正しいスニーカーの手入れをしてる?お気に入りの靴を長持ちさせたいから大事に扱って

スニーカーも正しいお手入れをしていないと、すぐに履けなくなってしまうもの。せっかく買ったお気に入りの靴も長持ちせず十分に楽しめないまま終わってしまうのは悲しいですよね。今回はスニーカーの保管方法と手入れの仕方を、それぞれの生地に分けてご紹介。

スニーカーのお手入れ、怠ってない?

スニーカーのお手入れ、怠ってない?

出典: shutterstock

あなたはスニーカーをどう保管していますか?
脱いでそのままだったり、間違った手入れの仕方をしていませんか?

スニーカーも正しく扱わないと、長持ちせずすぐに履けなくなってしまうんです。

今回はスニーカーの保管方法と手入れの仕方を、それぞれの生地に分けてご紹介していきます。

スニーカーの手入れの仕方【スエード地】

用意するもの

用意するもの

・スエード生地専用ブラシ
・スエード生地専用クリーナー
・きれいな布

スエード生地は水洗いがNGなんです。

なので専用クリーナーを購入して、きれいに汚れを落としましょう。

How to

How to

1. スエード生地専用のブラシで毛並みを整えながら、汚れを落とします。

2. 同じく専用のクリーナーを吹きかけ汚れを浮かしてから、水で濡らしてしっかり絞った布で拭き取ります。

3. 先ほどの専用のブラシで毛足を起こし、乾燥。乾いたら、ブラシで毛並みを整えて終わりです。

おすすめ:スエード生地専用ブラシ

ブラシ スエードブラシC

商品

ブラシ スエードブラシC

¥416

ナイロンの部分で最初に優しく擦って汚れを落とし、次に裏面のシリコン部分で毛並みを整えながら仕上げます。
2種類のブラシで、まるで新品のように綺麗に洗えそうですよね。
強くこすりすぎてしまうと逆にダメージになってしまうので、注意して。

おすすめ:スエード生地専用クリーナー

ヴィオラ スエード靴用クリーナー

楽天市場

商品

ヴィオラ スエード靴用クリーナー

¥1,100

泡で汚れをしっかり落としてくれる、起毛革専用のスプレータイプクリーナーです。
スエード・ヌバック・ベロアなどの起毛革の汚れにお使いいただけます。
防カビ成分も含まれているため、大切な靴をカビからも守ってくれるんだとか。

スニーカーの手入れの仕方【キャンバス(布)・合皮】

用意するもの

用意するもの

・シューズ用洗濯ブラシ
・洗剤(洗濯用洗剤・中性洗剤・固形石鹸など)

基本的に水洗いが大丈夫な素材なので、家にある洗剤で簡単にお手入れできちゃいます。

水洗いで劣化させたくない場合、水で濡らした布で拭くだけにしたり、水なしで洗えるスニーカー洗剤などを使用するといいかも。

How to

How to

1. ホコリなど簡単に取れる汚れは、先にブラシで落とします。

2. 洗剤を入れたぬるま湯(40℃以下)に浸します。キャンバス地のスニーカーの汚れがひどい場合は、しばらくつけ置きしてみて。

3. 洗剤や石鹸をつけたブラシでこすり、何度か水を入れ替えてすすいで乾燥させれば完成です。

おすすめ:洗濯ブラシ

ELII スニーカーブラシ

楽天市場

商品

ELII スニーカーブラシ

¥253

力が入れやすく滑りにくい、スニーカーを洗うのにぴったりなブラシです。
上下にそれぞれ異なる大きさのブラシが付いているので、細かいところまで隅々きれいに。
子供の上履き洗いにも使えそうです。

おすすめ:スニーカークリーナー

ヴィオラ スニーカークリーナー

商品

ヴィオラ スニーカークリーナー

¥1,100

レザー素材に使える、泡で汚れを落とすクリーナー。
汚れを強力に引き出し、泥汚れや油、白革の黄ばみなどを水なしでも徹底的に清潔に。
天然革にも使えるので、合わせてお手入れしてみてはいかが?

