが好きで、テンションが上がるのか、知っておくことは大人になるうえで大事かもしれませんね。

たとえば「無心になれる趣味」

たとえば「無心になれる趣味」

出典: snapmart.jp

これがあれば無心になれる、切り替えられる、という趣味を持っておくのも良いですよ。
すぐに今日あった嫌なことを思い出してしまう…という人は、目の前の趣味に没頭してみて。

「マジック ジグソーパズル - Magic Jigsaw Puzzles」というアプリがあればわざわざ準備をしなくても、スマホで簡単にパズルで遊ぶことができます。
何かに集中して取り組めば、落ち込む時間を一旦ストップして気持ちを落ち着けることができるはず。

購入はこちら
購入はこちら

方法③逆転の発想を覚える

方法③逆転の発想を覚える

辛いこと、落ち込むようなことがあったとしても、逆転の発想を覚えることで前向きに捉えることができるようになります。

はじめは難しいかもしれませんが、慣れてくると自然とポジティブに考えられるようになりますよ。

たとえば「良い人生経験」

たとえば「良い人生経験」

出典: snapmart.jp

たとえば、どんなことも「良い人生経験」だったと考えるようにする。

すごく嫌なことがあったけど、ちゃんと立ち直ることができたから逆に考えれば「良い人生経験」かも?
あれもこれも、長い目で見れば「良い人生経験」に入るかも?
なんて考えられれば、すぐに落ち込んでしまう自分ではなくなるかも。

たとえば「これから楽しいことがある」

たとえば「これから楽しいことがある」

びっくりするくらい嫌なことが続いたら、必ずこの先には楽しいことが待っているはず。

そんな風に考えれば、落ち込む時間の長さも自然と短くなりそう。

方法④体を動かしてリフレッシュする

方法④体を動かしてリフレッシュする

出典: snapmart.jp

なかなか気持ちが切り替えられない、という人は運動をしてみるのも良いですよ。

運動をすると血行が良くなり、セロトニンの量が増えるんだそう。
その結果心が落ち着いてきて気分が良くなり、不安感が改善されるという研究もあるんだとか。

運動が苦手な方でも無理しない程度に体を動かすことで、リフレッシュできるかも。

スポーツやトレーニングで体を動かすと、自律神経の働きも整えられる。交感神経と副交感神経のバランスが取れると、それだけで抑うつ状態が改善されることもあるのだ。

出典:business.nikkei.com

たとえば「スロージョギング」

たとえば「スロージョギング」

出典: snapmart.jp

運動が苦手な人でも挑戦しやすいのが「スロージョギング」。
歩幅を狭くして超ゆっくり走るというものです。

同じ時速4kmで歩いた場合には3.7kcal、ジョギングでは5.9kcalを消費すると言われているんです。
この超ゆっくり走る動きなら初心者でも簡単に距離を伸ばすことができるんだとか。

運動が趣味の方にも、ダイエット中の方にもオススメの方法です。

その方法は、とにかくゆっくり走るというもの。歩幅の狭い超スロージョギング「らくらくジョギング」です。そのスピードたるや時速4~5kmですから、ほぼ一般的な歩行速度。早歩きの人には抜かれてしまうスピードです。このスピードだと、初心者の人でも簡単に5km、10km走れてしまいます。

出典:allabout.co.jp

たとえば「7分トレーニング」

YouTube

こちらの動画では、韓国の人気のピラティスインストラクター、Babebaniさんがトレーニングを教えてくれます。

たった7分でできるので忙しい毎日を過ごす人でも続けられそうです。
ピンクの背景に自然とテンションも上がりそう。

豆腐メンタルを卒業して強くなりたい

豆腐メンタルを卒業して強くなりたい

いきなり私が豆腐メンタルを卒業するのは難しいかもしれない。
だけど少しだけ、前向きになれたような気がする。

自分をもっと好きになるために、私は今までより強くなりたい。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ライフスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。