初心者にはまとめ髪アレンジが難問です。後ろ姿が汚くならないためのお悩み解決1point

初心者の人にとって難関なまとめ髪アレンジは、後ろ姿が見えないから汚く仕上がりがち。コテでしっかり髪を巻いてベースづくりをすることや、トップの上手な引き出し方、おくれ毛の綺麗な仕上げ方をご紹介します。これであなたもアレンジ上手な女の子に変身するかも♡

理想通りのアレンジができない…

理想通りのアレンジができない…

出典: snapmart.jp

まとめ髪アレンジに挑戦しても、いつも失敗してしまう。髪の毛をふんわり仕上げたつもりが、ボサボサになってしまったり、逆にぺったんこになってしまう。

細かなプロセスを理解する

細かなプロセスを理解する

原因は大まかな手順だけしか理解していないところにあるのかもしれません。

今回はまとめ髪アレンジの細かな手順を通して、理想的なヘアスタイルができるようになりましょう。

まずはしっかり巻いてみよう!

まずはしっかり巻いてみよう!

出典: latte.la

ストレートな髪の状態でまとめ髪にすると、まとめた"だけ"感が出でしまいます。

ベースの髪はしっかりキツめに巻きましょう。ゆる巻きにすると、カールがとれやすいので注意が必要です。

1.毛先を全て外ハネ巻き
2.表面の髪を束で巻く(サイド2束、バック2束)
3.Nポリッシュオイルを馴染ませながらしっかり崩す

髪の表面を巻くだけで、ふんわりとした印象になるので短時間でベースのヘアセットが出来ます。

ブロッキングも大事な要素

ブロッキングも大事な要素

出典: snapmart.jp

全ての髪を一気にとって巻いてしまうと、ボリュームがなくなり毛先のエアリー感が失われてしまいます。

表面に何重にもレイヤーができるように縦横にブロッキングしましょう。

癖がつきにくい大きめクリップ 1P

商品

癖がつきにくい大きめクリップ 1P

¥234

毛量の多い方でもしっかりと髪を留めてくれる大きなヘアクリップです。ブロッキングをする際にも重宝するアイテムです。

トップは大胆に引き出すのが可愛い

トップは大胆に引き出すのが可愛い

トップはフワッと空気を含んでボリュームがあるのが可愛いですよね。トップを引き出す際に、小さく引き出してしまうとトゲトゲした印象になって、引き出した部分が綺麗な円曲を描きません。

はじめに:髪に束感が出るまでオイルをなじませて

ダイアン ボヌール シグネチャー オイル (ヘア&ボディ) ブルージャスミンの香り

商品

ダイアン ボヌール シグネチャー オイル (ヘア&ボディ) ブルージャスミンの香り

¥2,189

傷んだ髪を補修し、ツヤ感があるスタイリングに仕上げることができるヘア&ボディオイルです。天然由来の成分を含んでおり、しなやかな髪に導きます。

サイドの耳元から髪を立ち上げていく

サイドの耳元から髪を立ち上げていく

出典: www.beauty-navi.com

髪をある程度まとめたら、サイドからトップにかけて均等に引き出していきます。

両手で一気にやることによって髪の引き出し方が左右対称になるようにしています。

※1回に引き出す髪の量が、少なすぎないようにしましょう。

引き出す髪はワックスを多めにつける

引き出す髪はワックスを多めにつける

出典: latte.la

髪を引き出しても毛束感が出せず、まとまりがない時はさらにシアバターを引き出した束ごとにつまみながら塗ってみましょう。

クインタプルバリア

楽天市場

商品

クインタプルバリア

¥1,320

少し固めの質感でホールド力があるシアバターです。ツヤ感や毛束の作りやすさがピカイチのスタイリング剤になっており、今っぽさを演出できます。

おくれ毛の流れを意識

おくれ毛の流れを意識

出典: latte.la

おくれ毛は顔周りを華やかにする大切な役割を持っています。おくれ毛の流れを意識することは、ヘアスタイルのまとまり感や小顔効果を左右するので要チェックです。

おくれ毛は3step

おくれ毛は3step

出典: latte.la

キレイなおくれ毛は3stepで完成します。

1.もみあげをとります
2.こめかみ部分をとります
3.中間から毛先へ32mmのコテで中間巻きをします

まとめ髪が得意な美容師さんのご紹介

東京で活動しているフリーランス美容師の根岸 優さん(@younegi)は、絶妙でバランス感のあるスタイリングを得意としている美容師さんです。

お悩み解決型のHow to動画をInstagramにたくさん投稿しているので、是非チェックしてみてください。

@younegi

慣れてきたらこんなスタイリングも♡

慣れてきたらこんなスタイリングも♡

セルフアレンジに慣れてきたら、こんなアレンジにも挑戦できるかもしれません。細かなプロセスを習得して後ろ姿まで可愛くなりましょ♡

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ヘアスタイルの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。