スニーカーの手入れの仕方【天然革】

用意するもの

用意するもの

・馬毛ブラシ
・レザー専用リムーバー
・レザー専用クリーム
・布またはペネトレイトブラシ

天然革素材のスニーカーも水洗いはダメ。

ホコリを落とす用と最後にクリームを拭き取る用にブラシを分けておけば、手入れ後にブラシで汚してしまうなんてことが無くなります。

How to

How to

1. 簡単に落とせる汚れは、あらかじめ馬毛ブラシで落しちゃいます。

2. 専用のリムーバーを乾いた布につけて表面を拭き、古いクリームを落とします。

3. 専用のクリームを乾いた古布やペネトレイトブラシを使って表面に塗ります。

4. 最後にきれいな馬毛ブラシで、余計なクリームを取り除いたら終わり。

おすすめ:ペネトレイトブラシ

ブラシ ペネトレイトブラシ

商品

ブラシ ペネトレイトブラシ

¥353

専用クリームで磨く時に使うペネトレイトブラシ。
布よりもブラシの方がクリームを伸ばしやすく、手を汚さずに磨くことができるんです。
布では届かないところまでしっかり磨き、最高級の清潔感を目指してみて。

おすすめ:馬毛ブラシ

靴磨き 馬毛100%ブラシ

商品

靴磨き 馬毛100%ブラシ

¥672

柔らかい馬毛のブラシで、クリームで磨く前の汚れを落とすのにぴったり。
ちょうどいい大きさで手にフィットし、持ちやすい形なんです。
革を傷めることなく、素材の輝きを引き出してくれそうですね。

スニーカーの保管方法もチェック

シューキーパーを使う

シューキーパーを使う

出典: www.amazon.co.jp

型くずれなどを防ぎ履きじわを伸ばしてくれるシューキーパーはスニーカーにも有効なんです。

木製だと靴の中の湿気も吸ってくれ、木の良い香りが移って消臭してくれる効果も期待できちゃうんです。

バネの強さが強すぎると、繊維を伸ばしてしまい逆効果になるので注意してくださいね。

直射日光が当たらない、風通しのいいところに

直射日光が当たらない、風通しのいいところに

出典: snapmart.jp

直射日光に長時間当たっていると、革を乾燥させたり、ゴムや樹脂に大きなダメージを与えてしまいます。

また風通しが良くないと湿度が上がってしまうので、カビが生えやすくなりますよね。

日差しの当たらない場所に時々出したり、下駄箱を換気させるといいかも。

乾燥剤と消臭剤は必須

乾燥剤と消臭剤は必須

出典: snapmart.jp

靴を履くと中は蒸れてカビが生えやすい環境になり、雑菌が増殖する原因に。

靴を長持ちさせたいなら、脱いだ後に乾燥剤と消臭剤を入れておくことが大事。

乾燥剤・消臭剤が今すぐ手に入らなくても、天日干しするだけで大きく変わってきますよ。

ジップ付きの袋に入れる

ジップ付きの袋に入れる

出典: shutterstock

しばらく履く予定がない場合や、保管する場所が確保できなかった場合は、ジップ付きの袋に入れて箱に入れて収納するといいかも。

袋の中に乾燥剤を入れておくと、よりいい状態で保管できます。

スニーカー専用の袋も販売されているそうなので、チェックしてみて。

大事な靴だから、大切にして

大事な靴だから、大切にして

出典: www.dot-st.com

自分に似合いそうなとっておきのスニーカーを買ったのに、正しくお手入れしていないとすぐ履けなくなってしまいます。

正しい手入れと保管で、お気に入りの靴を大切に扱って。

しょっちゅう履いちゃうお気に入りのスニーカーも、気づけばくすんできてる…?スニーカーを洗うのなんて大変そうでついつい放置しちゃいますが、重曹を活用したりコインランドリーのスニーカーランドリーを利用する方法もあるみたい。デイリーケアから乾かし方までおさえてお気に入りのスニーカーをいつまでも綺麗に使ってあげましょう。

この記事に関するキーワード

キーワードから記事を探す

ファッションの記事をさがす

MERY [メリー]|女の子の毎日をかわいく。