下地の前に塗る習慣を。冬でも欠かせない“日焼け止め”をつける理由って?

日焼けって夏だけだと思っていませんか?紫外線って、冬でも私たちの肌に降り注いでいるんです。だけど、日焼け止めを塗るのがめんどくさい…って感じてしまう人も多いのでは?この記事では、冬でも紫外線対策が大切なわけと、おすすめの日焼け止めを6つ紹介しています。紫外線対策を頑張って、美白を手に入れよう♡

冬だからって怠ってない?

冬だからって怠ってない?

日焼け止めは年中無休ですよ!

“下地の前に仕込むだけ”
でも、その一つの工程がなかなか大変なんですよね…

冬も紫外線は降り注いでいるよ!

冬も紫外線は降り注いでいるよ!

出典: snapmart.jp

冬の紫外線は、夏に比べて少なくなります。

だけど、”塵も積もれば山となる”。
美肌を目指すためにも、日焼け止めを塗る習慣をつけよう!

肌が赤くなるUVB量は、冬は夏の1/4ほどです。
シミやシワの原因になるUVA波量は、冬は夏の1/3ほどになります。

出典:www.kikukuri.com

\冬でも使いたい日焼け止め/

乾燥性敏感肌を考えた

 UVエッセンス

商品

UVエッセンス

¥1,037

【キュレル】
・SPF30/PA+++
セラミドケアをしながらしっかり紫外線から肌を守れる、乾燥性敏感肌を考えられたアイテム。赤ちゃんのデリケートな肌にも使える無香料・無着色でアルコールフリーの日焼け止めです。

新感覚クッションUVパクト

クッションUVパクト

商品

クッションUVパクト

¥2,530

【WHOMEE (フーミー)】
・SPF50+/PA++++
クッションタイプの日焼け止めだから、手を汚さずに専用スポンジで均等につけることができます。スキンケアしながら透明肌を仕込む新感覚の日焼け止めです。

ラベンダーカラーでトーンUP

トーンアップUVエッセンス

商品

トーンアップUVエッセンス

¥774

【SKIN AQUA)(スキンアクア)】
・SPF50+/PA++++
UVカットしながら色と光をコントロールし、肌をトーンアップしてくれる、透明感を引き出すラベンダーカラーの日焼け止め。せっけんで簡単に落とすことができます。

UV効果のある化粧下地

 グロウルミナイザー UV

商品

グロウルミナイザー UV

¥1,870

【サナ エクセル】
・ SPF28/PA+++
UVカット機能もあり、うるうる立体感とツヤ肌を演出してくれる下地。6種のパールと美容オイルでツヤ肌を実現でき、美容液成分でお肌の潤いをキープしてくれます。皮脂吸着パウダーで化粧くずれも防げます◎

青缶でお馴染みNIVEAの

ウォータージェル

商品

ウォータージェル

¥227

【ニベア】
・ SPF35/PA+++
みずみずしく潤いを与える化粧水感覚のUVジェルで、素肌にやさしい使い心地。紫外線から素肌をまもり、日やけによるシミ・ソバカスを防ぎます。せっけんで落とせて、化粧下地にも使える日焼け止めです。

肌のお悩みも解決してくれる

UVイデア XL プロテクショントーンアップ

商品

UVイデア XL プロテクショントーンアップ

¥3,740

【ラ・ロッシュ・ポゼ】
・SPF50+/PA++++
日焼け止め乳液・化粧下地をこれ一つで済ますことができます。またトーンアップや、くすみカバーにも◎
色ムラなど気になる肌のお悩みも自然にカバーしてくれます。

欠かさず塗った方がいいわけって?

欠かさず塗った方がいいわけって?

出典: snapmart.jp

肌を出す機会が少ない冬。

だけど、日焼け止めを塗らない日が積み重なれば、冬でも確実に紫外線によるダメージは受けてしまいます。少しの外出でも、日焼け止めを塗る習慣をつけておこう!

シミ・しわの原因を作らない

シミ・しわの原因を作らない

出典: snapmart.jp

紫外線対策をしっかりしないと…

メラニンが肌に蓄積してしまいます。もし、メラニンが色素沈着したら、シミやしわの原因になってしまいます。

雪で日焼けしてしまう

雪で日焼けしてしまう

出典: unsplash.com

雪って冬らしくて、それに綺麗ですよね。

でも、雪によって日焼けしてしまうことも。
雪が紫外線を反射して、直射日光を浴びているのとほとんど変わらないんだそうです…驚きですよね!

出典: snapmart.jp

ウィンターシーズンの紫外線対策が重要と言われているのは、このことが理由の一つなんだそう。
ゴーグルをつけていても、顔や手、首などに塗るようにしよう!

夏のダメージをケアするチャンス

夏のダメージをケアするチャンス

出典: snapmart.jp

冬は日照時間も短いから、肌のダメージケアがしやすくなります。

夏に受けた肌のダメージをそのままにしてしまうと、冬の紫外線で、さらにダメージを受けてしまうことも。冬にしっかり紫外線対策と保湿などのスキンケアをしっかりして、夏のダメージを回復しておきたいですよね!

‖日焼け止めの選び方‖

しっかり保湿できるものを

しっかり保湿できるものを

出典: snapmart.jp

冬になると、肌がカサカサになってしまう。
肌が乾燥している状態だと、紫外線のダメージをさらに受けやすくなってしまうんだそう。

保湿成分が含まれたものを選びましょう!

日常生活:SPF10~20、PA+がおすすめ

日常生活:SPF10~20、PA+がおすすめ

出典: unsplash.com

SPFやPAの値が大きくなればなるほど、紫外線から肌を守ってくれる。

だけど、紫外線のダメージを軽くできても、肌にかかる負担が大きくなってしまうことを忘れずに!

屋外の時間が多い時:SPF20~30、PA++がおすすめ

屋外の時間が多い時:SPF20~30、PA++がおすすめ

出典: snapmart.jp

外に出ている時間が長いと、そのぶん紫外線に当たってしまう。

また、ウィンタースポーツだと、雪からの照り返しも気になりますよね。その場合はSPF50・PA++++など、SPF値やPA値が高いものを使うのが良さそうです!

美肌を手に入れよう!

美肌を手に入れよう!

日焼け止めは季節を問わずつけることが大切!
早速はじめてみない?

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

美容の記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。