ストームグラスで天気を知って。気候によって形が変化する不思議なアイテムの話
furamaufuramau

ストームグラスで天気を知って。気候によって形が変化する不思議なアイテムの話

『ストームグラス』は液体の結晶のでき方から天気を知ることができるアイテム。19世紀のヨーロッパの航海士が、安全な航海をするために使っていたと言われています。現在では、インテリアとしてもじわじわ人気なんです。今回は晴れの日、雨の日、雪の日の結晶のでき方を説明しながら、ストームグラスのインテリアやアクセサリーを紹介します。

更新 2020.01.03 公開日 2020.01.03

これからの天気はどうなる?

今は天気予報を見れば、これからの天気がわかる時代。

でも、昔の人ってどうやって天気を知っていたと思いますか?

19世紀のヨーロッパの航海士は『ストームグラス』というアイテムを使って、天候を予測していたと言われています。

ガラスの容器に入った液体の結晶のでき方から天気を知ることができるなんて、とっても素敵じゃありませんか。

最近はインテリアとしてもじわじわ人気なんですよ。

ストームグラスで天気予報

さて、ストームグラスは、少し先の天気を予測してくれるのですが、その結晶のでき方を天気ごとにご紹介します。

置くときは、直射日光が当たらない場所に置いてくださいね◎

今回は晴れの日、雨の日、雪の日の様子を説明します◎

晴れの日

晴れの日のストームグラスは、その空模様のように、何も曇らず、クリアに見えます。

例えば、今曇っていても、ストームグラスがクリアに見えるならば天気は回復してくる予報です。

雨の日

雨の日のストームグラスは、雨の降る多さによって、ガラスの中でパラパラした小さな結晶が舞います。

雨の量が多ければ多いほど、下に白い結晶が溜まっていきます。

また、台風や嵐の時には、葉っぱ状の大きな結晶ができることも。

雪の日

雪の日や寒い日には、ストームグラスが真っ白に。

氷のような見た目になってしまうんです。

ストームグラスの中はまるで小さな世界。
とっても神秘的なんです。

素敵なストームグラスをお家に

KIKKERLAND

そんなストームグラスをお家に置いてみませんか?

まず紹介するのは、『KIKKERLAND(キッカーランド)』さんのストームグラス。

元々航海士が使っていたものは「天気管」と呼ばれる試験管のような形のものなので、その古来の形のスタイリッシュなデザインとなっています。

ストームグラス

¥2,970

【KIKKERLAND(キッカーランド)】

シンプルなデザインなので、お部屋のインテリアにぴったり。
日々天気を予測してくれます。

GREEN's Lab.

続いては、『GREEN's Lab.(グリーンズラボ)』さんのストームグラス。

中に植物が入っていて、白い結晶ができると霜のような美しさに。

気温差があるときは、大きな変化が楽しめます。

こちらも試験管の形のストームグラス。

GREEN's Lab.さんの他のアイテムと合わせて飾っても素敵ですね。

他の作品やプロフィールはこちらから↓

100%

次に紹介するのは、『100%』さんの
Tempo Drop(テンポドロップ)。

テンポドロップとストームグラスは同じ意味なんです。

しずくの形のテンポドロップがとてもキュートですね。

Tempo Drop

¥7,150

【100%】
両手で包み込むくらいのコンパクトなサイズ。

インテリアにすっと馴染んでくれますよ◎

Lullerapa's gallery

最後に紹介するのは『Lullerapa's gallery(ルレラパギャラリー)』さん。

こちらでは、なんとストームグラスをアクセサリーに。

大切な人への贈り物にもぴったりなんです。

その時にしか現れない結晶を身につけるなんて、とても素敵ですよね。

ネックレスとイヤリング、どこで天気を予想するか迷いますね。

Lullerapa's galleryさんの他の作品やプロフィールはこちらから↓

ストームグラスで天気を知って

かつては航海士が使っていたストームグラス。

インテリアでもアクセサリーでも。
これからの天気を、ストームグラスで知ってみて。

spacer

RELATED